« アンジェイ・バルギェル、コロナウィルス罹患 | トップページ | 貧乏の神送り 山形県 小国町 白子沢地区 »

DNAは誰のものか?

コロナでうんざり。

早くワクチンできないかな~と願っている方も多いと思います。

最先端のバイオ企業では、着々とワクチン開発が進められています。

しかし、それが生身の人間の、マイノリティな人々の搾取の産物であったとしたら。

ネパールのシェルパ族は、バイオ企業に「搾取」されているのか。人類のために「貢献」しているのか。

NEPALI TIMES がコロナウイルス特効薬開発の光と影をすっぱ抜きました。

Sherpa genes for COVID-19 treatment?  by NEPALI TIMES 2020.6.23

--------------------------------------------

シェルパの遺伝子がCOVID-19の治療に?
アメリカのバイオテクノロジー新興企業による、シェルパのDNA配列研究が提起する倫理的問題

ネパールタイムズ 2020年6月23日

Nepalsherpa

写真 サガルマタ汚染防止委員会

 アメリカのバイオ企業がネパール・シェルパ族の血中DNAを研究し、高所の低酸素にもかかわらず彼らがいかに成長するかを調べることにより、COVID-19の治療法を見つけようとする試みは、一部の医師やシェルパ族によって批判されている。

 ヴァリアント・バイオ社は、シェルパ族が住む地域の空気中酸素が平地の半分しかないにもかかわらず、彼らにスタミナと持久力を与えているDNAの遺伝子コードを抽出しようとしています。

 同社は研究によって、COVID-19に苦しむ患者の治療法開発に役立つだろうとコメントする。

 バリアント・バイオ社の共同設立者で遺伝学者でもあるステファン・カステル氏は、ニュースレポートの中で「COVID-19では低酸素症で死ぬこともある」と述べる。「おそらく、その住環境の中で健康に保つ方法があるだろう。」

 しかし公衆衛生の専門家は、そのような研究の科学的根拠に疑問を投げかけ、一部のシェルパ族の研究者は、研究の倫理的な問題を提起しています。

「世界中の先住民や辺境地に住む人々の遺伝子がどのように研究にされ、悪用されてきたかを知っています。彼らが私の故郷の人々を民間企業の利益のために利用しようとしているのではないかと危惧しています」

 アメリカ・アリゾナ州立大学、地球宇宙探査学部博士課程の学生であるソナム・フティ・シェルパは語る。

 彼女によると、バリアント・バイオ社のプロジェクトは、ネパール現地の人々がこの研究について知らず、研究に関わるクーンブのシェルパ族でさえ、研究の目的を知らされていない可能性があるため、ゲノム研究、法律、倫理について緊急の警告を発したという。

「この研究はいくつかのレベルで非倫理的です。国際臨床法によると、薬品が特定の地域社会によって開発された場合、その地域社会は薬品からの利益を得るべきであり、そうでなければ非倫理的であり、最終的には違法となります。」と説明する。

 科学者たちがヒマラヤの住人の秘密、標高の低い場所に住む人間が動けなくなるような高度でシェルパ族が活動的である理由を明らかにしようと試みたのはこれが最初ではない。エドモンド・ヒラリーは、かつてネパールのクンブ地域を「世界で最も調査され、検査され、採血され、人類学的に解剖された地域」と表現したことがある。

 COVID-19に対するワクチンと薬物療法の研究は、急性症状を持つ患者に対して絶望的な手段に頼らざるを得ない医師の注目を浴びる。あるニューヨーク市の医師は最近、COVID-19の患者が肺の低酸素症状に苦しんでいたため、高高度肺水腫(HAPE)の治療に使用されるダイアモックスのような薬を推奨した。

「急性高山病用の薬を使ってCOVID-19を治療するのは、全く異なる要因があるため論理的ではありません」と説明するのは、高所医学の専門家であり、イギリスの医学誌にこのテーマに関する論文を共著したBuddha Basnyat氏である。「COVID-19を治療するために高山病の薬を使用することは、潜在的に危険な結果をもたらす可能性があります。」

 しかし、バリアント・バイオ社は、シェルパの遺伝子がCOVID-19だけでなく、代謝障害や免疫反応に関する薬品開発に役立つ秘密が隠れていると確信している。

 過去に開発された多くの医薬品は、世界各地の民族の特質を生かし複製されてきたとして研究を擁護している。 例えば、抗コレステロールの処方薬の幾種類かは、遺伝的に病気になりにくいアフリカ人から抽出されたDNA配列に基づいて開発された。

 バリアント・バイオ社はまた、糖尿病の遺伝的治療薬を発見するために、他民族よりも炭水化物を代謝させる傾向があるニュージーランドのマオリ族の血液からDNAサンプルを取っている。また、フェロー諸島とパキスタン人も対象に研究を行っている。

 同社は、その方法論から倫理的な批判に備えていたようで、ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団で感染症研究を率いていたCEOアンドリュー・ファーナム氏は、「治療法を見つける利点が他の懸念事項を上回る」ことをブルームバーグで示唆した。

 バリアント・バイオ社はネパールのシェルパ族の医師を雇い、現地の行政に呼びかけ、10月からネパールで2,000人の血液サンプル採取を支援しているという。同社は、シェルパ文化に関する本の翻訳費用や、クーンブの学校改修費用を負担することで、現地コミュニティに補償する予定という。

 ソナム・フティ・シェルパは「納得していない」とメールでネパール・タイムズにコメントした。
「同社はまだネパール保健研究評議会の許可を得ていないまま、サンプル収集を開始する予定です。民間企業がシェルパや他民族の遺伝子の『著作権』を所有すべきではない。」

-------------------------------------

以上引用おわり

 補足します。

 文中にヒラリーが引用されていますが、ヒラリーはエベレスト登頂に成功後、マカルー登頂を狙った際、標高5300mの高所に「銀の小屋」と呼ばれるプレハブ小屋を建て、自分たち登山隊メンバーを実験台に高所衰退・高所順応の医学実験・調査を行っていたものです。バリバリのバイオ企業の製薬研究と一緒くたにされるのは不本意ですな。

 現実として、世界各地の民族固有の体質そのものが医薬品開発に「貢献」している現代、コロナウイルスワクチン開発という御旗のもとに、いくつもの企業が国家から莫大な支援を受けて研究開発を進めています。

 冒頭に書いたように、特定の民族から得られるDNAデータは搾取の賜物なのか、人類への貢献なのか。

 なんでもかんでも AI に判断をお任せしようという現代、ますます「倫理観」が問われる時代になってきていると考えます。

|

« アンジェイ・バルギェル、コロナウィルス罹患 | トップページ | 貧乏の神送り 山形県 小国町 白子沢地区 »

マ ス ゴ ミ」カテゴリの記事

TIBET」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンジェイ・バルギェル、コロナウィルス罹患 | トップページ | 貧乏の神送り 山形県 小国町 白子沢地区 »