Lost But Won

P1_20200810112201

強雨の中、月山ブナの森を歩いた子供たちの雨具が連なる。山形県朝日少年自然の家にて

 

今年も 山形県朝日少年自然の家チャレンジキャンプ2020 の月山登山引率のご依頼をいただく。

今シーズンは思うところあり、旅行社のガイド業務は自分から志願すまいと決めていた。

コロナ緊急事態宣言明けから、自然の家の月山登山1本に絞り準備を進めていく。

今年はコロナ禍による県内小中学校の夏休み短縮のあおりを受け、例年と異なり日曜に登山日が決まっていた。

コロナ禍の中、日曜の登山者動向を確かめるべく、6月から週末は足しげく月山姥沢ルートに通う。その結果、県外からの登山者も例年と変わりなく多く、登山予定日の8月9日も混雑が予想された。

混雑と共に頭が痛いのが天候だった。

10日程前から停滞前線による悪天、加えて台風4号が発生、8月9日の東北地方に荒天をもたらすことが予想された。

悪天の予想に加えて、今年はコロナ感染のリスクを負うことになる。

5、6、7月と不安と葛藤の中、情報を収集するが、ふと、「コロナ禍の今、山岳地で大人数を引率する行為」に有利な情報だけを集めている自分に気が付く。不安は不安のままに、あらゆる情報を受け入れようと考え直す。

 

会社が盆休みに突入した8月8日。

公休を取得していたが、取引先からの電話に対応したり、先日までの現場のデータを職場の仲間から引き継いだりとテレワークしながら自宅でパッキング。

夜、自然の家に入所。私にとってチャレンジキャンプ月山登山は、必ず前夜に参加し、子供たちの様子を確認することから始まる。

その後、所長室にスタッフの皆さんと集まり、月山登山の可否と代替プログラムについて話し合う。

2014年の葛藤の再来を覚悟していたが、板垣所長はじめ皆さん月山登山中止の方向で動いてくださった。代替プログラムとして山形県自然博物園のブナ森探検を第一候補とする。

それから所員の皆さんは手分けして、明日参加予定のサポートスタッフに月山登山中止の連絡。私は伊藤ガイドに連絡。急募しておきながら、快くキャンセルに応じてくださった伊藤ガイドには頭の下がる思い。

 

当日、子供たちを2班に分けて山形県自然博物園に移動。

1、2、4班を私が引率、3,5班は真鍋ガイドが担当してくれることとなった。

止まない雨の中、ブナの森に入る。

意外にも、ブナの木の幹を流れる雨水「樹幹流」が子供たちから「冷たくて気持ちがいい」と好評。

道はドロドロにぬかるみ、ブナの葉と土でブヨブヨになった道は足首まで沈むところもある。

「泥沼のワナにひっかかるなよー」と子供たちに声をかける。職員の小野さんがやはり学校の教員らしく「泥沼のワナに引っかかった人ー」と子供たちに声をかけ、子供たちも「はーい !」と元気よく反応、場を盛り上げてくれる。

「ブナ林広場」に出て、子供たちに休憩をとらせる。そこから先の階段は強雨のため、雨水が滝のように流れていた。子供たちの様子を注視、「寒い・・」と口にする子供のつぶやきをとらえ、私の判断で引き返すことを決めた。

通常の博物園散策であれば、復路は石跳川に通じる道を下る。

今日は何かが違う。山上の散策路をあるきながら「タッキー、あれ何の音?」と子供たちから尋ねられる。この位置から石跳川の様子は見えないが、それは明らかに石跳川が増水した川の音だった。

子供たちの渡渉は絶対に避けようと考え、石跳川方面には下りず、復路は登ってきた道をたどり下山。

博物園では倉本ガイド、近田ガイドが迎えてくれ、1階フロアを荷物置き場として、2階部屋を着替え室として開放して下さった。

 

折しも、月山登山ツアーの代替プログラムとして立ち寄っていた大先輩の佐藤攻ガイド、我がガイド協会のエース田中ガイドも博物園に詰めていた。今日ここにはいない伊藤ガイドはじめ、多くのガイド仲間に支えられて今日をのりきったことを実感する。

 

