« 雲と雲の間 | トップページ | 2020年ピオレドール生涯功労賞は、 »

夏山の始まり

18日は休養を取り、19日、予約のあったガイド山行。

クライアントは若い男女ペア。といいつつ、実は私の甥と彼女の2名。

どんよりと朝から分厚い雲に覆われている月山。

姥沢から登り始め、稜線でも冷たい風に吹かれていたが、山頂で昼食をとる頃に青空がひろがる。

P1_20200719215101

 今日の庄内側は厚い雲で何も見えないが、一昨日は雲海で見えなかった村山盆地が見え始め、昼食をとっていた大勢の登山者たちが一斉にスマホを向け始める。

P2_20200719215201

 私たちが昼食を取り終える頃、青空が見え始めて30分もたたないうちにあっという間に暗いガスに覆われ、大粒の雨。

 「女心と山の天気は・・」と、どこかで聞いたようなフレーズがあちこちから聞こえる、昼の月山山頂。

 鍛冶月光を1/3降りたころには、再び暑い日差しが照り付ける。

 周囲の空には積乱雲。長い雨の日々を過ごして、ようやく夏山の始まりを感じる。

|

« 雲と雲の間 | トップページ | 2020年ピオレドール生涯功労賞は、 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

い~な~ 今年南アルプスに夏山はありません、入山禁止。ぎゅー詰めの山小屋やテント場のことも考えると、いつ開けるかも疑問ですね。こんな事態になるとは誰も想定していなかったでしょう。今頃、人の気配のない稜線をライチョウやイワヒバリがのびのびと飛び交っているかなぁ。このまま、昔の山に戻ってもいいかとも思うのです。

投稿: かもめ | 2020.07.25 08:55

かもめ様

お体の具合はいかがですか。

<<今年南アルプスに夏山はありません、入山禁止。

 今夏は日本アルプスを楽しみにされていた方には残念なシーズンですね。お察しいたします。
 こちら山形は、緊急事態宣言解除直後から山に入ってみてますが、皆さん例年通り挨拶しますし、週末は混んでますし、それはそれでメディアで報じられる世界とは別世界のようです。

<<のびのびと飛び交っているかなぁ。
 山岳地のオーバーユースが話題になっていた(はず)なので、少しはポジティブに考えたいですね。
 
 コロナ感染も、気象や各種のリスクの一種と考えるようにしていますが、正直、感染の不安が無くなる日が早く来てくれれば、と願ってます。

投稿: 大滝勝 | 2020.07.26 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雲と雲の間 | トップページ | 2020年ピオレドール生涯功労賞は、 »