« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

鮭の新切 (ようのじんぎり)

Pa0_0011

寒風干しの「鮭の新切」(2011年 鮭川村にて撮影)

山形県鮭川村に伝わる伝統食『鮭の新切』(ようのじんぎり)を知るべく、鮭川村教育委員会主催「鮭の新切教室」に参加。

本来は親子行事とのこと、さらに全3回の教室に全て参加できそうにないため、第1回目の教室を撮影だけさせてもらえないか問い合わせしたところ、教育委員会担当者様のお計らいで「よろしければ参加してみませんか」と有り難いお誘いをいただき、一参加者として鮭川村中央公民館を訪問。

新切教室の第1回は、鮭を獲るウライ漁場、卵孵化場の見学、そして鮭の解体・塩漬けまで。

Vlog風にまとめてみました↓

 

動画では割愛しましたが、ウライ漁場の次に卵孵化場を見学しました。

Y6

今年は約300kgの卵が採取できたとのこと。

Y7

木製の蓋をとると、中には孵化前のイクラがぎっしり。光や音、少しの衝撃でも死んでしまうデリケートな鮭の卵。

大地の恵みともいえる、井戸から汲み上げた地下水の中で育っていきます。

Y8孵化場から少し離れた所には、鮭の慰霊碑。

捕鯨反対を狂信的に叫びながら、昔は散々鯨を獲っては油を採るだけで捨てていた西洋人と異なり、食生活のために死にゆく鮭を敬う気持ちがここにはありました。

動画にあるように、本日は鮭の塩漬けまで。寒風干しは12月中旬頃に事務局の皆様の手によって行われ、教室第2回では寒風干しを経た「鮭の新切」とのご対面となります。

鮭を解体では地元漁師さんの集団「サーモンロードの会」の皆様にご指導いただいたのですが、解体の途中で出た白子、肝臓、心臓はお土産にもらいました。

Y1

解体直後の鮭の心臓、肝臓、白子

漁師さんたちは「塩焼き」で食べるらしいので、帰宅後カミさんに預けて調理してもらいました。

Y3_20201130130601

白子はトロッとしてなおかつアッサリ系。肝臓は濃厚な味。

鮭の心臓は、遠大な距離を回遊してくるだけあって、魚の内臓とは思えない歯ごたえ。焼き鳥のハツに近い味。

Y2

 東北の山奥・鮭川村で獲れる鮭は、脂肪分がほとんど無いため、保存に適しているとのこと。

 なんとか都合をつけて、第2回教室も訪問したいと思います。

| | コメント (0)

【訃報】ハミッシュ・マッキネス逝去

イギリスの重鎮、ハミッシュ・マッキネス(Hamish Maciness)が11月22日、亡くなりました。90歳の生涯でした。

Hamish MacInnes, Scotland's greatest ever climber, dies at 90  by The scotsman 2020.11.23

Ham_20201124203201

晩年は尿路感染症のため精神障害(せん妄)に苦しめられ、さらに認知症と誤診されるなどの悲運も重なりました。

ハミッシュ・マッキネスといえば、オールドクライマーの皆様には何といってもアイスクライミング用ピッケル、ハンマーでおなじみでしょうか。

Ham-axe

 十代の頃から家を建築したり、自動車を一から自作するなどの発明家としての才能は登山活動・山岳救助活動でも発揮されました。

 初めて全金属製のピッケル、ハンマーを発明したことで知られていますが、地元イギリスでは出身地グレンコ―を中心とした山岳救助活動に尽力しました。

 Ham2_20201124203801

 特に山岳救助用のストレッチャーの開発に力を注ぎ、「ハミッシュ・マッキネス」の名が付けられたストレッチャーが幾つも生み出され、『山岳救助の父』とも呼ばれる一方、したたかな登山家として「グレンコーの狐」とも異名を持ちます。

 その卓越した登山技術から、映画『アイガー・サンクション』、『ミッション』の技術指導も務めました。

 またミステリー作家としての顔を持ち、幅広く活躍した登山家でした。

 偉大な登山家の死去に、哀悼の意を表します。

| | コメント (0)

Everest sandwich

ヘミングウェイ作『海流のなかの島々』に出てくるサンドイッチ「Everest sandwich」を作ってみる。

Hemingway

材料は、食パン2枚、厚くスライスした玉ねぎ2枚、ピーナツバター。以上である。

Vlog風にまとめてみました。最近買ったばかりのアクションカメラのタイムラプス撮影を試したら数秒の動画になってしまったので、編集で手を加えて0.125倍のスローにしています。

 

「(略)・・・だからあんた、サンドイッチを一つ作ってくれ」「ああ、どんなのにする?」「ピーナッツ・バターに玉葱だ。ただし玉葱がたっぷりあればの話」「ピーナッツ・バターに玉葱、了解」(中略)