 子供たちの反応も様々だ。

 「濡れて楽しい」という子もいれば「濡れたくなーい」という子もいる。

 同行してくださった前所長の土屋常義氏からは、

「タッキー、いや、子供たちには後から「こんな天気に行ったっけな」という経験として残る。実際に行ってみた経験って絶対大事なんだよ」と熱く激励をいただく。

 ブナ森探検で一番問題だった「子供たちが長靴を持ちあわせていない」ことも、自然の家担当の山口さん、小野さん、柏倉さんの見事な連携プレーでビニール袋とマリンシューズを巧く利用し、解決していただいた。

 こうして私の「夏山」は終わる。今シーズン前半は月山・姥沢ルートに通い詰めだった。

 今度は近くの里山でも登ろう。

 所用のため夕食をいただいた後、スタッフの皆さんに挨拶してから退所。

 Hans Zimmer のLost But Wonを聴きながら、雨の国道112号を自宅に向かった。

| | コメント (0)

ブナの森探検 2020

朝日少年自然の家企画事業「初夏ハイキング ! ブナの森探検」にサポーター参加。

コロナ禍後、初の少年自然の家行事ということもあり、マスク・消毒液持参で訪れると、

Dsc00966

おなじみのボランティアスタッフルームは三密を避けるため閉鎖、事前ミーティングも解放された談話室で始まる。

参加者も先着20名と例年より少なめに設定されての企画。

ツイッターで不毛なコロナ自粛論議に熱中している人たちと違い、最前線はもうノンストップで「アフター・コロナ」の活動開始である。

参加者の皆さんと共に山形県自然博物園に移動。

少年自然の家の計らいで、子供参加者をおおまかに年齢分けし、例年3班編成のところをブナ林ガイド4名依頼し、今年は4班編成。

私は運よく同じガイド団体でお世話になっている近田郁子ガイド引率の班に加わる。幼稚園児2名、小学生2名、保護者2名の理想的な少人数でブナ林へ入る。

Dsc00968

博物園の絵地図に興味津々な女の子に教える近田ガイド(右)

 私もJMGAガイド資格取りたての頃にブナ林ガイドで修行した経験があるのだが、ブナ林ガイドにもいろいろ個性が表れる。

 百科事典のようにブナのことを説明していくガイドもいれば、臨機応変に参加者の興味に応じるガイドもいる。

 近田ガイドは子供たちの興味を大事にして楽しませるガイディングが巧みだ。

 子供たちも小学校低学年、幼稚園年長の子ということもあり、私なら見過ごしそうなことに興味津々。

Dsc00970

 笹船作りが子供たちのツボにはまったらしく、何艘も作っては雪解け水で増水した沢に流す。子供たちはいつまでも飽きない。

 今年から自然の家に赴任したマウリーさん、笹船作りの指導に大活躍。

Dsc00971

 ゆっくりペースで移動ということもあり、マスクを着用しながらの行動。

 お昼はブナ林広場で、みんなでお弁当開き。

 昼の時間を利用して、近田ガイドから今シーズンのブナ林の情報収集。昨年のブナの実凶作で、やはり「ブナもやし」は見られないとのこと。 

Dsc00975

皆が戻ってから、博物園前の広場で「木のペンダント作り」。

6月、ようやく自然の家企画事業もスタートした。コロナ禍の後で野外活動も様々な制約を受けている。今シーズンは手探りで最善を求めることになりそうだ。

| | コメント (0)

春のブナ林へ

金曜。

来週から山形県某所に出張する親方達作業班の段取り、私は仙台市某所に出張する段取り、その合間に新入社員への工事機械のプレゼン。

諸々の仕事を片付け、好天を逃さず土曜は月山山麓へ。

不要不急の外出? ガイド山行を予定している身である。少雪のシーズン、下見しておきたいポイントはいくつもある。

Imgp0001毎年楽しみにしているザゼンソウは、もう開花している。今年はやはり一ヶ月は気候が早い。

そんなことを言っても仕方ない。あるがままに受け入れよう。

グサグサに腐った雪を、ワカンを履いてブナ林を進む。

G2

西川町の街中でも気温16度、風は冷たいが日差しはきつい。ブナの木陰で休憩。

キツツキのドラミングが聞こえる。もう冬は去ってしまったのだ、と実感する。

G1

ブナは凶作なのであまり見られないはずなのだが、枝のへし折り具合からみて熊棚。空き家物件。

G3

自然博物園も除雪が進む。山にも春が来る。

| | コメント (0)

