« 珠洲日記 第1夜 | トップページ | 珠洲日記 第3夜 »

珠洲日記 第2夜

 被災地医療の最前線でちょっぴり手伝いながら、「被災者に寄り添うこと」の難しさを知る。

夜、車中の冷えたシュラフに潜り込む。医療スタッフ皆様からは施設内で休んで(寝て)下さいと言われているが、1人になる時間が欲しかった。おやすみなさい。

|

« 珠洲日記 第1夜 | トップページ | 珠洲日記 第3夜 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

コメント

ボランティアお疲れ様です。
支援がされているとはいえ、未だに過酷な状況でいらっしゃる方も多いようですね。
馴れない場所での活動、疲れも取れづらいかと思いますが、頑張ってください。

投稿: ゆか | 2024.01.22 16:22

ゆか様

<<支援がされているとはいえ、

自衛隊や炊き出し、多くの物資が来ているものの、一般ポランティアが全くおらず、避難所のことは被災者の方たちが自分達で全てこなしているのが東日本の時と全然違うと感じました。

応援ありがとうございます。車中泊の中でコメント読ませていただきました。活動を終え、今は自宅に戻っておりますが声援感謝いたします。

投稿: 大滝 勝 | 2024.01.25 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 珠洲日記 第1夜 | トップページ | 珠洲日記 第3夜 »