 紙ナプキンの切れ端に包んだサンドイッチをハドソンに手渡し、「サンドイッチ作りの極致だぜ、こいつは、名付けて「エベレスト山スペシャル」。指揮官以下には食わせねえ」

沼澤洽治訳『海流のなかの島々』より

 S1_20201123181101

ピーナツ・バターと玉葱という組み合わせは、アメリカ人にとってもちょっと変わった組み合わせらしい。

The Seattle Timesのフードライター、ベサニー・ジャンクレメントの記事を読んでみたが、玉葱の刺激が強すぎてそんなに美味いものではないと書いている。

私はスーパーの安価な、水飴多めの甘いピーナツバターを使ったため、玉葱の刺激も中和されて普通に食べられました。

さらに調べてみると、アメリカで経験された方もおられるかもしれませんが、実際に使われるのはアメリカ南東部産のビーナッツを用いた、甘味料を一切使わない、塩気のあるピーナッツバターという説もあります。

ヘミングウェイはこのEverest sandwichを赤ワインと共に食すのを好んだとのこと。

 

 小説『海流のなかの島々』は1950~1951年頃に執筆されたものの公開されず、ヘミングウェイの死後1970年に遺作として初めて出版された作品。文章を出版間際まで徹底的に推敲・削除を重ねるヘミングウェイ作品としては異色ともいえる「あまり推敲の手が入っていない小説」として、文学研究者の中には「厳密にいえば、ヘミングウェイの作品ではない」とまで表現する人もいる。一方、「生」のヘミングウェイの姿が描かれていると評する人もいる。

 私にとっては、執筆当時まだ未踏峰だったエベレスト、それが1940年代のカリブ海を舞台にした小説に用いられるところに奇異な印象を受ける。マロリーとアーヴィンの行方不明で世界に「エベレスト」の山名は轟いていただろうが、なぜ海の男のサンドイッチが「Everest」だったのか。

 それ以上あまり難しいことは考えず、「世界の美食を経験しているはずのヘミングウェイは、そんなにこのサンドイッチが好きだったのかなあ」と思いながら完食した。

| | コメント (0)

設備投資 2020年11月

夏から秋冬モノのカタログと通帳残高を見比べ、冬季シーズンに向けてウェアの購入。

スポンサーが付いているガイドのセンセイ方と異なり、会社の出張旅費やカミさんに内緒の手当から少しずつ装備購入資金を貯めてきた。

 

よいこの みなさんは、ちゃんと はたらいて アウトドアようひんを かいましょうね。

 

前々からの課題は、ファイントラックのアンダーウェアが排出してくれる汗がうまく処理できてないこと。

普段、当ブログで公言しているように私は汗かきで暑がりなので、冬季もファイントラックのアンダーウェアの上に直でアウターズボンを履いたりしていた。

アウターの買い替えは諦め、アンダーウェアの上に着用する「中間着」を上下ともファイントラック社のメリノスピンライトで統一した。

Fine

さらに保温着としてポリゴン2ULを購入。

従来はヘリテイジの薄手ダウンジャケットを年中ザックに入れていたが、どうしても「ダウン→濡れに弱い」というイメージが強く、さほど積極的に使っていない。ラフに使える保温着としてポリゴン2UL購入を決める。

さて、今冬はどんな景色を見ることができるのやら。

| | コメント (0)

パラゴの子はパラゴ

 近隣での石油掘削プロジェクトで揉めている、フランスのフォンティーヌブロー。

 その森と岩場の美しさと共に、フランス登山界の重鎮・故ロベール・パラゴの足跡をたどる動画が公開されました。ロベール・パラゴが拓いた岩場を登るのは、その息子であるクリスチャン・パラゴ。

 動画開始15分38秒からは、ロベール・パラゴの貴重な画像でその登山人生をふりかえる構成になっています。

どうぞご覧あれ。

 

| | コメント (0)

ウルドゥー語の夜 第2夜

東京外語大オープンアカデミー、ウルドゥー語講座の第2回め。

早めに会社を退出して老母の様子伺いに実家を訪れるが、取引先から携帯に連絡が入る。

皆が現場を終えてくる夕方以降が、電話のやりとりタイムだったりする。

急ぎの用件、こちらも急ぎ自宅に戻り、PCを開いて書類をチョコチョコ書き、会社の関係部署にメールを送る。

それからまたまた急ぎ夕食を摂り、PCのzoomをスタンバイ。

今日の授業は予想外に、ウルドゥー語の基礎、アルファベットの発音から始まる。

Al1

ウルドゥー語の基本的な書体『ナスタアリーク体』のフォントで説明を受ける。

「予想外」と前述したが、この講座の紹介文では、

文字の書き方は、受講生の希望が一致すれば扱うが、原則として自習とする(文字を扱うと、それだけで講座が終わる可能性が高いため)」

と紹介されていたのだが、受講生のレベルがバラバラなので、アーミル先生も悩まれての判断だろう。もっとも、基本のアルファベットもわからない私にとっては良い機会である。

