ナゴランを育てよう

Nago 土曜、名護青少年の家主催『ナゴランを育てよう』に参加。 少しでも沖縄の自然を知りたい。
一昨年に名護岳に登った際、その存在を知ったナゴラン。その講習、着生の実習も行うというので参加してみた。

P1
ナゴラン。花の時期はまだなので写真で勘弁くだされ。
その名前は、18世紀に名護市の名護岳で発見されたことに由来する。
しかし可憐な花形と特有の芳香から乱獲にあい、さらに太平洋戦争の戦火により沖縄県内の自生地ではほぼ絶滅したとされている。
絶滅危惧種1A類とは、「ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いもの」を意味する。

P2
本日の講師は沖縄県立北部農林高校・園芸工学科の金城先生、そして同校の女子高生6名がアシスタントとして講師を務めた。
北部農林高校ではナゴランはじめ様々なランの培養・栽培を研究している。

本日の参加者は約10名。
ラン栽培とあって、知識も経験もプロ級の方が幾人かおられました。
ナゴラン栽培の概略説明のあと、「着生」実習の説明。

P4
金城先生が「着生」のお手本を示してくれます。
「着生」とはナゴランの根を他の樹木の枝に縛り付け、定着させること。

あくまでもお手本として細い観葉植物の幹を使ってます。
ポットで栽培したナゴラン、根についたミズゴケをとり、麻縄で縛り付けます。

P5
ティーバッグに油かす(肥料)を入れ、これもナゴランの上に縛り付けます。雨天時に雨水で養分がナゴランに流れる仕組みです。
画像は準備してくれている北部農林高校の生徒さん達。

ひととおり説明をうけたところで、参加者に用具、そしてナゴランの苗が2つ渡されます。
P6

P7
まずは慎重にポットからナゴランを抜き出し、根を傷めないようにそーっとそーっとミズゴケを取り払います。

Imgp2740
準備OK。用具を持って、青少年の家駐車場の立ち木に皆で移動。

このナゴラン講習は名護青少年の家主催行事として10年以上続けられており、今までの観察結果からもっとも開花率の良い立ち木を選びました。金城先生によればリュウキュウコクタン(クロキ)が適当とのこと。
P9
昨年、一昨年に着生されたナゴラン。しっかり根が枝に張り付いています。

P10
参加者には盗難防止用メッセージボードも渡され、私もボードと一緒にナゴランを着生させました。

P12_3
苗2本目はこんな感じで。

P11
あまり直射日光のあたらない場所をえらび、みなさん思い思いの場所にナゴランを着生させます。

 講義の中で、「ナゴランは着生した樹木から養分をとっているわけではなく、ただくっついているだけ」という説明がありました。
 あれ? じゃあナゴランはどうやって養分を調達しているんだろう?
 そばにいた金城先生に質問してみると、「ナゴランの根は空気中の水分を吸収して、そこから光合成などで養分を調達するんです。だから育ちにくいんですよ」という答えをいただいた。

 ランには2種類ある。
 地面に根を張って生きる「地生ラン」と、樹木や岩に根を張り生きる「着生ラン」だ。
 ナゴランはじめ着生ランの種子は他の植物と異なり、種子内に成長するための養分を含んでいない。
 それが、いったん自生地が失われると復活も困難で絶滅に瀕している一因ともいわれる。
 今回会場にデモンストレーションとしてもちこまれたランの苗も、フラスコの中で、栄養分が含まれたゼリーの上で「培養」された苗たちだ。

 荒々しい大自然の中でしぶとく生き残る「雑草」もあれば、なんとデリケートな植物もあるのだろう。

P13
 代々、名護青少年の家でナゴランを着生させている木。
 画像の女の子達は講師アシスタントを務めていた北部農林高校の二年生達。今日はお世話になりました。

 ナゴランはここ名護市の名護小学校、名護中学校の校章や校歌にも使われている。
 いつかナゴランが復活しますように。

 行事解散後、徒歩でウィークリーマンションに戻る。

Img_1827
帰る途中、名護岳の麓から名護市を見下ろす。
気温10度、山形では初春の気温だが、沖縄ではとても寒い日になる。他の参加者の方はダウンジャケット姿だった。
厚い雲間から海に光が差し込んでいる。
「あー、しばらくこの街で暮らすんだなあ」と街並みを眺める。

本日の行事、お土産として参加者には貴重なナゴランの苗が配られた。
探偵ネロ・ウルフみたいに、マンションの一室でラン栽培してみようか。

なんぐすく桜見ウォーク

1月、名護市は桜まつりのシーズン。
この桜まつりと併せて開催される、沖縄県立名護青少年の家主催事業「なんぐすく桜見ウォーク」に参加。
「なんぐすく」とは、「名護城」のことである。

 申し込み時にはあえて滞在中のウィークリーマンションの住所で申し込んでいた。
 開会式の青少年の家所長挨拶で「県外からいらした方」と聞かれてうっかり挙手し、なりゆきで「山形県から来ました」と参加者全員の前で告白することになる。ここ沖縄では、もう山形と聞いただけで「気温マイナスですよね」と極寒の地というイメージがあるらしい。
 参加者の女性が「友人が天童にいるんです」と話しかけてくれ、大雪の天童の画像をスマホで見せてくれた。
 すみません、私沖縄に来てるんで今年あんまり雪かきしてないんです・・・

 なんぐすく桜見ウォークは、名護城跡の山中を植物観察しながら、中腹にある名護青少年の家まで歩くというプログラムである。
 参加者は当日飛び入り参加も可能で、1歳児から70代の高齢者まで様々な方々が気軽に参加しています。
 植物の解説は、琉球新報のコラムにも寄稿されている幸地光男先生が担当くださいました。

Imgp2692
 朝の雨に濡れた名護城公園の寒緋桜。
 本日は小雨交じりのあいにくの天気ながら、皆さん元気に歩き始める。

P7
 歩き出しは長い石段

P8
 沖縄のホトトギスは鮮やかな色彩。

P9
 名護市街を背景に、「アリアケカズラ」

P10_2
 ナンキンハゼ。沖縄では紅葉する植物がないため、学習用に持ち込まれ学校に植えられているという。

P14
 パパイアの雄花。実はならない。

P15
 ところどころ車道に出るところで伴走車が飲み物を用意してくれてました。

P16
 エゴノキの花が見事に地面にちりばめられてました。

P17
 沖縄では1月に桜、寒緋桜(カンヒザクラ)のシーズンを迎える。
 気温10~15℃以下の日が続いて開花するという、本土のソメイヨシノとはまた異なる習性をもつ。
 公園入口ではまだ2分咲き程度でしたが、高度があがるにつれ、開花した桜も多くみられます。

P18
 本土の人にもおなじみ、シークァーサー。まだ小さい花でした。

P23
フカノキ。この木の花からは「苦甘い」ハチミツをとるために利用されているそうです。

P19
「ギーマ」の花。小さい黒い実がたくさん付いていました。

P20_2
ギーマの実、中高年の女性の方たちが懐かしそうにつまんで口にしていました。昔の子供のおやつのようです。私も口にしてみましたが、ほんのり甘い実でした。

P21
約2時間かけて3kmほど歩き、名護青少年の家に到着。

Imgp2697
温かいぜんざいが参加者にふるまわれました。
大きな豆と押し麦の入ったぜんざい。山形から来た私には沖縄風のぜんざいです。

Imgp2698
沖縄県立名護青少年の家、全景。

開催前には歩くコースのゴミ拾いをしてくださった名護高校の男女バスケ部の皆さま、行事に際して様々な準備をしていただいた沖縄県立名護青少年の家スタッフの皆さまには深く感謝申し上げます。

なんぐすく桜見ウォークの様子です。雪国の皆さま、動画で疑似体験をどうぞ。

お別れ

Img_1603
荒れた天候の中、寒河江市の斎場に向かう。

山形県自然博物園、月山朝日ガイド協会でお世話になった工藤隆弥氏が逝去。享年75歳。

会社を早退させてもらい、告別式に参列。
工藤氏は、私にとって山形県自然博物園ブナ林ガイドの師であり、子供達を自然にいざなうガイディングの師でもある。

Kudo1
子供達をブナ林に案内中の、在りし日の工藤氏(最奥のベージュ色の帽子)
(2014年6月、山形県朝日少年自然の家行事にて撮影)

もう10年以上前。
右も左もわからぬまま、御縁があって山形県自然博物園のブナ林ボランティアガイドの機会を得た私。
初めは工藤さん率いるブナ林ガイドツアーについていって、知識だけではなく、その温かい人柄に魅了された。

植物など何もわからない私。
博物園では「あれってなんですか?」 「途中で青い実があったんですけど何なんですか?」と、質問攻めの日々だった。

そんな私に工藤さんは、~たしかあれはトチの木の花だったと記憶している~
「大滝くん、建物(博物園)の前、外にいって、みてきてごらん。」
と、実物を自分の目で確かめることの大切さを、それとなく教えてくれた。

あるシーズン、登山ツアーが盛りになる直前。
月山・姥ヶ岳の稜線を歩いていると、工藤さんと偶然出会った。
工藤さんは稜線に咲いている花、植物の様子を手帳に記録していた。
あれほど豊富な知識の陰には、地道な努力があることを教えられた。

斎場に入り、祭壇の遺影をみて 「ああ、もう2度と会えないんだ」と実感する。
月山朝日ガイド協会事務局・横山さんの弔辞を聴き、不覚にも涙がにじむ。

「漢とは、涙ではなく汗を流すもの」のはずだったのだが。 (←三国志のパクリです)

告別式が終わり、月山ガイドの方々と挨拶を交わし、会場を後にする。
激しい風雪の中、


Thomas Bergersen の『 Always Mine 』を車中に流しながら、工藤さんとブナ林を歩いた思い出を反芻する。

暖冬とはいえ月山にはこれから厳しい冬、そして春が来る。
また子供達とブナ林を歩けるよう、私も前をむかなければならない。

ブナ雪原探検隊 2016 2日目

2日目、9時半に月山山麓・志津の清水屋旅館裏からブナ雪原探検は始まる。

引率は私のブナ林ガイドの師である、月山朝日ガイド協会事務局の横山さん。

P1_2
志津集落に接する、凍結した五色沼からスタート。
 
P3_2
積雪で折れ、再び成長してねじ曲がったブナも、子供達には良いベンチ。

P4
本日は薄曇りながら高温、雪はグサグサに重い雪。

P5_3
子供達も疲れてきた頃、目標の一本ブナに到着。

P6
駆け抜けていったばかりのリスの足跡。

リスの足跡をたどると、目前の木にいるらしい。
100m彼方に誰かがリスの姿を見つけた。
小さいリスの姿が、木から木へ、そして雪原を走り去っていく。
その姿に、「疲れたー」とか言っている子供達も電池を入れ替えたように活き活きとなり、大興奮。
さらに目の前の木、頭上に一匹のリスを確認。
我々人間に囲まれているためだろうか、何度も姿を現して他の木に移りたい様子。
その様子に子供達もまたまた大興奮。

ブナ林の説明、木々と環境のお話よりも、一匹の野生動物の姿に子供達はあっというまに引きつけられる。

P7
休憩中の一コマ。
初日に途中参加した6年生の女の子が他の3人組から離れ気味だったので、心配して様子を伺っていたのだが。
補食(行動食・配布されるお菓子のこと)をめぐって、

小6 「私キットカット食べたいんだけどなあ」
小4 「じゃあ私のあげる」
小6 「え、いいの?」
小4 「私カントリーマアムの方が好き」
小6 「じゃこれあげる」

お菓子がコミュニケーションのツールになっている。

一本ブナからさらに登ったところで昼食。
昼食を済ませ、職員の増川さん、神保さん、私の3人で、雪面をひたすら掘る。
3mのゾンデでは地面に届かなかった。

P9_2
2.5mまで掘ってみたが、下はもうカチカチの堅雪で携帯用スコップでは厳しくなったところで終了。
さらにゾンデを刺してみると、積雪4.5mほど。
子供達は喜んで雪の縦穴に入る。

 P12
下山途上、BCスキーヤーを運ぶキャットのコースを行く。
そこから湯殿山、姥ヶ岳、月山が明瞭に見えた。
冬季はこんなに眺められることはそう無い。

 このキャットのキャタピラ跡を利用して、子供達はあらかじめ配られた大型ビニール袋をソリ代わりにして滑っていく。
 見ていると、興奮の子供達以上に、一緒に参加されたお父さん・お母さんの方が大興奮して滑り降りて行く。
 各要所要所に立って交通整理をするのが、私たちサポーターと職員の皆さんの役割。

 こうして無事、旅館の清水屋さんのところに戻り、プログラムは終了。

 このブナ雪原探検隊で、1年のプログラムは終わる。
 来シーズンから、山形県朝日少年自然の家は指定管理者制度による管理・運営が始まる。
 一つの時代の終わりでもあり、始まりでもある。
 過去10年以上にわたり、お世話になった方々には感謝してもしきれない程の体験・経験をさせていただいた。
 来季からの関わり方はまだ思案中だけれども、また私は子供達と自然を通じて活動できる場を求めることになるだろう。

ブナ雪原探検隊 2016 1日目

山形県朝日少年自然の家『ブナ雪原探検隊』にスタッフ参加。

 一泊二日の日程で、スノーシュー履いて子供達を月山山麓のブナ林に連れ出す企画。
 例年だと初日は自然の家施設前で「雪灯籠作り」を楽しむのだが・・・

 雪 が 無 い !
  
P1
 わずかな雪をつなげて、なんとかスノーシューを履く練習、そして慣れるための散策。

P2
 今回参加した子供は8名と少ないのだが、好奇心いっぱいの子が集まって飽きずに散策を楽しむ。

P3
 雪が無いため「雪灯籠作り」に代わり、今年はアイス作りを実施。
 気温は10度超。
 こんな高温でアイス作りの経験はなかったが、塩を混ぜた雪はガッチリ冷えてくれました。
 画像は職員の増川さんから作り方を聞く子供達。
 調理器具の使い方になると、女の子の顔が輝きますなあ。

P5
 うまくシャーベット状にできました。

 夕食後は残雪期のブナ林のスライドショー、それから明日に向けてのパッキング。
 一組、お父さんが一緒に参加されている子供さんがいたので、宿泊部屋を訪れ、子供達のパッキングの確認、それから参加されているお父さんに色々話しを伺う。

 前線が近づいているけど、明日は晴れてくれ~

三度目の正直

エコプロ主催の湯殿山ツアーに助っ人ガイドで参加。

「湯殿山 登山」というキーワード検索で当ブログを訪問される方がおられますが、出羽三山の一つ湯殿山は登山道がありません。そのため、一般の方でも登頂できるのは天候も比較的穏やかな残雪期に限定されます。

エコプロのプログラムの中でも即定員満杯になる人気ツアーが、春の時期の湯殿山。
参加者が多くなったため、全参加者を3班に分け、私は第3班を担当。

しかし2007年2013年と過去2回、私がサブガイドで参加したツアーはいずれも悪天候で頂上には立てなかった。
今年の催行日は、東西の前線に挟まれた高気圧がなんとか東北地方を覆いそうだ。

Yudo2015
三度目のガイド山行にして、ようやく湯殿山山頂に到達。
山頂で憩う参加者の皆さん。

石跳川の彼方に見える姥ヶ岳西面を
「右手に月山みえますね~」と言ったり、

急斜面を登り切り、湯殿山南東稜の頂上稜線に到達したところで
「皆さんお疲れ様です~」と口走ったため、すっかり安心しきった皆さんにダラダラ続く頂上までの稜線歩きをさせたりと、

超ウルトラスーパー失言が続き、参加者の皆様にはホント申し訳ございません・・・
今回「も」、好天に助けられたガイド山行。

山形県自然博物園に下山、クールダウンの体操を終えて解散。
「大滝さんですか?」
と参加者の方から話しかけられる。
よくよく聞けば、私がガイド駆け出しの頃、蔵王山行をご一緒した方だったのだ。
過去、幾度も当ブログで書いているように私は「目立たない」「人気ない」「存在感無い」の三無いガイドなのだが。
声をかけていただいた事もさることながら、登山を続けていただいている事がとても嬉しい。

参加者全員お帰りになるのを、エコプロの眞鍋さんと一緒に見送ってから、月山を離れる。
カミさんと子ども達が所用で外出した、静かな自宅に帰宅。
帰路セブンで買ったアイスコーヒーを飲み、ジプシーキングスの『インスピレーション』を聴きながら一人反省会、洗濯と山道具の片付け物。

子供達とブナの森へ 2015

3月5日、6日と石巻で現場仕事。
7日午前は会社で工事機材の整理をし、いったん自宅に戻り昼食休憩後、山形県朝日少年自然の家に移動。
7日午後からの『ブナ雪原探検隊』 プログラムにサポーターとして参加。
約20名の子供・保護者の参加者と共に、一泊二日で月山山麓のブナ林を巡るプログラム。

