ウルドゥー語の夜 第15夜 最後の授業

3月1日から2週間にわたり、福島県某所にて出張生活。

火曜の夜は、ビジネスホテルの部屋で東京外国語大学のウルドゥー語の授業を受ける。

P4_20210312214701

3月9日、第15回目、最後の授業。

アーミル先生からは、授業を通じてウルドゥー語の何が難しかったか、一人一人質問を受ける。

授業は英語で進められているので、受講生の回答ももちろん英語。

私は単語を繋げてw ウルドゥーアルファベットの頭字、中字、尾字で文字が変化するのが難しいと答えた。

他の受講生の方も同様に答える方がおり、最後の授業はまたまたウルドゥーアルファベットの繋がりによる字形変化、発音のレッスンで締めくくられる。

授業のシラバスでも「文字を取り上げるとそれだけで授業が終わってしまうので自習が望ましい」ことになっていたのだが、やはりアラビア文字のハードルは高かった。

普通の会話練習をやってほしいというリクエストも多かったようだ。

東京外国語大学のウルドゥー語科の学生は文字の習得に一年をかけると聞く。やはり3ヶ月の講座では、講座のみでは限界があろう。

わずか3ヶ月とはいえ、ウェブの画面上とはいえ、ほぼ毎週顔を突き合わせた面々。

最後の授業では、アーミル先生との対話を聞きながら、チャットルームは皆さんからの別れの挨拶が続いた。

「皆さん自身で、これからも学び続けてください」

アーミル先生の言葉を受け、外語大のスタッフによりzoom画面は打ち切られ、3ヶ月にわたるオープンアカデミー・ウルドゥー語講座は終了した。

 実は東京外国語大学オープンアカデミー申し込みの際、申込日の23時50分くらいまでウルドゥー語を履修するか、スロヴェニア語を履修して可愛い女の子と知り合って〇〇するか迷っていた。結局、数年前に上京しての対面受講を断念したウルドゥー語に「初志貫徹」と申し込んだのだが、アラビア文字を用いる言語は初めてだったので、新鮮な体験だった。

 なぜウルドゥー語だったのか?

 もちろん登山絡みの理由もあるが、南西アジア世界に踏み入るツールとして、私はウルドゥー語を選んだ。

 まだまだウルドゥーアルファベットの勉強が足りない!

 好きでやっていることだ、あせらず続けよう。

| | コメント (0)

ウルドゥー語の夜 第12夜

建設会社勤務。

17時で帰れる訳もなく、飛び込みで来た課題に対処し、冬型の気圧配置で車道は凍結、大渋滞した国道を帰宅。

普通なら30分足らずで帰れる道のりも、一時間近くかかって帰宅。

移動の車中で軽くパンを食べ、今日もろくに復習もしないまま、時間ギリギリの19時半にzoom画面に飛び込む。

 

通常、授業の始まりはアーミル先生から

「 آپ کیسی ہیں؟ 」(お元気ですか?)

と受講生一人一人尋ねられるのだが、今日は違った。

真っ先に「マサルさん、K2のニュース知っていますか?」と英語で尋ねられる。

K2冬季第2登を目指し、山頂に向かったまま行方不明になったアリ・サドパラのニュースのことだった。

アーミル先生は2018年から東京外国語大学に勤めておられる。

私も海外の登山情報を収集する過程で、パキスタンメディアで大きくK2遭難の件が取り上げられていることは知っていた。日本で生活するアーミル先生もトピックで取り上げるとは、アリ・サドパラ行方不明という事実が、私達日本人の想像以上にパキスタンで衝撃をもって受けとめられていることを実感する。

しかし受講生の中で山に関心がありそうなのは私だけのようだし、K2遭難という暗い話題で授業がスタートするのもどうしよう・・・と内心ドキドキしていたが、先生のトークの話題はフンザの話題に移り、正直ほっとする。