春は別れの季節

親方の依頼で、今度は大型トラックを一人で運転して再び東京の現場へ。

一仕事終え、若手E君が運転してくれるハイエースに乗り込み、ビジネスホテルへ向かう。

スマホでメールチェックすると、お世話になっている山形県朝日少年自然の家スタッフのTさんから退職の挨拶メール。

春は別れの季節。

東京は雨。

濡れたフロントガラスに映る、歪んだ東京の景色を眺めながら、Tさんと共にした野外活動の記憶がよみがえる。

折しもカーラジオから、ポリスのEvery Breath Take You が流れ始める。

Tさんのこれからに幸あれ、と祈りつつ、東京の片隅で現場作業員生活は続く。

| | コメント (0)

ヤマガタダイカイギュウと化石掘り 2019

山形県朝日少年自然の家の企画事業『ヤマガタダイカイギュウと化石掘り』にサポーター参加。

Dsc00823 今年も山形県朝日町のヤマガタダイカイギュウ発掘現場の見学から始まる。

Dsc00826

山形県立博物館の小林先生をお迎えして、珪化木の解説。この後、子供たち皆でチゼルハンマーで珪化木を叩いてみました。

Dsc00829

周辺の地質状況解説の間も、「化石掘りまだ?」と待ちきれない子供たち。小林先生から安全面の注意を受け、露頭に移動。さあ、子供たちのお待ちかねの時間。でも毎年思いますが、子供たちより親子参加のお母さん方が化石採掘に夢中になってます。

Hand

 掘り出した化石は小林先生にその場で鑑定してもらいます。軍手も外し、子供たちの手(右)は泥だらけ。小林先生はどんな化石でも、たとえそれが化石ではない、火砕流に巻き込まれた岩石でも、掘り出した石の意義・意味を解説してくれるので小さな子供たちも保護者の方も喜ばれていたようです。

Dsc00831

 私の掘り出した化石の一つ。二枚貝の稚貝が多かったです。所員の工藤さんはハマグリ級の大物二枚貝をゲット。たとえ一部でも、巻貝の化石は子供たちも大喜び。

Dsc00833 化石掘り終了後は、参加者の皆さん親子同士で弁当昼食。

Dsc00834

 昼食会場の一本松公園からの椹平の棚田を望む。亡き人をめぐる出来事が多すぎた今月、久々に子供たちを相手にして精神的に生き返る思い。化石もまた、死んだ生物の「生痕」なのだが、まあ難しいコトを考えるのはよそう。曇りがちの空から差し込む日差しの下で、私達は穏やかな時間を過ごした。

----------------------------------

  例年、朝日少年自然の家でも最も人気のある企画事業の「化石掘り」。今年は受付開始直後から自然の家の電話が鳴りやまなかったとのこと。申し込み希望の方は受付開始後に速攻で電話するのが吉です。

| | コメント (0)

初夏キャンプとブナの森探検 2019 第2日目

初夏キャンプとブナの森探検、2日目。

Dsc00661

キャンプ場の朝。早めに起きて、出会った所員やスタッフの皆さんに昨夜のスタッフミーティング欠席で平謝り。

本日の朝食はパスタ。

所員の工藤さんが作り方を説明、

「パスタはこう、きゅっとひねって手を離すとパラッと鍋にひろがりますね」

と説明すると、小学生の女の子たちの表情もニッコリする。ああ、女の子たちはやっぱり料理好きなんだなあと感じる。

 Dsc00664

お楽しみのパスタを入れる瞬間。残念ながら表情まで公開できませんが、みんな楽しそう。

Dsc00662

初めて出会ったお友達と慣れない手つきで作るサラダ。

朝食後はテント撤収。

さあ手伝いだ!と私も張り切って参加者のテント撤収を手伝う。が・・・

何気なくテントのペグを抜いていると、そばで見ていた小学校低学年の女の子が「私も抜きたかった・・・」とつぶやく。

私にとっては何気ない撤収作業も、興味津々な子供達にとっては楽しそうな「遊び」なのだった。反省。

 

