« 暖冬・やはり月山 | トップページ | たんぽ餅ができるまで »

PTA役員の夜

息子の通う高校のPTA臨時会議および謝恩会運営のため、17日夕方から山形市内のホテルに詰める。

Syaon1

スーツ姿で15時半に集合、PTA関連の決算書を睨みながら会議を終え、18時開催の謝恩会の準備。

前々から当ブログに書いているが、私は母校たる高校にネガティブな思いしか無く、同窓会の案内郵便物も封を切らずにゴミ箱に叩き込んでいる。つながりは高校山岳部関係者だけだ。今日も、実際の仕切り役であるPTA副委員長が山岳部で1年後輩のI君だった義理があるため、微力を注いだだけである。

 1月から2月にかけ、会社の現場仕事、内業、ガイド団体の要職、能登半島地震の支援団体とJMGAガイドの連絡役、そしてPTA役員と、

Scannwers

頭が映画『スキャナーズ』状態。

卒業も国公立2次試験もあとに控えたこの時期に謝恩会するのは、ウチの高校の伝統らしい。(というか空き日程が無いらしい)。

 カミさんからは「(息子が受験控えている時期に) 宴席に出る気がしない」と言われていたのだが、他のPTA役員に聞いても「ウチの妻もおんなじでして・・」という方が多く、少しホッとする。と申しましょうか、受験生を抱えた家庭の迷い・悩みなど、やはり同じ立場の父親・母親で話題になり、話を交わすと「ウチもそうそう」という感じで共感する話題が多い。

 21時までの宴席。「そんなの何話すんだよ」と開催前は考えていたが、実際はあっという間の3時間だった。

 最後にようやく高校山岳部顧問の高橋先生に話かけることができた。今日は高体連山岳部顧問の先生方の研修で湯殿山往復してきたという。日焼けした高橋先生に謝意を伝える。ネット界隈では高校山岳部をいたずらに貶める発言も多いが、支えてくれる先生方には感謝しかない。

 宴席を終え、PTA副委員長で山岳部後輩のI君にも挨拶し、会場を出る。2月とは思えない温暖な夜の中、自宅に戻った。

|

« 暖冬・やはり月山 | トップページ | たんぽ餅ができるまで »

高校山岳部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暖冬・やはり月山 | トップページ | たんぽ餅ができるまで »