『 Walls Are Meant For Climbing 』 壁は登るためにある。

『 Walls Are Meant For Climbing 』
壁は登るためにある。

North

アメリカのノースフェイス社が打ち出した、新キャンペーンのフレーズです。
賢明なクライマーの皆様お察しのとおり、これはトランプ大統領の政策「アメリカ・メキシコ国境に壁を建設する」や、大統領選に伴う「国民の分断」に対する強烈なアンチテーゼになっています。

Not THAT Wall. In New Campaign, North Face Says, 'Climb On' by mediapost 2017.8.16

以下、かなりテキトーな訳で引用開始
----------------------------------------------

 Wall は、昨年においては「激しい対立」を示す名詞でした。
 ノースフェイスの新しいキャンペーンは、何よりも「クライミング」することを望んでいます。 新たなキャンペーンのフレーズ「壁は登るためにある」は、スポーツがもつエリート主義のイメージを払拭し、通っているジムで自由にクライミングすることを推進します。

(中略)

 クライミングジムに集う都市部の若者(訳注:原文ではMillennials 2000年前後に生まれた世代をさす)の間で人気が高まっているロッククライミングは、依然としてマイナーなアクティビティです。
 新たなキャンペーンは、人々が「信頼とコミュニティの構築について、そして壁を乗り越えること」の対話を始めることを意味する、と同社は発表した。
 「壁は私たちを分断することを意味するものではなく、私たちを結び付けるものです。壁はクライミングのためのものです。」

 人々の多くは同意していない。 最近の世論調査によれば、多くのアメリカ人は、トランプ大統領による「メキシコとアメリカを分断する壁の建設」計画を嫌っているものの、いまだに支持を得ている。 最近のワシントンポスト/ ABCニュースの世論調査では、有権者の67%が壁に反対し、37%が賛成している。

 カリフォルニア州アラメダに本拠を置くノースフェイス社の広報担当者は、「そのキャンペーンは単に一つの問題よりも大きい意味合いをもつ」とマーケティング・デイリー紙にコメントしている。
「 『 Walls Are Meant For Climbing 』は、ヨーロッパ、中国、メキシコ、カナダで展開するグローバルキャンペーンとなります。 私たちの目標は、アウトドア愛好家として、クライマーとして、人間性の素晴らしさを信じる者として、政治体制や一個人に左右されず、社会を築き上げることについて人々に考えてほしいのです。」

----------------------------------------------
以上引用おわり

この記事を掲載した Mediapost は、マーケティングや広告専門の話題に特化したメディアです。
CBSやNBC、ニューヨークタイムスと関係をもっているところから、政治的には中道から左派寄りのメディアでしょうね。
記事には続きがありまして、「屋外でのクライミングがアメリカではまだまだマイナーなアクティビティ」であることが具体的な数字と共に示されているのですが、そんなニッチな世界からも拒絶されているトランプ大統領の政策。

私個人としては「意識高い系」パタゴニア社ではなく、我が愛するノースフェイス社 (過去の海外登山ではNF社のウェア使ってました) が政治的・・・というよりも人道的なメッセージをキャンペーンフレーズに込めたところは歓迎したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形県朝日少年自然の家 チャレンジキャンプ Tシャツ アーカイブ

 私がお世話になっている山形県朝日少年自然の家では、毎夏、長期キャンプとして「チャレンジキャンプ」を開催しています。
 毎回、スタッフと子供達はオリジナルTシャツを着用します。
 ここでは2010年から2017年までのオリジナルTシャツを紹介します。
 デザインは昨年まで自然の家職員として勤めておられた服部裕一さん。

 2009年以前もオリジナルTシャツはあったと記憶しているのですが、私の場合「月山登山だけの参加でオリジナルTシャツを着用するのはおこがましい」と遠慮していましたが、登山講師をお願いされるようになって子供達との一体感を出すために2010年から毎年購入させていただきました。

Yamagata pref. Asahi Youth Outdoor education Center hold summer camp'Challenge Camp'. The 'Challenge Camp' is the popular event in summer every year. It's staff and children wear original t-shirts. It was designed by Yuichi Hattori. In this article, I introduce t-shirts from 2010 to 2017.

以下紹介

2010年
2010t_2

2011年
2011t

2012年
2012t

2013年(カメラが古いので色ムラありますが、現物は綺麗なグリーンです)
2013t

2014年(カメラが古いので色ムラありますが、現物は綺麗なイエローです)
2014t

2015年
2015t

2016年
2016t

2017年
2017t_2

山形県朝日少年自然の家では、随時サポーター(ボランティアスタッフ)を募集しています。
アウトドアの経験の有無などよりも、子供達と一緒に自然を楽しめる方に来ていただければと思っています。
詳細は山形県朝日少年自然の家にお問い合わせください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

River of No Return

8月6日、山形県朝日少年自然の家・夏季キャンプ「最上川イカダ下り」の手伝いに出動。

Imgp3188
あちこちにクルミが実る夏、今年も子供達のアシストに最上川へ。

Imgp3185
子供達手作りのイカダ。
川岸に運びスタンバイする作業から1日が始まる。

Imgp3187
諸注意を受け、ライフジャケットで水に浮く体験後に出発する子供達。

サポーターは数班に分かれ、私と職員Jさんペアは先回りして浅瀬でイカダを引っ張り・押し、進ませる役割。

Imgp3190
雨の少ない日々が続き、今年の最上川は水位が浅い。
時折現れる急流に「(イカダに)つかまれー!」と注意を促しながら見守る。

Imgp3194_2
途中の補給地点にて。
籠の中身はクーリッシュ(アイスクリーム)。

Imgp3195_2
彼方から流れてくるイカダ、子供達。

Imgp3197_2
子供達も上手く差し入れを受け取りました。

Imgp3198_2
昼食会場の設営、後片付け。

昼食会場の後片付け、それから人手が足りなくなったので急遽、昼食後に出発するイカダの手伝い。
今年は都合により、私の夏キャンプの手伝いはここまで。
ペアを組んでいた職員Jさんは午後の準備に奔走のため先に出発。
残った職員Tさんらに挨拶して私は退出。

なお、子供達は皆無事にゴールできました。
朝日少年自然の家・2017チャレンジキャンプに関わった職員の皆様、スタッフの皆様、サポーターの皆様、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大統領がアウトドアメーカーを手なずける日

 意識高い系パタゴニア社のこめかみをピクピクいわせ、LLビーン社を名指しで推奨し波紋を広げているドナルド・トランプ大統領。

 個人的に予想していましたが、トランプ大統領は貿易関税の緩和という形で、アメリカのアウトドア産業に貢献することとなりました。

Trump

Trump Announcement on Trade Saves Industry Millions by outdoorindustry.org 2017.6.29

以下引用開始
------------------------------------------

 トランプ大統領は本日、バックパック、ダッフルバッグ、その他旅行用品製造メーカーのコスト削減に貢献する声明を発表、アウトドア業界に大きな勝利をもたらしました。

 本日の声明は、特定の途上国で商品を調達することを促進する一般特恵関税制度(GSP)の拡大に関するものであり、 バックパック、カバン、旅行用品など幅広い製品を含み、現在はタイ、インドネシア、スリランカ、フィリピンなどが対象国となっている。

 OIAの政府担当副部長であるアレックス・ボイアン氏は、
「アウトドア産業協会(OIA)は、バックパック、スポーツ・旅行用バッグのすべてのGSP対象国に免税を拡大するというUSTR (訳者注:アメリカ合衆国通商代表部) の決定を賞賛する。」
「これらの製品は、アメリカ人がアウトドアを楽しむために必要な装備であり、多くのアウトドアメーカーにとって必要不可欠なビジネス部門です。4%から20%にわたる輸入税を撤廃することでコストを削減し、技術革新を促進し、アメリカ人の雇用を産み出すことに役立ちます。」

 OIAは、2015年にGSP新法、GSPの対象となるバックパックや旅行用品を適法とする法律制定を目指しましたが、オバマ政権は製品の適用範囲、GSP対象国を限られた国に限定しました。
 OIAは適用される対象国を拡大するため複数の請願書を提出したが、決定は後継のトランプ政権に委ねられた。
 本日の大統領の発表では、2017年7月1日土曜日の時点でGSP対象国から供給されていれば免税適用となる製品のリストが公開されています。

-------------------------------------------

 大統領選挙直前は、組織のバックアップに民主党議員を担ぎ出していたOIA、この記事のコメントではすっかりドナルド・トランプ大統領の方針を賞賛してますね。
 アウトドアギアに詳しい方ならピンとくると思いますが、インドネシア、フィリピンといえば有名アウトドアメーカーのバックパックなどの生産国。
 今回の輸入税撤廃によって、米国アウトドアメーカーのトランプ大統領に対する態度がどうなるものやら。

 私は興味があるので大統領選前から候補者2人のアウトドア業界に対する態度を傍観してきましたが、地球温暖化をはじめとする環境問題に関してはネタしかばらまいてなかったトランプ大統領。
 そんな大統領が、こうした政策を打ち出すあたりにアメリカのアウトドアメーカーの「存在感」を感じる記事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪解け水の彼方

日曜。
山形県朝日少年自然の家で来月予定されているカヌーイベントの下見に参加。

P1
月山山麓・寒河江ダムのダム湖にはカヌー競技場が整備されている。

P2
搭乗するカヌー。
筆者は大昔にファルトボートで最上川を下った経験があるだけ、最近は会社の仕事で水質調査のため、溜池でチョコチョコとカヌーに乗った程度の初心者同様。
今回の下見は、月山朝日ガイド協会でもお世話になっている細谷さんを講師に行われた。

P3_2
ダム湖をしばらく漕いで、月山の雪解け水が流入する沢筋に上陸。
来月の水温む頃、子供達を遊ばせる予定。

ネコヤナギだろうか。
みんなで砂州に立っていると雪のように綿毛が舞い降りてくる。

6月の水はまだ冷たい。
激しい温度差のためか、水につけていた手指が猛烈にかゆくなる。

P4
ダム湖にカヌーで浮かびながら、寒河江ダム名物「112mまで吹き上がる噴水」を皆で眺めました。

P5
子供たちが沈した場合に備えて、細谷さんから現場対応の方法をレクチャーしてもらう。

少年自然の家の女性職員Tさん、実は国体でも活躍したバリバリの競技カヌー選手。
ふだんのデスクワークの時と違って輝いて見えますな。。。

さて本番のときには安全確保して子供達を迎えられるよう頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

朴槿恵の首が飛び、登山用品店が儲かる

 日本のメディアでは反日反日と呼ばれて、私のような右寄りの人間にはその言動がワクワクな韓国の新大統領、ムン・ジェイン氏は登山好き。

 5月13日にはマークマン(韓国メディアにおける、大統領専属記者の通称)約60名を引き連れ、慰労を兼ねて北岳山にハイキング・・・・と、ここまでは中国の犬NHKや言論テロ組織朝日新聞もすでに報じているとおりです。

 当ブログの注目点は、ムン・ジェイン氏が以前から着用していた登山ウェアの人気が沸騰、メーカーが再販するという人気ぶりです。
 それだけにとどまらず、登山用品メーカーではムン・ジェイン氏の政策に合わせるように、非正規雇用者を正社員に昇格させるという動きにまで発展しています。

블랙야크가 '문재인 재킷'을 재출시한다 by ハフィントンポスト韓国版2017.5.17

To
専属記者たちと北岳山ハイキングを楽しむムン・ジェイン氏

Sum
日本のメディアは報じてませんが、この日青瓦台の食堂で記者たちと共にした昼食会のメニューはサムゲタンだったとか。

で、話題の大統領の登山ウェアですが、
Bg
韓国で話題沸騰のブラックヤク社「Bガーディアンジャケット」。
日本円で9800円の登山用ウインドブレーカー。
2012年前回の韓国大統領選挙活動当時から愛用していた事が知られ、

Mu3
奥様のキム・ジョンスク女史とおそろいで着用いしています。

 このBガーディアンジャケット、すでにブラックヤク社では廃版・製造終了していたウェアだったのですが、今回のムン・ジェイン氏当選にともなう話題化でブラックヤク社には問い合わせが殺到。
 5月17日、急遽ウェアの再販・3000着の限定販売を決定したものです。この再販に関して同社は「Bガーディアンジャケット」再販は利益向上のためのものではないとして、収益金の一割を重度障碍者の支援として寄付する予定。

 さらに同社のガン・テソン会長がムン・ジェイン氏の「政府機関の非正規雇用ゼロ運動」に合わせるように、ブラックヤク社の非正規雇用社員10名を正社員に昇格させることを公表。もっとも、この動きに関しては同社マーケティング責任者は「以前からの懸案事項で段階的移行を予定していたもの」としています。

Mun2
ムン・ジェイン氏はバリバリのクライマーというわけではありませんが、ネパールヒマラヤのトレッキングなども経験している登山愛好家。
上記画像は2004年2月、ネパールでトレッキングを楽しんでいるムン・ジェイン氏。このときは盧武鉉大統領(当時)の弾劾追訴の報を受け、行程半ばで急遽帰国したエピソードが韓国では知られています。
昨年6月に再度ネパールを訪問、トレッキングを楽しんでいます。
自身も「体力・健康管理の秘訣は登山」と言い切るムン・ジェイン氏。

新大統領の着用するウェアがここまで国民に支持されるってのは、韓国ならではの現象ですね。
日本では以前の国政選挙で、多くの大臣・元首相らが街頭演説で様々なアウトドアメーカーのウェアを着用していましたが、それで問い合わせが殺到したとか爆発的に売れたとか聞いたことありませんし、プーチン大統領がカナダグースの防寒ジャケットを愛用しているからといってロシア国内で売り上げ上昇なんて聞いたこともありません。

韓国大統領といえば

任期始め「日本とは未来志向で」 → 支持率低下 → 任期後半「反日!反日!」

という流れがお約束ですが、せっかく再販されたジャケット、近い将来、韓国国民のデモ隊に引き裂かれることのないよう願いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケアンズお役立ち情報

:ケアンズ市内でのアウトドア用品店

Kathmandu Cairns
所在地 51 Lake St, Cairns City QLD 4870
C2
ニュージーランドのアウトドアブランド「カトマンズ」のケアンズ支店。
置いてあるのは当然、「カトマンズ」ブランドのみ。
クライミング用品はないが、靴・ザック・ウェアからトレッキング用品ならそろっている。
営業時間は曜日によって違うので、こちらのサイトを参照のこと。

Adventure Equipment
所在地 133 Grafton St, Cairns City QLD 4870
C4
ケアンズ市内にある総合アウトドア用品店。
カヌー、乗馬、クライミング、トレッキング、キャンプ用品と様々なジャンルの製品が置いてある。
ザックはオスプレーが多い。
営業時間は月~金が9:00~17:30、土は9:00~15:00、日は休み。

利用したレンタカー
 ケアンズは観光地なので様々な業者が存在するが、筆者が利用したのはEast Coast Car Rentals
 選んだ理由は安いこと、そして何より7:00~22:00という、他の有名業者にはない営業時間の幅広さ。
 予約は英語でウェブサイトから行った。
 自分だけかと思ったら、今回の社員研修の参加者の多くがここを利用してました(笑)
 貧乏な筆者はマニュアルのコンパクトカーを二日間、保険・各種手数料込々で95.12ドル(日本円で約7700円)ですませた。
 ウェブ予約ではトヨタのコンパクトカーのはずが、
C3
 当日の朝は大韓民国製ヒュンダイさん、こんにちわ。
 オプションのカーナビはつけない。スマホのグーグル先生が大活躍でした。
 オーストラリアの車道はラウンドアバウト(円形の交差点)が非常に多いため、スマホのグーグルなり、カーナビ機能は利用したほうが吉。

 食料・生活用品
 ケアンズ市内の大型スーパー、Woolworthsは強力な味方。
 行動食から水まで、ここで調達。
 オーストラリアは物価が高い。ちょっとした店で一食喰うだけでもすぐ1000円2000円が飛ぶ。
 わたしゃここでピザとコーヒー買って宿の部屋で喰って食費は安く済ませました。
 入口は2つあり、小さい方の出入り口の隣に酒屋があります。(スーパーでは酒は売ってません)