テント撤収後はバスに乗り、皆で月山山麓、山形県自然博物園を訪問。ここでブナ林ガイドに引率され、ブナの森を歩きます。

Dsc00668ブナの原生林に入ります。

Dsc00670

 昨日までは無かったクロサンショウウオの卵にみんな興味津々。

Dsc00669

ブナの倒木の頭上には「ギャップ」と呼ばれる空間。

差し込む日光を頼りに、様々な植物の生存競争が繰り広げられます。この空間が緑で埋まる頃には、私はもう生きていません。

Dsc00672

新緑のブナ林を歩いた後、好天の下、博物園で昼食の弁当をいただく。

親子参加の皆様、子供達、所員やスタッフの皆様、おつかれさまでした。

楽しいキャンプは終わった。帰宅後、シャワーを浴びてから実家の老母の様子を確認。

それから自宅に戻り、パソコンとスマホを机に並べて明日の仕事のプランニング。明日は大型トラックで山形から東京都内を日帰り往復しなければならない。首都高を走るか、圏央道と環八を走るか詳細検討。明日からまた現場作業員の日々です。

| | コメント (0)

初夏キャンプとブナの森探検 2019 第1日目

山形県朝日少年自然の家企画「初夏キャンプとブナの森探検」に久々のフル参加。

Dsc00647

朝日少年自然の家敷地内のキャンプ場にて、参加者にテント設営を説明する山口さん

 所員の山口さんからテント設営レクチャーを受けた後、参加者たちのテント設営を手伝う。

 私「このポールをそのスリーブに差し込んで・・・」

 参加者「ポール???」

 親子参加のお母様方も、子供達もキャンプ初心者。

 「この棒を、その布地がトンネルみたいになったところに差し込んで下さい」

 普段何気なく使っているキャンプ・テント用語も、わかりやすく置き換えて伝える。

第1日目の夕食は野外炊爨として、

Cu

薪を使ってカレーを作ります。

Dsc00650

米もカレーも、焚き火で調理。男の子達は面白がってガンガン焚き火を燃やして強火になります。

親子参加でお父様お母様が付き添いの班は焚き火も任せられる一方、小学生の女の子だけの班がいるので、私はこちらをフォロー。

問題は鍋で米、御飯を炊くこと。作り方は所員の工藤さんがきちんと事前に説明してくれたのだが、いざやってみると水加減など不安になるらしい。

登山をやっているということで「大滝さん、これくらいでいいですかね」といろんな人から水加減を聞かれる。

私、たしかに学生の山岳部時代は生米をコッヘルで炊いてましたが、最近はめんどくさいのでアルファ米(お湯に浸すと炊いた御飯同様になる加工米)しか使ってませーん。

とは弱音も吐けず、昔の記憶を頼りに各班の米炊きの様子をみる。

面白がって薪をガンガンくべる男の子たちと違い、女の子たちはおっかなびっくりなので、焚き火の調節から米の入った鍋の様子見まで私が面倒をみる。

参加者皆さん、米の炊きあがり、どのタイミングで鍋を下ろしたらいいか迷うようだ。「はじめちょろちょろ中ぱっぱ、赤子泣いても蓋とるな」と言われるが、ある程度水蒸気が出なくなったら私は蓋をとって様子を見る。それから匂い。焦げ臭い匂いになる前に火から下ろす。

別の班のお父様から「もう鍋を下ろしてもいいでしょうか」と訪ねられる。中を見ると『蟹の穴』もできてばっちり。下ろして蒸らすことを指示。

さて女の子たちの班に戻る。水加減が少なかったのか、鍋から水蒸気が出ない。一度蓋をとるが、米につやがありすぎ(まだ水分多め)なので「まだもう少しだよ」と答える。

それを2、3回繰り返しただろうか。女の子たちも待ちきれない様子で、後ろを振り向くと、

Eye

↑これくらいの鋭い視線が女の子6人分、私に集中している。やべえ、この鍋の米の炊きあがり絶対失敗できねえ!

