« 受験生の夜 | トップページ | 積雪5mの世界で思いっきり遊ぼう 2024 »

卒業式と湿り雪

3月1日。

勤め先の創立記念日で休日、息子の通う魁!男塾 山形分校の卒業式に出席。

Yn1

女子学生が全くいないので、会場は学ランの黒一色。

卒業生入場で会場に入る息子を眺める。

普段は成長を実感することはあまり無いのだが、山岳部生活のおかげだろう、風呂上りの息子の身体の下半身はビックリするくらいガッシリしていた。

卒業式のセレモニーだけ参加、PTA解散式と最後のホームルームはごめんなさいして学校を退出。

自宅でスーツからファイントラックのウェアに着替え、永谷園の梅茶漬けをかきこみ、速攻で月山山麓に移動。

明日に控えた少年自然の家のブナ林歩き、荒天が予想されるためルートが確定していないので、橋を渡る箇所などの危険地帯に篠竹ペナントを設置していく。

既に寒気の影響があると思いきや、月山山麓は気温が高かったのか重たい雪でスノーシューで歩くのも一苦労。

携帯に自然の家担当のEさんから連絡が入り、明日は以前に私が提示していた「Bプラン」コースを行きたいとのこと。

急ぎ志津温泉から弓張平に移動、合体ブナを目指すコースをたどる。日没まであと3時間。

前回2月4日に往復した時より、相当気温が高かったのだろう、雪が重い。

Gas20240301

自分のペースで1時間半ほどで合体ブナを往復、危険個所や子供達が遊べる箇所などを確認しながら進む。

高温でブナの小枝には雫が幾つも垂れている。ここのブナ林は人里に近い二次林で、野生動物の痕跡も少なく、無知無学な私には自然解説の材料が物足りない。さあ、どうなる明日の俺!?

車に戻る頃には寒気の影響で激しい雪になってきた。国道112号に降りると雨になる。わずかな高度差で気候が全く異なる。

様々な気象条件と明日の山の様子、子供達へのガイディングをイメージする。最終打ち合わせをすべく、夕暮れの国道を走り少年自然の家を目指した。

|

« 受験生の夜 | トップページ | 積雪5mの世界で思いっきり遊ぼう 2024 »

山岳ガイド日記」カテゴリの記事

高校山岳部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 受験生の夜 | トップページ | 積雪5mの世界で思いっきり遊ぼう 2024 »