さて、今日は疑問文だけでなく、疑問文への回答の仕方も教わる。

先生に指名された受講生同士で質問し、答える。というやり方で授業が進む。

今までのウルドゥー語をオウム返しに繰り返す授業とは異なり、格変化があるため常に「誰に対して質問するのか」「誰に対して答えるのか」考えて答えることになる。

考え考え、相手に質問し、答えるのがなかなか疲れる。もっとも、問われた状況・質問に対して反射的に答えが出てくるようでなければ、マスターしたことにはならないのだろう。

今日もまた日暮れてなお道遠し。

でも、授業の始めにパキスタンを代表するクライマーの事について、遭難という暗い話題とはいえ先生と言葉を交わせたのは少し嬉しかった。

| | コメント (0)

ウルドゥー語の夜 第11夜

ウルドゥー・アルファベットをまだまだ覚えきれず、ますます他の受講生皆さまとの実力差が広がっていく外語大の授業。

本日もひたすら疑問文の練習。回答の仕方は別の機会らしい。

フォーマルな相手への疑問文、親しい間柄への疑問文、女性への疑問文が異なるので、頭がこんがらがる。

ある受講生が相手への質問で間違って「How much」の意味のウルドゥー語を答えてしまい、

「あ、それちがいます」

と先生、みんなで苦笑い。

おおっ、『大人の会話』だ!

| | コメント (0)

PCR検査体験記 & コロナ隔離生活日記 4日目 & ウルドゥー語の夜 第10夜

今朝は6時起床。

ストレッチと八段錦で体をほぐした後、朝食。

20210126_062352

今滞在しているビジホ最後の朝食は、おにぎり2個+おかずパック、やきそばパック、スクランブルエッグ+ソーセージパック、そしてパン2枚パック復活。それと味噌汁。

午前中はリモートワークをこなす。

本来はPCR検査結果が判明するまでホテルに滞在すべきところだが、検査の進み具合で結果の通達が14時半になる可能性があるという。

やむなく12時チェックアウト。若手E君は家に用事ができたため先に帰し、PCR検査の対応は私が引き受ける。ホテルから医院の駐車場に移動して車中で待機。

12時半、私の携帯が鳴る。医院からの電話で、「2人とも結果は陰性です」と告げられる。

車の中から上司のK君や親方に電話、wifiルーターとパソコンを立ち上げ、会社宛てに報告メールを送信。

それから、5日間お世話になったビジホのフロントにも検査結果を伝える。フロントのお姉さんの声にも安堵感。

結果報告書の受け渡しは医院昼休み後の14時半になるため、コンビニで昼食を済ませ、公立図書館で時間を費やす。

14時半、医院を訪れ、A4用紙1枚×2人の結果報告書を受け取る。

20210126_21082515時、本社には寄らず、親方のいる工場へ直行。上司のK君も居合わせており、今後の仕事など協議。

晴れて「陰性」となったが、息子の高校受験を明後日に控えたカミさんからは「受験日まで家に来ないで」と言われているため、今日からは自分で手配した1泊3000円のビジホに移動。

20210126_163537

自分では気にしていないつもりだったが、やはり心のどこかで緊張していたのだろうか。

ビジホにチェックインし、溜まった洗濯を済ませると猛烈な眠気に襲われ、ついベッドに横になる。

目が覚めたのが19時半。やべえ、今夜はウルドゥー語の授業の日。

急ぎパソコンを立ち上げ、zoom画面を起動し、5分遅れで授業に参加。

今日の授業は徹底して対話形式のフレーズの練習。男性形と女性形で異なる単語を入れ替えては発音。

段々、周囲の受講生の皆さんがRoman English ではなくウルドゥーアルファベットをきちんと判読しているのについていけなくなる。今一度ウルドゥーアルファベットを見直さなくちゃあ・・・来週もさらに対話形式の授業が続く。

授業が終わり、zoomを閉じ、遅い夕食を済ませる。明日からは通常出社。

| | コメント (2)

ウルドゥー語の夜 第9夜 & 名古屋生活

昨年から依頼されていた仕事で、若手E君と共に非常事態宣言下の名古屋出張。

会社の皆様に心配かけている間、

20210115_204053

名古屋といえば味噌カツです。

火曜日、滞在先のビジホでウルドゥー語のリモート授業。

20210123_132437

ついに例文に疑問代名詞が登場。

先生の教え方は、フォーマルな例文とくだけた会話に使える例文を併記して教えてくれる。

理解している受講生には「urdu only!」と、ウルドゥー・アルファベットの表記だけみて発音して!と声をかけ、私のような進歩の無い初学者には「マサルさん、これ発音してみて」とRoman english表記の例文を当ててくれる。