中をみても「蟹の穴」はできてない。私の経験と勘を頼りに鍋をおろし、味見させてもらう。

少し堅めだけど、中の米は芯もなく完成状態。「できあがりだよー」と、もうしゃもじを持って待ち構えている女の子達に引き渡す。

炊事場を巡回して再び女の子達の班をみてみると、所の次長が「女の子達の御飯、全然焦げてない」とびっくりしている。「やっぱり女の子だから水加減上手だねー」火加減を見続けたことは知らないふりして、私も一緒に誉めてあげる。

Dsc00651

所員・スタッフ用の夕食。柏倉さんに美味しく作ってもらいました。

順調に夕食作り・食事もおわり自由時間。

P1_8

私物を取りに自然の家駐車場に行くと、夕暮れの蔵王連峰があまりにも美しい。

Dsc00653

夕暮れのキャンプ場。私のねぐらは一番奥、エスパースマキシムミニ。

夜はお楽しみ、盛大なキャンプファイヤー。

 Dsc00659

自然の家で提供してくれたのが、スモア。マシュマロを焼いてクラッカーと板チョコで挟んで食べるお菓子だ。

キャンプファイヤーも終わり、テントに戻って一休み・・・とシュラフに横になったのがまずかった。

今週の仕事の疲れか、そのまま眠り込んでしまった。スタッフミーティングが22時から開始だったのだが、目が覚めて時計を見るともう23時。

後で伺った話では、一緒に参加していたキャンプ協会の石井さんも気を遣って下さって私を起こさなかったとのこと。

「みなさんすみませーん」と思いつつ、シュラフの中で再び眠り込む。

| | コメント (0)

ブナ雪原探検と雪山遊び 2019 第2日め

朝、和室で一緒に寝ていた所員のJさんのスマホアラームで目が覚める。
二人してさっさと布団をたたみ、Jさんは館内放送など業務へ。
私は、昼食のカップ麺調理に使う熱湯を参加者の水筒に詰めるミッションを与えられていたため食堂で作業。

朝食後、ボラ仲間の工藤さん、服部さんと合流。
自然の家から全員で月山山麓に移動、弓張平で月山朝日ガイド協会の細谷さん、引率を務める横山さんと合流。

P1_2
今年は暖冬。
例年なら雪に埋もれかけている交通標識も、今シーズンは子供達の頭上。

P3_3
アニマルトラッキング、ウサギの足跡だけでなく、横山さんが持ち込んだ本物のウサギの脚に、子供達も興味津々。

P4_2
本日は日差しも強い晴天。
参加者達も暑そう。

P6_2
ブナの実が散乱しているところに、リスの足跡がたくさん。

この後、野生のリス、ウサギを目撃することができ、子供達も大喜び。

P7_2
急斜面があれば、そこが遊び場。

P8_2
今年も穏やかな天候の下、昼食時間を過ごすことができました。

P9
毎年恒例の雪穴掘り。
今年の子供達が意欲的で
「私に掘らせて!」
「僕も掘りたい!」
と子供達が殺到、狭いピットで身動きもとりづらく、そうこうしている内に帰る時間になってしまう。
今年は子供達に雪掘りの楽しさを知ってもらうに留まる。

P10_2
帰路、毎年訪れている湯殿山・姥ヶ岳・月山が一望できる場所に移動。

P11_2
クラストした表層の氷が子供達には珍しく、大事そうに持っていた女の子。

P14
帰りはあちこちで尻すべりしながら下山。

P15_2
終着点目前、志津温泉の凍結した五色沼を歩いて渡りながら眺める湯殿山。

それから少年自然の家にバス移動、参加者たちの解散、スタッフ反省会。
P16
ガイド仲間の細谷さんの奥様が作った、ブナ、ハシバミ、クルミの実をキャラメルで固めたお菓子。ごちそうさまでした。

今年度の朝日少年自然の家行事も終了。
今シーズンも様々な貴重な経験をさせてもらいました。
自然の家職員の皆様、サポーター(ボランティアスタッフ)の皆様、参加者の皆様に深く感謝申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブナ雪原探検と雪山遊び 2019 第1日め

