« ヤーニャ・ガンブレット、彼氏と別れる | トップページ | 吹雪の森 »

お仕事日記2021年2月 & ウルドゥー語の夜 第13夜

2月某日から岩手県は岩手山山麓で外仕事。

連日、最高気温がマイナスという日々。現場作業用の水もみるみる凍っていき、シャーベット状になって使い物にならない世界。

ビジネスホテルに帰ると、同行している親方から「ちょっと話がある」と言われる。

やべえ、若手社員の接し方で説教喰らうかと身構えつつも、親方の部屋に突入すると、仕事上の資格の手続きの件での相談だった。ほっ。

親方が手ぶらで私を帰す訳もなく、「おい、酒持ってくんなよ」と、もう既に私用に缶ビールと焼酎が用意されている。

酒が入った上、現場で得たデータの整理やら何やらで、本日の外大ウルドゥー語授業参加は断念。

また前回同様、チャットルームに英語で「残業で欠席です!次の授業よろしくです!」と書き込み、ウルドゥー語の夜第13夜は終了。

はあ・・自習しっかりしなくちゃ・・・

 

2月某日

極寒の岩手山麓での仕事も3日め。明日を切り抜ければ何とか帰社できる、という夜。

取引先担当者様とみんなで晩飯食いに行く。コロナ上等!みんなで温かい食事を摂って何が悪い!

20210217_183247

というわけで、近くのキンキラキンにLEDで飾られた中国料理店に行く。

台湾ラーメンと高菜炒飯セットで700円。安くて美味くてボリュームがある。

と申しましょうか、連日氷点下の中で仕事してきたので、温かい食事が美味い。

私の持論では、人類史上、世界征服に成功したのはコカ・コーラと中華料理。

20210217_202610カミさんからもらったバレンタインのチョコ喰いながら、データ整理で夜を過ごす。

 

2月某日。

ようやく岩手県某所から解放。

親方は別現場の視察に行くため、帰りは私が工事機械を積んだロングボディの10tトラックを運転して山形まで帰る。

若手のS君はまだ不慣れということで、助手席で周囲確認の役割。

久々にロングボディの10t車を運転すると、現場作業に携わっている実感が湧く。

悪天で麓しか見えない岩手山に別れを告げ、東北自動車道を南下。さあ山形に帰ろう。

|

« ヤーニャ・ガンブレット、彼氏と別れる | トップページ | 吹雪の森 »

日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヤーニャ・ガンブレット、彼氏と別れる | トップページ | 吹雪の森 »