Imgp1879
1日目、自然の家でスノーシューの履き方、歩き方の事前講習。

Imgp1880
自然の家敷地内の雪原に出てしまえば、子供達は奔放に走り回る。

Imgp1882
夕食前に子供達が造った雪灯籠。

自然の家に一泊。
翌朝はどんよりとした曇り空だったが、

Imgp1884
バスで月山に着いてみれば、年に何回あるのかという晴天。
志津集落から望む、くっきり見える湯殿山。

Imgp1885
志津・積雪で埋もれた五色沼の水上を行く子供達。

Imgp1887
引率は月山朝日ガイド協会事務局長の横山さん。
横山さんの手にするウサギの糞に、こわごわ眺める子供達。臭くないんだよ~

Imgp1890
急斜面があれば、そこが子供達の遊び場だ。

Imgp1891
飛び降りる。
ただそれだけの行為がとてつもなく楽しい年頃。

暑いくらいの晴天の下、最初は「疲れた」「いつ休むの」「早くお昼にして」とつぶやいていた子供達。
あらかじめ配られていた農業用肥料袋を使い、月山BCスキーのキャットが登るコースを滑り降り、志津集落に戻った時には
「もう滑れないのー」の大合唱。皆さん楽しんでくれて何よりでした。

 時期は3月。
 現場作業員の私をのぞき、教職員や公務員がほとんどであるボランティアスタッフや自然の家スタッフの皆さんが集まると話題になるのが「人事異動」。
 もう今までも何度も経験はしていますが、春はお別れの季節ですね。

ブナの森へ

山形県朝日少年自然の家『ブナの森探検隊』にサポーターとして参加。
一泊二日の日程ながら、都合により二日目のみ参加、ブナ林を子供達と歩く。

Imgp1411
あいにくの雨で野外キャンプの予定は変更、参加者の皆さんは体育館内にて幕営したとのこと。
自然の家から山形県自然博物園に移動。
本日は運良く、私のブナ林ガイド時代の師匠、工藤さんの引率。

Imgp1397
ブナの若芽、「ブナもやし」がたくさん。
発芽したばかりの芽を子供達と口にしてみる。
キャベツの芯のような味。

Imgp1398
アカゲラの羽かな?

Imgp1413
園内はまだまだ残雪がいっぱい。

Imgp1414
みんなでタムシバの枝の香りを嗅いでみる。

Imgp1417
ヤマナメクジ、これは小さい方です。

Imgp1418
ホオノキの花の香りを嗅いでみる。
五感を活用して春の月山を子供達に感じてもらいます。

Imgp1421
ブナ林広場にて。
ブナ樹幹のコケ(チャボスズゴケ)の位置から、積雪量を実感してもらいます。

Imgp1427
子供達もおなかを空かせた頃、博物園に帰着。
下りてくると、エゾハルゼミの声が賑やかです。

Imgp1430
6月の月山中腹、盛りを過ぎましたがミネザクラが迎えてくれました。

山の幸

山の帰り、川魚専門店に立ち寄る。

Imgp1145
山形県尾花沢市 森山養魚場

なんといっても目を引くのが、
Imgp1144
店頭にならぶ、ウグイの焼き干し。

Imgp1142
一串に3尾のウグイ。これで一串150円。
川魚らしく苦みが強い、お子ちゃまよりも大人向けの味。
この日はメインのウグイから揚げじゃなくて、実家の婆が好きな鯉の甘煮を買っていきました。
どちらかというと、「岩三郎」ブランドでの鯉の甘煮が知られているようです。

さて、この日の山行では、今年豊作といわれるブナの実がとても目に付いたので、
Imgp1141
ブナの実を採取。

ブナの実は生食もできますが、今回はブナの実ローストして、おつまみに。
殻ごと炒って、食べる時に皮をむく方が多いようです。
私はナッツ感覚で食べてみたいので、
Imgp1147
NHK Eテレ『NHK音楽祭2013 ワーグナー ガラ・コンサート』でワーグナーを聴きながら、ひたすら皮を剥く作業。
皮を剥きながら、虫食いの実をはじいていく。
農家育ちの割に、管理栄養士なもんで得体の知れない食べ物には保守的なカミさん、「これ喰えるの?」
胡桃が大好きな娘は興味津々で、面白がって一粒を生食、ヒマなので皮むき手伝ってくれた。
「トリスタンとイゾルデ」の“前奏曲と愛の死”が終わる頃、ようやく皮むき完了。

Imgp1148
フライパンで炒ると、プチプチと可愛い音とともに、はじけて薄皮が破れてくる。
焦げないうちに火から下ろし、ほんの少し塩をふる。
お味は、クセの無い、ほんのり甘い味。
胡桃大好きな娘は、「味薄い。」 おいおい、お前は市販おつまみの胡桃の食い過ぎだっつーの。

ワーグナーを聴きながら、山の幸を堪能する秋の夜。

北へ。(第3日め)

小樽・ニセコ研修旅行も最終日。

ビジホで皆がパイキングの朝食をとっている頃。
私は1人、ローソンのサンドイッチを食べながら、始発の新千歳空港行き電車に乗り込んでいた。

一カ所でも多く北海道の自然を見てみたい。
空港集合は13時、普通に札幌を発てば空港で買い物するくらいしか時間が無い。
当初はレンタカーを借りて札幌近郊の山に行くことを狙ったが、予想以上に積雪が多いこととレンタカー返却を考えるとスケジュールに無理がある。

目的地を山から、以前から行きたいと思っていたウトナイ湖に変更。ラムサール条約登録湿地となった湖である。こんなこともあろうかと、今回の荷物にはビノキュラーも忍ばせておいた。
ホテルで朝食をとらず、始発電車で移動をかける。
新千歳空港でバスに乗り換え、バス停「ウトナイ湖」で下車。

Imgp0812m
道の駅「ウトナイ湖」から岸辺にアプローチできる。

樹脂板で固められた歩道を進むと、かなり痛んだ木道が続く。
このまま日本野鳥の会のウトナイ湖サンクチュアリに行くことを考えたが、途中で木道工事中だった。
春の観光シーズンを迎え、かなり急いでいるのだろう。
土曜日だというのに、現場作業員が木道の板を担いでまさに工事中。
引き返して、
Imgp0829m
環境省の「ウトナイ湖野生鳥獣保護センター」を訪問。
ここで野草や野鳥の情報を仕入れ、外へ。

Imgp0818m
春まだ浅い自然観察道。

Imgp0821m
色彩に乏しい林の中で、たった一種類だけ花を咲かせていたナニワズ(オニバシリ)。「ナニワズ」は長野方面の方言といわれるらしいが、ここウトナイ湖のセンター掲示板でも表記は「ナニワズ」。
小さい花で地面に這うように咲いてますが、林の中の良いアクセントでした。

Imgp0819m
今回見つけたフィールドサインは、エゾシカの足跡。
蹄の先端の三角形がしっかり残る。雄の成体で体重100kg前後になるらしい。そりゃ足跡も目立つくらい残るわけです。

Imgp0825m
毛皮のようなエゾノバッコヤナギ。

Imgp0822m
冷たい風が吹くものの、昨日までと変わって青空の下、林の中を歩く。

それから再び野生鳥獣保護センターへ。
Imgp0826m
備え付けの大型望遠鏡で、対岸のサギ、カモを観察。

以下、ウトナイ湖野生鳥獣保護センター掲示板からの書き写しです。
--------------------------------
自然観察歩道の自然状況 2013.4.11

植物 アキタブキ花(フキノトウ)、ハンノキ雄花、イヌコリヤナギ芽、エゾニワトコ芽、ナニワズ蕾~開花、フッキソウ蕾、キタコブシ冬芽、水芭蕉 芽

観察した生物
 ハシブトガラス、ハシボソガラス、エゾノバッコヤナギ、イヌコリヤナギ、キタコブシ、エゾニワトコ、ナニワズ、フッキソウ、エゾフユノハ、ナワラビ
--------------------------------

ここで2時間ほど過ごし、バスで新千歳空港へ移動、皆と合流。
それからお土産購入タイムを過ごし、仙台空港経由で山形へ戻る。
山形はもう桜も7分咲き。
今月は岡山→山形→広島→山形→埼玉→山形→北海道→山形。
生活圏内で、今年はいったい何回「冬と春」を繰り返し体験することになるのだろう。

明日はガイド山行。
帰宅し、少し疲れを感じながらもパッキング。
早朝の出発に備え、布団にもぐり込んだ。

より以前の記事一覧

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