本日の授業の中心は、 

Al2

どちらもカタカナ表記すると「テ」なのだが、右は普通の「テ」、左は舌を硬口蓋に付けて発音する「テ」。

慣れるまでなかなか発音しづらいし、聞き取れない。

中国語を学んだ時の教訓『自分で発声できない発音は聞き取れない』を再び痛感。

Uru 

「舌を硬口蓋に付けて発音」という事を英語で解説を受ける。私は以前に購入していた白水社の『ニューエクスプレス ウルドゥー語』のアルファベット解説のページを参照しながら、乏しい英語力をカバーする。

 先生手作りのテキストがzoom画面に映し出され、一人一人指されて発音する、という授業の流れである。

 英語が聞き取れなくて時間もてあましたらどうしよう、などと考えていたが、いざ授業が始まるとあっという間に一時間半は過ぎる。

 とりあえず今日覚えたのはウルドゥー語のアルファベット6文字。アラビア語は28文字で表記されるが、アラビア語やペルシャ語の影響を受けたウルドゥー語のアルファベットは、それらより文字数が多い35文字。

 来週は休講のため、アーミル先生からはしっかり宿題を出される。日暮れてなお道遠し。

| | コメント (0)

11月の憂い

20201115

11月も早くも半ば。

山に行くには最高の快晴の日、私は下界にいる。

父の命日には早いのだが、連休は娘の登校日が重なりそうなため、老母を連れて早めの寺参り。

前日はカミさんに花の準備をさせ、私はお寺への御布施の準備。

11月は仕事の性格上、冬を前に慌ただしい時期でもある。亡父の八回忌を迎え、葬儀・法事をめぐる記憶はいまだに生々しい。

11月という時期は、あまり良い記憶も良い印象もない。

 

 お墓や位牌に向かって手を合わせるが、子供たちの成長を故人に報告したくてもできないもどかしさ。そのもどかしさは、この歳になっても未だ父の死を引き摺っているのだろうか、とも思う。

 私にとって、死者は死者である。山で人生を閉ざされた人々を見てきたので、死者に生者の声が聞こえているのか、私にはわからない。

 位牌壇と墓参りを済ませ、老母、成長した子供達とともに車に乗り込む。

 来週は山に行こう。

| | コメント (0)

市川ヒロシ著『どんぶり委員長』

私の愛読書、市川ヒロシ著『どんぶり委員長』がいつの間にかドラマ化されていた・・・

Don

2015年に単行本化され、全4巻。未だに4巻が入手できないでいる。

ストーリーは、お嬢様なヒロインが料理上手な吉田君のおかげで、徐々に「丼」の魅力にハマっていくという、単純明快なストーリー。

一話読み切りで、水戸黄門並みのワンパターンな展開なのだが、恋愛ストーリーもくどくなく、サラッと読めるところが気に入っている。

単行本は、各話の最終頁にレシピ付。

テレビドラマ化された番組もTVerで何とか視聴。原作の雰囲気も大事にしながらアレンジしつつ、面白かったです。

でも主人公ヒロインのツンデレ度は原作が上かな。

 

昔話ですが、私のアルパインクライミングの師、立正大学山岳部のY先輩が合宿中に、

「大滝ぃ~、合宿のご飯ってなんか不味いけどさ、これってアルミの食器がよくないんじゃね?俺今度の合宿はちゃんとした瀬戸物の丼持っていこうと思うんだけど。」

Kai_20201112224101

 そして次の合宿、たしか上高地のキャンプ場だったかと思う。

 Y先輩だけ、厳重にパッキングして持ち込んだ瀬戸物の丼にコッヘルで炊いたご飯を盛り、食べていた。開口一番、「いやー、うめえよー」

 海原雄山じゃないけど、山のメシって食器次第でもっと美味く感じるんじゃないかなと思ってます。

| | コメント (2)

ウルドゥー語の夜 第1夜

災い転じて何とやら。

東京でしか受講できなかった 東京外国語大学オープンアカデミー が、コロナ禍のためにリモートで受講できるようになった。

2016年に台風襲来で断念したウルドゥー語講座の受講を申し込み、本日は初授業。19時半から21時まで、びっちり授業である。

ウルドゥー語とは、北インド、パキスタンで使われている言語。

私は不器用だしコツコツ努力する程の几帳面さも無いのだが、やりたいことは何年かかってもやってみる事をモットーとする。

しかし、コロナ禍で自宅にいながら外語大の講座が受講できる日が来るとは思わなんだ。

Urdu

先生はパキスタン・カラチ出身のアーミル・アリー・ハーン(Amir Ali Khan)先生。
授業はzoomを利用して、英語で進められる。

今日出席した受講生は、私含め14名。

授業初めは、アーミル先生の呼びかけで全員自己紹介。もちろん英語で話す。

個人情報もあるので詳細は明かさないが、旦那様がパキスタン人という女性の方、かつて外語大でウルドゥー語学んだ方、現在進行形で学んでいる学生の方等々、様々な人たちが集っている。

