« PCR検査体験記 & コロナ隔離生活日記 4日目 & ウルドゥー語の夜 第10夜 | トップページ | ウルドゥー語の夜 第11夜 »

老 木

地吹雪の中、月山・志津へ。

スノーシューを履いて、一本ブナを目指す。

Dsc01208

交通標識がだいぶ近くなってます。今年は期待できそうだ。

Dsc01210

たまに日差しが差すが、気温マイナス5度、風強し。

ちょいとVlog風にまとめてみました。

若かりし頃、北海道の冬山用に購入した特大サイズのタブスのスノーシューですが、膝下まで潜るラッセル。

いや・・・コロナ禍の巣ごもり生活で体重増のせいか・・・現実を認めたくない・・・

Dsc01214

一本ブナは、大きな枝が折れていました。

例年、子供達と皆で囲んで休憩する場所だったのですが、これも老木の宿命か、とあきらめる。

風の音、立木がきしむ音、にぎやかな森の中で、休憩。

朝、沸騰した湯を入れたテルモスを取り出し、カップ麺に注ぐ。

気温マイナス5度、うちの夫婦仲なみに冷えたカップ麺を喰う。

一息いれてから下山。キャンプ場まで降りると、膝下のラッセルで進んできたトレースはもう雪に埋まって見えなくなっていた。

冬本番の、月山。

|

« PCR検査体験記 & コロナ隔離生活日記 4日目 & ウルドゥー語の夜 第10夜 | トップページ | ウルドゥー語の夜 第11夜 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PCR検査体験記 & コロナ隔離生活日記 4日目 & ウルドゥー語の夜 第10夜 | トップページ | ウルドゥー語の夜 第11夜 »