« 【訃報】チェザレ・マエストリ逝く | トップページ | クライミングが人類に貢献する時 »

ウルドゥー語の夜 第9夜 & 名古屋生活

昨年から依頼されていた仕事で、若手E君と共に非常事態宣言下の名古屋出張。

会社の皆様に心配かけている間、

20210115_204053

名古屋といえば味噌カツです。

火曜日、滞在先のビジホでウルドゥー語のリモート授業。

20210123_132437

ついに例文に疑問代名詞が登場。

先生の教え方は、フォーマルな例文とくだけた会話に使える例文を併記して教えてくれる。

理解している受講生には「urdu only!」と、ウルドゥー・アルファベットの表記だけみて発音して!と声をかけ、私のような進歩の無い初学者には「マサルさん、これ発音してみて」とRoman english表記の例文を当ててくれる。

昼間の現場作業・管理とはまた異なる緊張感で夜は過ぎていく。

 

日曜。

非常事態宣言、コロナ感染防止のため、本社からも不要の外出は戒められている。

現場帰りの靴で部屋に入ってしまったため、清掃のため2時間ほど近所のスタバで過ごす。

20210117_094608

ラテとシュガードーナッツで過ごす2時間。その後、ホテルでの缶詰め生活。

|

« 【訃報】チェザレ・マエストリ逝く | トップページ | クライミングが人類に貢献する時 »

日常」カテゴリの記事

ぷち大学院ライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【訃報】チェザレ・マエストリ逝く | トップページ | クライミングが人類に貢献する時 »