« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

ウグイスの鳴く頃に

Ga202404291

連休前半の最終日29日、西川町姥沢から月山山頂往復。

黄砂も収まり、遥か彼方の鳥海山が美しく映える。

Ga202404292

雪を被った手前の石見堂・赤見堂、彼方の朝日連峰を眺めながら下山。

延々と続く雪原をひたすら下降。

ここには緊張するナイフリッジも無ければ岩稜・岩壁も無い。

広大な雪原を歩き、月山は「雄大」な山だ、とあらためて思う。

残雪期の今、それは日本全国いろんな山岳地で経験できる感覚かもしれない。私にとっては、それが月山だ、ということだ。

夏スキー場の基部に下りると、ブナ林にウグイスの声が響く。

Ga202404293

今日も日差しが暑い。あまりに暑いのか、アオダイショウが雪上をウロウロしていた。

今年、私は月山のどんな表情を眺めることができるのだろう。

------------------------------

月山情報【2024年4月29日現在】

東北マウンテンガイドネットワーク 清水会員から寄せられた情報で私も本日現地確認、月山スキー場でもアナウンスされていますが、姥沢リフトの東側、「四谷沢ルート」がある斜面で全層雪崩が発生しています。今後周辺斜面に入る方はご注意願います。

Av20240429

| | コメント (0)

立谷川の芝桜 2024

Ta1_20240429205701

連休初日、老母を立谷川の芝桜見物に連れていく。

山形市ではちょっとした観光スポットになり毎年ニュースでも取り上げられるのだが、認知症の母には昨年の記憶はもう無いようだった。

昨年の猛暑、また芝桜そのものの寿命なのか植え替えが必要と言われ、今年は咲き具合が今一つと言われているのだが、母に楽しんでもらうには十分な光景だ。

Ta2_20240429205901

今年は黄砂の影響がひどく、快晴にもかかわらず、雪を被った月山がかろうじて見える。

老母に喜んでもらった後、自宅で会社仕事。緊急に決裁印が必要になったため急ぎ用件を片付けるが、横のつながりに欠ける勤務先、「決裁順が違う」とクレームが入り、上司のK君に急ぎ確認等々、会社対応で休日の午後を過ごす。

午後の残った時間で、滞っていた山岳書の読み込み。

| | コメント (0)

シルクロードの味

Nut1

今日、職場で女子社員から配布されたおやつ。

タジキスタン出張から戻った社長のお土産。白いのは糖衣に包まれたアーモンド、塩気の効いたアーモンド、甘味控えめのレーズン、陰になってみえないけどこれまた塩気の効いたピスタチオ入り。

連休控えて次々と入ってくる見積依頼、連休明けは久々に「さすらいの現場作業員」になりそう。

| | コメント (0)

晴れ、時々CPR

20240421_153616

日赤山形県支部主催の基礎講習に参加。

過去、日赤救急員の資格取得しようと3回トライしたが、いずれも急な現場仕事が入り挫折。私の心の中で「呪われた日赤講習」と呼んでいた。

以前の日赤山形県支部では講習日程もごくたまにしか公表されなかった。少年自然の家で活動する機会がある私はなんとか日赤の「幼児安全講習」を受講したが、日赤救急員は見切りをつけ、消防の上級救命法・応急手当普及員の資格を取得していた。

最近になって日赤山形支部では講習予定を明示、受付もウエブ申し込みで可能になった。以前は救急員の資格取得には3日連続の講習出席が必要だったが、現在は基礎講習1日、救急員養成2日と日程を分かれている。今回はあらためて基礎講習から受講。

蘇生法はコロナ禍を経て、人工呼吸が復活(コロナ流行真っ最中の消防救命講習ではマウスtoマウスの人工呼吸は割愛されていた)。

蘇生法訓練用ダミー人形のビニール製肺も、ディスポーザブル・使い捨てになっていた。思わぬところでアフターコロナを実感。

| | コメント (3)