山形県朝日少年自然の家企画事業 『ブナ雪原探検と雪山遊び』 にボランティアスタッフとして参加。

昨夜まで精神的にハードな現場作業を終えた翌日、午前は高齢の母の買い物に同行、少し休憩を入れてパッキングを済ませて自然の家へ移動。

第1日目のボランティアスタッフ、泊まりがけでの参加は私一人。

P1
翌日の月山・ブナ林歩きで使うスノーシューの体験と調整、足慣らし。

P2
自然の家裏手の斜面でみんなでスノーシュー体験。
濡れたスノーシューを屋外で干す。

今日の活動のメインは「きりたんぽ鍋」。
鍋の汁・材料は自然の家厨房で用意、参加者はきりたんぽから自作するのだ。

P4
炊いたうるち米をビニル袋に入れて手で揉み、「半殺し」にする。
一番賑やかな小学三年生の女の子4人組、

「クラスの憎たらしい男子をこんな風に・・・」

とつぶやきながら、力を入れて揉み込んでいる。 女は怖ぇ~。

P5
米を「半殺し」にした後は、竹串に巻き付ける。

P3_2
子供達がきりんたぽ作りにとりかかる前から、職員の皆さんが炭火熾しに尽力して下さいました。

P6
親子参加は4組、その内、お父さん付き添いが3組。
お父さんと一緒の料理いいですね。

P7
作ったきりたんぽは炭火であぶります。

P8
1人3本きりたんぽを作り、2本は鍋へ。
1本は甘味噌ダレをつけて、

Dsc00486
いろりの火であぶります。

P10
食堂に場を移し、きりたんぽ鍋の調理。
小3女子4人組は、所員の戸田さんから「作り方覚えるんだよ(キリッ)」とレクチャーを受ける。

P11
スタッフ用のきりたんぽ鍋はボラ仲間の咲ちゃんが絶妙に調理してくれました。
いただきまーす。

味噌つけたんぽが凄い人気。
プログラムでは夜食として取っておく予定だったのですが、参加者皆さん夕食時に食べてました。

秋田ではスーパーの惣菜コーナーで「味噌たんぽ」の名称で、細長いきりたんぽに甘味噌を塗ったものが売られています。きりたんぽは基本鍋料理なので、一人旅や出張の時は一人で喰える「味噌たんぽ」重宝しました。

でも自然の家で食べた「甘味噌塗り+炭火あぶり」の味噌たんぽは秋田のスーパーの「味噌たんぽ」より激ウマでした。

本日の泊まりボラスタッフは私だけ。
自然の家所員の皆さんにおんぶにだっこで用事をお任せし、私は早めに和室に布団を敷き、今週の現場作業疲れのため少し仮眠をとり、それからPCとポケットwifiで勤務先のサーバーにアクセスし、会社のメールチェック。

明日は子供達と積雪期の月山山麓を歩きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪の結晶を求めて

思うところあり、昨年末から雪の結晶レプリカを作るべく、材料・道具を買いそろえていた。

寒波が来る連休。
条件はそろいそうだ。

風が強いと雪の結晶の枝が折れてしまうらしい。
気温が低く、風が弱い深夜、奥羽山脈某所を目指して車を走らせる。

気温マイナス7度。
上下に防寒着を着込み、使う道具、材料も車外に放置して冷やす。

まだ夜明け前の4時、作業開始。
アクリル樹脂を溶かしたレプリカ液を樹脂シートに垂らし、ルーペ型メガネをかけ、よく成長した結晶体を選んでレプリカ液に浸す。

ところが・・・・

P1

P2
レプリカ液を樹脂シートにたらすと、あっという間に白濁して固結する。
レプリカ液の濃度が濃すぎたらしい。

レプリカ液調合の際、1g単位で計れる計量器が無く、
Ri
所定よりも多めにアクリル樹脂を溶かしたのが敗因だった。

P3_2
予備として、紫外線で硬化する特殊な接着剤も試したが、寒冷下では接着液の粘性が高く、使い物にならない。雪の結晶を一つ投入してみたが、硬化の際に熱を発するためか収縮するためか、硬化後には結晶が消え去っている。

レプリカ液の調合からやり直し。
今回は失敗の記録でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