« 太陽がいっぱい | トップページ | 【社員メシ 韓国編 朝食の巻】ソウル新聞社 »

高原植木踊【令和6年5月5日】

Tk1

山形市高原(たかはら)地区の山ノ神神社祭典で披露される「高原植木踊」を見学。

名称から田植踊りの類と私は勘違いしていたのだが、文献によれば「願人(がんにん)踊り」に分類されている。

願人とは山伏・僧侶の別名である。高原植木踊りの由来は、今から約200年前、庄内から六十里越街道を通り移り住んだ伊豆国出身の三喜和尚という僧が村人に願人踊を教えたのがはじまりとされる。
高原植木踊の「植木」は旧地名に由来したもの。山形県内に残る願人踊りは蔵王半郷地区に残る「松尾願人踊」と今日の「高原植木踊」のみ。

開始15分前に山ノ神神社を訪れ、受付で奉納金を納め撮影のお許しをいただく。ぼつぼつ地区の人も集まり、踊り手OBらしい高齢の男性が車椅子や電動カートで集まってくる。待機していた踊り手たちが挨拶のため、踊り手OBの老人たちに挨拶を交わす。

「若いのに声掛けねと踊り手いねぐなるはー」(若者に声かけないと踊り手がいなくなりそうだ)

「みでっど血さわぐんねがや」(見物してると血がさわぐんじゃないですか?)

どこの民俗行事もそうだが、後継者不足に悩まされている様子。

14時、高原植木踊の奉納始まり。

Tk2

本日の高原植木踊は「本懐な(ほんかいな)」「やぁとこ」「三人あいがっぽれ」の三部構成。

初めの「本懐な」はさらに「あねさん」「おてらさん」「おきゃくさん」「やっこおどり」の四部構成で、おしとやかな踊りである。

踊り手背後にそびえる巨大な傘は「まんどう」と称し、踊り場を清め踊り手を護る意味合いがある。

三番目の「三人あいがっぽれ」は相撲の様子を模した踊りであり、動きも激しい。見物に来た地区のおばあさんは熟知しているのか、「これから激しいから踊り手は若いのだな」と教えてくれる。

Tk3

「三人あいがっぽれ」の一コマ。1人は行司役にまわり、2人で激しい踊りが続けられる。

本日の記録映像(ダイジェスト版)はこちら↓

約18分間の全収録版はこちら

参考文献 : 山形県教育委員会編 『山形県の民俗芸能 山形県民俗芸能緊急調査報告書』平成7年3月

|

« 太陽がいっぱい | トップページ | 【社員メシ 韓国編 朝食の巻】ソウル新聞社 »

民俗・風土」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 太陽がいっぱい | トップページ | 【社員メシ 韓国編 朝食の巻】ソウル新聞社 »