暑すぎる春

鶴岡市小岩川地区の例祭を見学した帰り、月山山麓のシークレットエリアを観察。

Ga20240415

例年のごとくザゼンソウが花咲いてました。しかも今年は数多い。

この時期、歩道も無い国道112号線沿いはカタクリやニリンソウ、キクザキイチゲの花畑になっているはず・・・

Ga202404152

今日の鶴岡市の気温は約30℃、標高が高い位置にあるとはいえ、カタクリもニリンソウもおわりかけでボロボロでした。

あまりの温暖さに、今年は花のシーズンも早いかな。

| | コメント (0)

祭りの女性たち

山形県鶴岡市温海(あつみ)地区。

西は日本海に面し、東は起伏の激しい摩耶山地。小さな集落が点在し、山形でも貴重な民俗行事や風習が色濃く残る地域。4月14日から5月8日にかけて、各地区の例祭が連続する祭りの季節である。

かねてから見学したかった、小岩川地区の住吉神社例祭「神輿押し」を見学。小さな漁師町、それゆえだろうか、例祭では女性の立場が大きい。

Ko1

神輿行列は「神輿」が先頭、「お船様」と呼ばれる巨大な船の模型が続くのだが、お船様を引くのは集落の女性たち。正装(和装)してやってくる。

Ko3

11時、住吉神社前を出発。背後の緑はタブノキが繁茂。タブノキの植生地としても知られる。

Ko4

集落を進む神輿行列。住民たちは「おひねり」を沢山用意して待ち構える。ひねった和紙の中身は米。神への捧げものだ。

Ko6

細長い小岩川集落を往来するうちに、神輿は捧げものの米でいっぱいになる。

Ko5

神輿とお船様は港脇に設けられた「祝詞場」に到着。休憩が入る。女性たちが用意した庄内の「ごっつぉ」と酒。かつては日本酒100本以上を消費した時代もあった(※)が、今は皆さん控えめです。

Ko7

そして始まる「神輿押し」。現在の小岩川駅を境に集落は「上」と「下」に分かれている。神輿は上組と下組の人々が押し合いする。12回押し合い、上組が勝てば大漁、下組が勝てば豊作という作占いだ。以前は酒の勢いで3時間以上の激闘が続いたらしい。今はあっというまに勝負がつき、神事は終わる。

Ko8

「お船引き唄」を歌う当番の女性たちは、特設のテント下で勝負を見守る。

神輿押しの勝負後、立ち去る神主が深々と女性たちに頭を下げ「今年もお世話になりました」と礼を言って帰っていく。

Ko2

平日の祭りなので子供もいないとおもいきや、小学生らしい女の子3人組が太鼓係で参加していた。

神輿行列出発前、法被の帯が上手く締められてなかったため、唄当番の女性が「こっち来なさい」と声をかけて帯を締め直していた。

静かで小さい漁村の小岩川。この女の子も将来は進学か就職で集落を出ることになるだろう。

彼女が大きくなる頃、この祭りはまだ残っているだろうか。

本日の記録動画↓ 動画開始2:17から「お船引き唄」を収録。

 

※参考文献 : 温海町史編纂委員会 編纂『温海町の民俗 温海町史別冊』昭和63年3月

| | コメント (0)

花 見

Kajo14月14日、快晴。

いつも決まったコースしか散歩していない老母を、桜が満開の霞城(かじょう)公園に連れていく。

Kajo2

桜の木の本数以上に凄い人出。

Kajo3

山形市主催の野点に老母を連れていく。干菓子は十一屋製。

所用で日曜・休みは潰れているため、たまには老母を行楽地に連れていきたい。

| | コメント (2)

春は別れの季節

202404112
長年愛用してきたデジカメ、ペンタックス Optio w20が寿命を迎えたため、引退いただく。
リチウムバッテリーが膨らんできた事、起動するたびに日付データが初期化されるなど異常が目立ってきた。
発売開始は2006年の製品。
山で使えるカメラとして、防水機能に目を付け中古品を購入した。
ズームレンズではないためにコンパクトかつ起動も速く、1cmマクロ撮影が可能な点もお気に入りだった。
雨や雪の山稜で、晴天の山の花畑で、何度このカメラを手にしてきたことだろう。
気が付けば、世の中はデジカメなど使わず、登山アプリと連携したスマホで登山中の写真を撮影するようになっている。