昼間の現場作業・管理とはまた異なる緊張感で夜は過ぎていく。

 

日曜。

非常事態宣言、コロナ感染防止のため、本社からも不要の外出は戒められている。

現場帰りの靴で部屋に入ってしまったため、清掃のため2時間ほど近所のスタバで過ごす。

20210117_094608

ラテとシュガードーナッツで過ごす2時間。その後、ホテルでの缶詰め生活。

| | コメント (0)

ウルドゥー語の夜 第8夜

今週は体調も整えてリモート授業に臨む。

「先週は体調不良ですんません!今日はだいじょぶです!」

と、事前に調べた英語で先生に返答し、授業は始まる。

先週から、自己紹介にウェイトを置いた例文の練習が始まっているらしい。

パキスタンの学校制度にそった自己紹介の例文を学び、各受講生に発音させるのだが、その過程で、受講生たちの学歴・・・意欲的な高校生から博士課程を修めた方まで、皆さんのさまざまな経歴を知る。

お気楽お気軽にウルドゥー語を学び始めた私、かなりヤバい気がする。

あっという間の1時間半、先生からは早速来週の宿題を出される。それは

「ウルドゥー語で自己紹介せよ」

20210114_194857

例文のPDFファイルは翌日メールで届き、出張先の見知らぬ街のコンビニでプリントアウト。

ビジホのコーヒーメーカーのエスプレッソ飲みながら、ぼちぼち自己紹介文考えます。

| | コメント (0)

ウルドゥー語の夜 第7夜

20210102_080501

今朝は3時起床で会社駐車場の除雪に出動。

微妙な積雪量だったが、溶け残って凸凹になっているので平らにならすためにホイルローダーに乗り込む。

が、エンジンがかからない。

急ぎ工場に車を走らせ、昭和時代に購入された超ウルトラスーパー古いペイローダーで本社に乗り付け、除雪を敢行。

なにぶん古い車体で、冷暖房も無く、床下には隙間が空いている。

気温マイナス3度の中、エアコンの無い車体では窓がすぐに曇る。周囲確認と除雪具合を確認するため、両側のドアを開放して作業しなければならない。寒さに耐えながら除雪完遂。

 

突き刺す冷え込みが身体に来たのか、夕方帰宅してから身体の感覚が何かおかしい。

発熱の、寒気がする直前の何か気だるい感じがするのだ。

本日のウルドゥー語講座開始まであと3分。

気合で今日の授業を乗り切るか。

明日からは福島出張の泊りがけの現場作業がある。仕事をとるか。

 

迷う私のケツを叩いたのは、以前お世話になった愛知学院大学山岳部の重鎮、本郷さんからの言葉

『ヒマラヤ登山で風邪ひくのは、自己管理できてないからですよ』

その言葉を思い出し、もう既に他の受講生のウインドウが開いているzoom画面のチャットルームを開く。

受講生と先生皆にあてて、新年の挨拶と欠席の文言を書き込み、パソコンをシャットアウトして布団をかぶり、寝る。

本日の「ウルドゥー語の夜」は体調不良につきお休み。自分の体優先します。

| | コメント (0)

ウルドゥー語の夜 第6夜

20201222_222914

 ウルドゥー語の母音+子音の組み合わせで発音表を埋めよ。

 そんな宿題が出ていたのだが、ウルドゥー語のアルファベットは単語の頭・中間・語尾の各々で形が変化する。

 まだその変化形も習っていないので、webで発音表を調べるが、これまたウルドゥー語はマイナーなのか、母音と子音の組み合わせによる一覧表が全く無い。

 とりあえずわかった「re」の一列を書き込んで授業に臨む。

 受講生の皆さんもわからなかったのか、空白のまま授業に臨んだ方が多く内心ほっとする。

 本日はひたすら母音の形状変化について学ぶ。

 大学書林の『ウルドゥー語基礎1500語』には

「最初は複雑に思えるが覚えてしまうと後は一字一字を丸々書かなくて済むためかえって楽である。」

 と豪語されているが、いやいや問題はそこじゃねーだろ。その「覚えて」が苦労してるんだってばー!