 宿
 今回の社員研修で近▲日▲ツーリスト社が手配し、私達が滞在したのが、The Hotel Cairns

Hc
 日本語の通じるスタッフはいないが、
 宿泊者はホテル敷地内にレンタカー駐車可能(無料)。
 トレッキングなどの汗をかくアクティビティを行う者にとってありがたいのが、ホテル内にコインランドリーがあること(当然今回私も使いました)
 洗濯機5ドル、乾燥機4ドル、洗剤2ドル。使用には1ドルコインが必要。フロントで両替してくれる。
 上記のスーパーWoolworthsまで徒歩10分、また同じくらいの距離にレンタカー各社が集中しているので便利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

段ボールピザ奮戦記

山口から戻った翌日、山形県朝日少年自然の家の恒例行事『段ボールでピザを焼こう』にサポーターとして出動。

段ボール窯でピザを焼く毎春恒例行事。
今年は参加者がふくれあがり、100名超え。
サポーター(ボランティアスタッフ)も少なく、私も一人で三つの班を担当。

基本的に親子連れの参加者で、ピザ生地作りなどはお母さんが腕をふるってくれて見守るこちらも比較的楽なのだが、段ボールピザ窯の作成は皆さん手間取る。
一人で三つの班を、様子をみながら巡回する。ふー。

Img_2035
今年も皆さんが練った生地を日光の下で寝かせます。

Img_2043
約100名、32組の親子で参加の皆さんがピザのトッピングに奮闘中。
見守り・指導のスタッフも奮闘中。

Img_2045
ずらりと並ぶ段ボールピザ窯。
焼け具合をみようかな~と敷いてあるパレットに足を乗せた瞬間、ほんの数センチでしたが段差があったのでしょう、パレットがぐらつき、ピザ窯の中でピザが炭火の中に転がり落ちてしまいました(!)

あーやべえっ!
2015年の時の悲劇が頭をよぎる。
所長の指示を受け、代替のピザを手配すべく厨房に走る。
2015年の時に経験した、参加者の「手作りへの熱い想い」が頭にあったので、厨房で伸ばした生地、トッピング材料を受け取り、ひっくりかえったピザを作ったご家族のところに走り、材料を差し出してもう一度作ってもらうようお願いし、なんとか快く受け取っていただいた。ふー。

Img_2046
画像は本部スタッフ用に焼かれたピザ

本日はスタッフ用に焼かれたピザ2切れを口にしただけで、あとはひたすら釜の近くで焼け具合の指導と見張り。
個人的にはいくつかのリピーターのご家族がいらっしゃっていたので、サポーター(ボランティアスタッフ)としても嬉しい限りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポーゴパック ~軍事開発とアウトドア用品の間~

 最近は登山装備もだいぶ軽くなりましたよね。

 でもテント泊なんかでザックの重量に悩まされている方もいますでしょうか。

 アリゾナ州立大学のヒューマン・マシン・インテグレーション研究所の研究者、トーマス・シュガー氏が、人体に与えるザック加重の負担を軽減すべく、サスペンション付きのザック『Pogo pack』ポーゴパックを開発研究、試作段階に入っています。

Pogo pack: ASU innovator creates wearable, trail tech — and we put it to the test by アリゾナ州立大学 2017.4.17

Pogo2
人体への加重を軽減するため組み込まれたサスペンションシステム。

どんな動きをするか、デモ動画をぜひご覧下さい↓


Pogo Pack test on Peralta Trail - Superstition Mountains, Arizona from ASU Now on Vimeo.

Pogo4
パックはsea to summit 、ショルダーベルトはアメリカ軍用パックの製品を流用した試作品、フィールドテストが重ねられています。

このポーゴパック、サスペンション駆動のためリチウムイオンバッテリーとモーターが使われています。
動画をご覧頂くとおわかりのように、山道を歩いた時の人体の上下動に併せてパックが揺れ、加重軽減を果たしています。

試作品、いくつかの短所があります。
山道を歩いているとモーター駆動の音が「野生動物が怒った声」として周囲に聞こえてしまう。
歩行中に立ち止まったりすると、パックの動きが止まらず体が振られてしまう。
などなど。

さてこのポーゴパック。

もともとは軍用品として、30~50kgのザックを背負う兵士の負担軽減のために開発されたものです。
しかし製作コストが増大したこと、ザック本体の重さが5kgを超えてしまい、アメリカ軍が興味を失ってしまったとのこと。「新兵のシゴキには使えそーだな」とジョークを言われたとか。

このアリゾナ大学のトーマス・シュガー氏、他に開発中の製品として、
009
時速24km(フルマラソン2時間切れる)の速さで走れるロボットスーツ

Sp_2
スパイダーマンみたいに、どこでも登れるロボットスーツ

その他(以下省略)、様々なロボットスーツを開発中だとか。
いやもうロバート・A・ハインライン『宇宙の戦士』のパワードスーツの世界ですね。

 ここで注目されたいのは、いつかはアウトドアの世界に還元されるであろう技術・製品が、軍事用として研究が進められていることです。
 上記アリゾナ州立大学の記事でも、軍民転換の一例として、第二次世界大戦後、軍の余剰物資のイカダの存在がホワイトウォーター・ラフティングの隆盛につながったことが挙げられています。

 先日、日本学術会議が「軍学共同反対」の声明を出しました。
 私個人の意見としては、国家から運営費、国民から学費を得て成り立っている大学が国家の安全保障・平和維持に全く関与せずという姿勢を示すことに違和感を持たざるを得ません。

 私自身が仕事関係で直接伺った話として、ベトナム戦争当時、日本の某大学農学部にアメリカ政府関係者が頻繁に接触を求めてきたという話を聞いていますし(ベトナム戦争、アメリカ軍、農学部といえば何を意味するか、歴史を知る方ならピンとくると思います)、学術研究の成果が大量破壊兵器の開発につながった歴史はもちろん忘れてはならないことです。

 その一方、アメリカで軍用品として開発されたテクノロジー、製品が、やがて民間品としてアウトドア愛好家の手に渡るという現実は、「平和国家」日本の住民として知るべきでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハブの話

 守秘義務もあり詳細を述べる訳にはいかないのですが、業務のため2か月以上にわたり「やんばるの森」に通っていました。
 3月に入り気温も上がったからでしょうか、遭遇回数が頻繁になったのが「ハブ」。
 今回私は3回ほど遭遇することになりました。

 沖縄の山を登る方もおられるかと思いますので、ハブの話題を少し。

Rimg3999
2回目に遭遇したハブ(ヒメハブ)。
前を歩いていた仕事仲間O君が全くハブに気づかないまま頭を踏みつけてしまい、半分死んだ状態になっていたところに後ろから歩いてきた私が遭遇W

 業務上、血清までは持ち歩きませんでしたが、ハブ毒のポイズンリムーバーは携帯を義務付けられました。

Img_1944
名護市のホームセンターで購入したポイズンリムーバー。これで4000円近くします。

内容は、
Img_1945
毒の吸出し器、吸出し器口元のアタッチメント各種、毛深い人のための安全カミソリ、アルコール消毒ペーパー、虫刺され薬ペーパー、カットバンが入ってます。

H1
3回目に遭遇したハブ。大型で体長1m以上はありそう。

 季節が早かったせいでしょうか、攻撃的といわれる割には遭遇したハブはいずれも動きは鈍く、遭遇場所は沢筋で2回、3回目は乾燥した山頂部と環境もバラバラでした。

山と渓谷社刊『沖縄県の山』にも2ページを割いてハブを取り上げていますが、必要以上におそれず、ただし油断はしない (どこにでも生息すると思ったほうがいい) ことが肝要のようです。
 沖縄の山を登るには、とにかく肌を露出した服装は避けたほうがいいと思います。

 ハブに対して殺傷能力のあるスプレーも販売されています。(1本3000円くらい) 沖縄の山域に入る方で心配な方は購入をおすすめします。
 私が住んでいた名護市内ではホームセンターではみあたらず、JAの資材店で販売されていました。農業用品を扱う店で取り扱っているようです。

 これからの季節、やんばるの森に入られる方、どうぞご注意を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