さよならOptio W20。

| | コメント (0)

手帳の季節

春、ビジネス手帳購入の季節。
ガイド団体の要職、1~2月の能登半島支援活動で医療団体とJMGAガイドの連絡係を一手に引き受けていたため、毎日のタスクが膨大になる。
勤め先の若手社員がアメリカ出張先から持ち帰った、展示会宣伝用に配布していた整備士用「To do リスト手帳」が凄い使いやすかった。今年のビジネス手帳は今までのガントチャート崇拝を排し、Todoリストとして使う事を主目的に軽量なタイプを購入。

Diary2024
登山用の手帳は不動の真っ赤な表紙テト455-R、と思いきや、どこの書店に行ってもなかなか在庫が無い。
メーカーのPILOT社に問い合わせると、既に数年前に生産中止となっているという。
致し方ない。なじみの書店で残る在庫品2冊を購入。使い慣れた手帳が生産中止になるのはショックだが、来期は代替品を探す楽しみができた、と前向きに考えよう。

| | コメント (0)

宴 の 後

4月8日。
東北マウンテンガイドネットワークの総会・研修と、ガイド組織浸りの日々は過ぎた。
翌日から
・不毛な決裁書類のやりとり
・大滝さん!現場抱えてるので新入社員教育係の代理お願いします!
・大滝さん!現場でトラブってます!工事機械の操縦お願いします!
と、よそ様の頼まれ仕事でドツボにハマり、内業と外業でブログも書けなくなる。

202404101

温暖な日々が続き、本日の作業現場はオオイヌノフグリの花盛り。

202404111

現場作業員が詰める工場の桜も咲き始めた。
ここ数年、春は何かと気ぜわしい。花見客もいない工場の、咲き掛けの桜に心落ち着くひと時。

| | コメント (0)

令和6年度 総会

令和6年4月6日、私が所属する東北マウンテンガイドネットワークの総会。

承認議決内容で荒れないか考え込んだり、ここ数年は年度末・年度始めは重たい気分が続く。

Mg1

おかげさまで総会は完了、新年度のスタートをきることができた。

総会が終わった安堵感よりも新年度への重圧を感じる中、場は楽しい懇親会へ。

翌日午前は、

Mg2

ロープワーク研修。「あれ?」「え?」と言いながら忘れかけている結び方を記憶の彼方からほじくり返す。

現地参加の皆様、大変おつかれさまでした。

普段の会社員生活とは異なる、ガイドとしての新たな年度が始まります。

| | コメント (2)

整形外科

昨秋から、右後頭部、右首筋、右肩、右上腕の痛みに悩まされる。

筋肉の痛みもさることながら、表皮付近も痛い。

後頭部だけでなく、右耳にも痛みが波及し、リンパ系の癌か何かか?と思う位に痛い。

ついに山形市内のゆうき整形外科の予約をとるが、急な現場仕事でキャンセル。急ぎ電話して翌週に予約を変更。

その一週間の間に痛みは嘘のように消えてしまったが、昨秋から時折の痛みに悩まされるため、延期した予約どおり通院。

ゆうき整形外科には過去にも通っているが、その理由はなんといっても

Hima

待合室に日本ヒマラヤ協会の機関誌バックナンバーが揃っているから。

海外登山や難しい登山から離れたとはいえ、機関紙『ヒマラヤ』掲載の山々の写真を眺めているだけで興奮してくる自分に気が付く。

通院の待機時間は長く感じるものだが、ゆうき整形外科の待ち時間だけは短くて仕方ない。

診察・レントゲン撮影の結果、骨格・椎間板・神経系に異状無し。リハビリルームのお姉さんもドン引きするほど、私の身体は硬い。その硬さに原因があるとのことで、筋肉をほぐすマッサージを受け、必要なストレッチをご教示いただく。

「老い」だの「歳」だの言う前に、まだまだ身体動かしてやりたいことは幾らでもある。

| | コメント (2)

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »