« 白孔雀食堂 福島県会津若松市 | トップページ | 【母よあなたは】The Sharp End of Life: A Mother's Story【強かった】 »

名号峰、花崗岩の山

峩々温泉から蔵王連峰・名号峰を目指す。

蔵王といえば「御釜」。

それほどに火山の代名詞でもあるが、その最高峰・熊野岳すぐ南側のピーク、名号峰は基盤岩である花崗岩で形成された峰である。

あの庭園のような花崗岩を久しぶりに目にしたい、と名号峰を目指す。

P1_20200920215501

今夏の猛暑のせいだろうか、9月中旬だというのに木々は緑色。

キノコが多く、その紅色が目立つ。

P2_20200920215701

登りつめるにつれ、リンドウが多くなる。色褪せたリンドウも多いが、冷たい空気の中で蒼い花に秋を感じる。

P4_20200920215901蔵王の主稜線が近いのだろう、それまでの火山灰質の土壌から、石英の多い岩が目立つようになる。

P5_20200920220001冷たい風の中、名号峰の山頂に立つ。

北方には南雁戸、北雁戸の山並み。

P6_20200920220101山頂にて休憩中、足元の岩を接写。

P7_20200920220401

同じく山頂から、中央蔵王である熊野岳、刈田岳を望む。手前の花崗岩の地表と熊野岳の荒々しい火山岩のコントラスト。

P8_20200920220601

山頂にて。風化して細粒化した石英が古寺の庭園のように美しい。

山頂で休憩後、のんびり下山。

P10_20200920220701ナナカマドがうっすらと紅葉し始めている。本格的な紅葉はまだ先のようです。

|

« 白孔雀食堂 福島県会津若松市 | トップページ | 【母よあなたは】The Sharp End of Life: A Mother's Story【強かった】 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白孔雀食堂 福島県会津若松市 | トップページ | 【母よあなたは】The Sharp End of Life: A Mother's Story【強かった】 »