 

 今日もあっという間の一時間半。来週は授業が無いので、今日が今年最後の授業。

 今秋からウルドゥー語にチャレンジして、アルファベットの難しさだけを思い知らされた授業だった。

 皆さんもだいぶ雰囲気に慣れたのか、授業中もチャットルーム含めて質問が飛び交う。いくつか抱えている質問や授業の要望もメールしよう。ウルドゥー語との死闘はまだまだ続く。

| | コメント (0)

ウルドゥー語の夜 第5夜

今夜は宿題チェックの日。

先生が共有画面にワードで幾つかの発音ローマ字を書き、その発音に適合するアルファベットをノートに書く。

そのノート紙面をzoom画面を通じて先生に見せる、という具合だ。

やべえ!

まだ完全に覚えてねえ!

速攻でウルドゥー語アルファベット一覧を調べ、適合するアルファベットを書く(カンニングしてごめんなさい)

しかし問題はここからだった。

zoomビデオ画面の設定、山の本と道具で散らかった部屋が映るのが嫌なのでバーチャル背景をセットしていた。

このバーチャル背景のおかげで、PCのカメラに宿題答案を書いたノート紙面を向けても人間と判定されないため、画面に何も映らないのだ。

「マサルさん、バーチャル背景解除して」

と先生に言われるものの、慌てていたためバーチャル背景設定のウインドウがなかなか出せない。

その間、親切な受講生の方々がzoomのチャット機能でアドバイスしてくれた。

ようやくバーチャル背景を解除したときには、授業はもう先に進んでいた(笑) 受講生の皆さん、ありがとうございました。

本日はウルドゥー語アルファベットの母音の発音で悩まされる。

さらに、ウルドゥー語のアルファベットは「尾字」「中字」「頭字」として、同じ語でもあのミミズみたいな文字の頭、中間、語尾では形状が変化する。

例 س(スィーン 独立字) ـس (尾字)ـسـ(中字) سـ(頭字)
覚えられる自信ない・・・

今日も宿題を出される。今回のミッションは、

20201217_073857

各母音と子音の組み合わせを表記せよ、という宿題。 

授業の初め、「マサルさん、آپ کیسے ہیں؟ 」(お元気ですか)と先生に聞かれる。

少しずつ、言い回しも覚えなくては。

| | コメント (0)

ウルドゥー語の夜 第4夜

気温5度の寒空の下、岩手県某所で現場作業。

現場管理と作業員の2役をこなし、ヘトヘトになって帰る。

20201207_190817

今日は東京外語大のウルドゥー語の授業の日。眠気防止に軽食だけの夕食を済ませ、PCとzoomをセット。

某全国チェーンのビジネスホテルに滞在しているのだが、支障なくzoomが繋がってくれた。

今日はなぜかハーン先生に度々指名を受ける。そのたび、たどたどしい英単語で答える。

授業は英語で進められるため、受講内容そのものだけでなく、先生から指されたり何か問いかけをされるときに備えて、英語を聞き取ろうという緊張感が延々と続く。

本日の授業はウルドゥー語の男性名詞・女性名詞の判別、さらに複数形・単数形を絡めての解説。

突然、ハーン先生に「マサルさん、これ発音してみてください」と指される。

しかしPCの画面には受講生皆のウインドウが展開されているだけで、共有画面は映っていない。

「sorry, I can't see something・・・」← 正確にはanything

こんな調子で、ほんのちょっとした言い回しの英語がもどかしい。

来週はウルドゥー語アルファベットのテストやります、と先生に言われる。どうなる俺!?

一時間半の授業が終わってから、汚れきった作業服の洗濯、入浴、夕食、今日の現場作業の書類作成etc・・・無駄な時間を省きやるべきことをやり終えると、もう12時近い。明日もまたハードな現場作業。

| | コメント (0)