振り返ってみると私が一番英語ダメなのだが、こういう場合は日本国内と異なり謙虚さなど振り払い、8000m峰登山を経験していること、パキスタンのK2、ナンガパルバットを登っている仲間がいること(平岡君、竹内君、勝手に引き合いに出してごめんなさい)をストレートに話して自己紹介する。その方が先生にも覚えてもらえるからだ。

しかし、受講案内には

Hei

「平易な英語で進められる」とあったので、なんとかなるだろうと不二家ケーキより甘い考えでいたが、

Hei2

私以外の受講者の皆さん、英語もペラペラ。中には流暢なウルドゥー語で自己紹介される方もおられる。

第一日目、授業はウルドゥー語の概要紹介から。

先生や他の受講生の皆さんが話すウルドゥー語、英語のフレーズで、聞き取れた単語はもれなくノートに記録。後で調べることにする。

もう杉田玄白の『解体新書』状態である。

ウルドゥー語の概要紹介が終わり、残りの時間で挨拶のレッスン。

السلام علیکم assalām alaikum 、それに対する返答として وعلیکم السلام waalaikum assalām を繰り返し音読。

受講生全員の自己紹介が終わった後、受講生のレベルがあまりにバラバラなので(たぶん最低レベルの元凶は私)、先生もだいぶ悩んでいる様子でしたが、「とにかく話しましょう。間違いは気にしない。話さなければ、それは言葉を学んだとは言えない。」という力強い言葉をいただき、本日は授業終了。

授業最後の、別れの挨拶はشکريا Schukria!

| | コメント (0)

ラインホルト・メスナーの告白

驚愕の真実!

今年8月、ラインホルト・メスナーの告白がドイツ語圏メディアを震撼(言い過ぎ)させました。

Messner

ラインホルト・メスナーいわく、

『Ich kann nicht schwimmen.』

( 私 は 泳 げ な い ん だ  。)

Boden unter den Füßen by Sueddeutsche.de 2020.8.21

ええ?!

マジで?!

チョモランマ単独初登、ナンガパルバット単独登頂を果たし、著書で「標高差1000mを1時間以内で走り切る。自信が湧いてきた。」とか、ヨガやってたとか、すげースーパークライマーぶりを示していたのに、泳げなかったんですかぁ~

人のできないことをあげつらうのは、性格極悪な私も少し気か引けますが、この一言にドイツ語圏メディアが一斉に反応していたということは、やっぱりヨーロッパの皆さんも意外だったんでしょうね。

と申しましょうか、地球交響楽とか、あれだけ大自然に対して哲学的なメッセージを口にしている割に、マリンスポーツには無縁だったんですね。

登山界にはティルマンはじめ、山にも海にも慣れ親しんだ登山家はたくさん存在するんですが・・・

上記にリンクしているメディアは、泳げないメスナーを擁護する一方で、「美しい山々の湖で一度も泳いだことが無いのか」と明後日な方向に驚愕しています。ヨーロッパの山岳地の湖なんて、水冷たいんじゃないの?

| | コメント (4)

【腕に】石臼コーヒー【覚えあり】

オボコンべ山の帰路、最寄りの「秋保藁の家」に立ち寄る。

I1

店に入ってから知ったのだが、ここは客が自分で石臼でコーヒー豆引いて、その粉を使ってコーヒーを淹れてくれるというお店。

I2

現場作業員やってますから、えーえー腕の力はありますよ。

 地道にぐりぐり石臼を回していると、山行後のいろんな考え事も消え失せて無我の境地(たぶん)になる。

 10分くらいで挽き終え、自分で挽いた粉からコーヒー淹れてもらいます。

I4

 

もちろん山行後の疲れた身体なんで注文はケーキセットですよ、ケ ー キ セ ッ ト 。

I3

私の挽いたコーヒー豆の粉。ご主人いわく、「だいぶ細かく挽けたから、濃いコーヒーになったんじゃないですか?」と言われる。

I5

 コーヒーの味は自分次第。それはさておき、落ち着いた店なので山行後のひとときをゆっくり過ごしました。

| | コメント (0)

オボコンベ山(595m) 宮城県川崎町

宮城県川崎町のオボコンベ山を周回コースで訪問。



Vlog風にまとめてみました。


下山コースはニホンザルの群れと交差しつつ下山。気分はもうオボコンベサファリパーク。

| | コメント (0)

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »