2020年1月上旬日記

1月某日

 いつものようにヨレヨレになって会社から帰宅すると、 P2_20200113192601

 食卓には納豆汁。七草の日、我が山形では粥ではなく納豆汁が伝統である。

 下界には雪の全く無い冬、食卓が季節の移ろいを教えてくれる。

 

1月某日 P4_20200113193001

 小正月。

 久しく飾ったことのない「団子木」が自宅に飾られる。

 義母から、息子と娘が「今年は厄年でない?」とアドバイスがあった由。

 私の実家では団子木は毎年飾るものだったが、カミさんの実家(上山市)では厄年に関連づけて飾るらしい。

 小正月の風習も、地域が違えば全く異なることを実感。

 

1月某日

 月山へ。 P1_20200113195301

  ウチの預貯金なみに、今年の月山は雪が無い。例年ならば雪に埋もれている車道標識も、今年は遙か頭上。

P3_20200113195501

 歩いていると、ヤママユガの繭。

 春先、少年自然の家の子供達とブナ林を歩く頃にはスカスカになって、メッシュ状の繭になっている。

 

 帰路、国道112号を走りながらNHKラジオのロシア語講座を聴く。

 今日はシベリア鉄道の話題。ハバロフスクからモスクワまで、6泊7日を要する。

 先生がネイティブの講師に尋ねる。『この長大な鉄道、寝台列車での生活で必要なものは何ですか?』

 運転しながら「暇つぶしの、分厚い小説か本かな??」と予想するが、ロシア人講師の答えは、こうだった。

 『 楽 し い 仲 間 』

| | コメント (0)

惟見長江天際流

正月、地方都市の長男は忙しい。

2日、私の家系の親戚廻り。父と母の実家、兄弟筋を私と老母の2人でまわる。

20200102_124313

 こういった「親戚廻りが面倒」というお悩みがネット上にあふれているし、私も若い頃は親に任せて海外一人旅や北海道の冬山単独行に傾倒していた。

 極道な山登りをしている方には親戚つき合いに無頓着な方もおられるが、私の場合、父の葬儀を経験してから180度考えを改めた。盆正月の挨拶まわりはもちろん、不幸があった際には、仕事の都合が付く限り母の代理として積極的に顔を出すようにしている。

 今シーズン、親戚の方から「高齢なので、これからはお互い訪問して挨拶は無しにすっべはあ~(無しにしましょう)」と申し入れがある。

 もう一件の親戚宅では、かつて元気なおじさんが、認知症が進行し慌ただしい状況になっており、仏壇にお参りしてお茶も飲まずに帰る。

 「世代の移り変わり」を実感させられた、今年の正月。

 嵐のような親戚廻りから帰宅し休憩をとり、夕方から私の登山の原点である山形南高校山岳部、一年上の先輩方の飲み会に参加させていただく。

 思うところあり高校同窓会の郵便物など開封せずにゴミ箱に叩き込む私だが、御縁があって山岳部の一学年上の皆さんの飲み会にお誘いいただいている。お会いできて楽しい方々と飲めてリラックスできるひととき。

 

【山形南高校山岳部の思い出】

 私が登山を始めた山形南高校山岳部は様々な伝統ルールがあった。少し紹介すると、

 

 ○雪が降るまで、いくら気温が低下しようともシャツは常に腕まくりしていなければならない。

 ○1年生はシュラフカバーで寝なければならない。市販のシュラフは禁止。春・秋季に使えるのは自作のシュラフ(みんな古毛布を二つ折りして縫い合わせた自作シュラフを使用)

 ○校内マラソン(10km)で100位以下の者は、罰として順位から100引いた数だけスクワットをこなさなければならない。

 ○三年時に部長に選ばれた者は、山交ビル(※)一階を自転車で走り抜けなければならない。

 ※山形駅前にあるバス発着場も同居した大型ビル。当時はダイエーが入っており、一階は下着売り場など普通のデパートである。

 などなど、

Oto

『魁!!男塾』なんかチョロいんじゃね?という高校生活である。

 中でも伝説なのは、後に小樽商科大に進学し、小樽・赤岩のクライミングルート開拓に尽力された高田岳人OB。高田OBは現役時代、後輩に「水くれよ」と頼んだ際、後輩が差し出した灯油ポリタンの灯油を「わざと」飲み干してみせた人物。後にアラビア石油に就職されたという逸話付きである。

 山南高校山岳部OBの足跡はインドヒマラヤ・ヌン東稜(明治学院大隊)、Z1峰・ブラマーⅠ峰(獨協大学隊)、ヤラシャンポ峰(山形県山岳連盟隊)、シシャパンマ北東稜、チョモランマ北稜(立正大隊)など各地に及ぶ。そればかりではなく、私のガイドネタでもあるのだが山形県内の生物調査に尽力されている沢和浩OBのような方もおられる。

 沢OBには、私が高校生の頃、「西高東低って、高気圧がきてるのにどうして天気悪くなるんですか?」というアホな質問にも優しく「それはね、日本海があるからなんだよ」とご指導いただいた記憶がある。

 そんな方々に見守られ、私たちは高校生活を送った。

 

 三次会はY先輩ご夫妻と3人で、ウイスキー専門バーを訪れる。

 カラオケの喧噪も無く、シンとした静けさの中でバーテンがグラスを磨いている。

 注文では、私の「いつかベンネビスを登りたい」という目標をこめてスコットランドのウイスキーをお願いしたところ、「初めての方なら教科書的に、まずこれだけは押さえておきたいスコッチウイスキーはこれですね」と、ザ・グレンリベット(The Glenlivet)12年物をお勧めいただき、これを注文。

Night

 スコッチウイスキーをストレートで飲みながら、静かな正月の夜を過ごす。

 今年も嵐の一年になるだろう。Y先輩ご夫妻との楽しい語らいの中で、今年も頑張ろう、と誓いをたてる。

| | コメント (0)

日本の官僚は何を食べているか

12月某日、所用で速攻日帰り上京、霞ヶ関へ。

農林水産省の職員食堂『手しごとや 咲くら』にて昼食。

霞ヶ関の官庁で、農水省の食堂は一般市民も利用可能なのだ。

P1_20191223215701

さすが日本という国家の中枢、あちこちに守衛さんが立っていて部外者がオフィス内に入らないよう眼を光らせている。

食堂オープンの11時に訪れてみると、入り口に立つ守衛さんから

「最近11時オープンになりましてね。昼頃になると凄い行列になるんですよ。」と優しく話しかけてくれる。

メニューは全ての品目に、カロリーと共に「食料自給率」の数字が明記されている。さすが国政の最前線。

P2_20191223220201

 

 11時を少し過ぎた頃にオープン。既に一般客の女性2人組が先行して並んでました。

 従業員の方の説明では、11時オープン直後はセットメニューのみ、カフェテリア形式の惣菜・料理は11時半から販売とのこと。

P3_20191223220501

農水省職員食堂「手しごとや 咲くら」全景。

P4_20191223220601

本日チョイスしたランチは、「イワシ鯨ステーキ膳」、食料自給率56%、798kcal、税込1000円也。

 鯨肉の臭みを消すためだろう、ソースはかなり濃い味付け。鯨ベーコンなどとは違い、肉自体は柔らかく噛みちぎれる鯨肉です。食べているうちに、口腔の奥で鯨肉特有の風味を感じます。サラダ、味噌汁、御飯が付きます。御飯は中盛りまで無料サービス。他に卵、梅干し、納豆などは100円で販売。

混む前に食べ終え退出したので、混雑している様子はわかりませんが、オープン直後は職員よりも一般人の入場が多いようです。

 実は毎朝晩、通勤途上の車で聴いているのがNHK第2放送の語学講座。語学をモノにしようという高尚な目的ではなく、たまに解説にでてくる各国の文化背景の説明が楽しみで聴いている。

 たまたま聴いたドイツ語講座で、霞ヶ関官庁の建築物を設計したドイツ人の話題がとりあげられ、その中で講師の先生が「農水省の食堂は一般に開放されてます」という話を聞き、上京の際には行ってみようと思った次第。

 その他、通路のコーヒー自販機はカップが「間伐材で作られてます」という自販機だったり、さすが農水省というところ。

 東京でランチに迷った皆様、ぜひ日本の中枢でお食事を。

| | コメント (0)

2019年初冬おしごと日記

11月某日

P1_20191218225801

朝、出勤しようと自宅を出る。

蔵王の山並みの陰から、朝陽がレーザービームのように差し込んでいた。

雲の隙間から日光が漏れている現象とはわかっているが、なんとなく見とれてしまう。

光線はまもなく消えた。今冬も皆が安全に仕事できますように。

 

11月某日

P2_20191218230301

 所属するガイド団体の長、高村代表が南極観測隊員として山形を発つ。その壮行会に出席。

 様々な、多くの方々に見送られる代表を眺めながら、こういう人とのつながりを構築するのはオレには無理だなあ~と思いつつ、高村代表に乾杯。

 

12月某日

 年末の建設会社は忙しい。今週からしばらく福島県民。

 私と期待の若手E川君と二人で現場作業。

 三日目、もう現場も九分九厘終わりという最後の最後で、大どんでん返しともいえるアクシデント発生。

 宿に帰る途中、若手のE川君は「悔しいっす~」と悔しさを素直に口にする。

 私は、発生した事実を黙って受けとめる。

 その夜、ビジホで隣あったシングル部屋に滞在している私たちは、壁を隔てて各自の部屋で飲んだくれていた。

P4_20191218230701

 今夜のつまみは、スーパーのタイムサービスで激安購入の会津馬刺し。

 

12月某日。

 後発の親方を迎え、福島での仕事は続く。

 本日のランチは、我々作業員の素敵な隠れ家、

P5_20191218231301

新鶴駅前にある 肉の丸長 で焼き肉ランチ。馬ホルモンが絶品です。もちろん仕事もバリバリです(自己申告)

 

12月某日

P7_20191218231601

福島の仕事も終わり、お土産は ドライブインほり で馬刺し購入。これで疲労回復はかります。

 

12月某日

 P8_20191218231801

 注文していた名刺が完成。

 サラリーマン稼業に忙殺されても、ガイド業は忘れませんぜ。

 さほど営業に力を入れてないので、今まではパソコンで作る自作名刺でやり過ごしていたのだが、最近メーカー関係者ともお会いする機会もでてきたので、まとまった数が欲しくなった。

 以前はネット通販を利用していたが、カネと色にまみれた犯罪都市・東京の企業よりも地元山形の企業にお願いしたいと思い、通勤途上にある「はんこ屋さん21山形店」のお世話になる。パソコン自作の名刺キットとは異なり、紙質・印刷ともにシャープな仕上がり。

 

12月某日

P9_20191218232701

あ゛~っ!!

やっちまった~!! 出張ビジホの領収書、作業服と一緒に洗濯した~!!

事務のお姉さんに説教される~!!

そこは有名チェーンのビジホ、即連絡したところ、あっさり領収書再発行に応じてくれた。

疲れてるんですかね。

 

12月某日

 娘とチョコ「DARS」を食べていたところ、

P10_20191218233101

激レアな「ダース」とカタカナ表記のチョコ発見。

森永製菓も混入数などは一切明らかにしていないカタカナ表記のチョコ。

大企業でも、こんな遊び心あるんだ、と感心。吉兆の知らせでありますように。

| | コメント (0)

メンタルの弱さ、強さ

10月某日。

諸般の事情で詳細は書けないが、運転していた車両が横転。

そこは立正大学体育会山岳部のターミネーター(自称)たる私、外傷は全く無く済んだのだが、周囲の勧めで整形外科で検査した結果、

P3_20191126223401

背骨の横に飛び出ている「横突起」が3箇所折れていた。(画像右は事故直後、左は約2週間後のレントゲン画像)

身体よりも精神的ダメージの方が大きい。

普段、若い社員に「運転気をつけてね~」と言ってるのに、メンツ丸つぶれである。

職場では若手社員の皆から「身体大丈夫ですか?」と言われるが、親方だけは報告の電話からして

「おい、気をしっかり持て!」

「家帰っても、カミさんと子供には普通に接するんだぞ!」

と、精神面の叱咤激励の嵐。

数日経過すると

「大滝、気分転換に山でも行ってこいよ」

と、メンタルの弱さが親方にはバレバレである。

 

医師からは骨がつながるのに要する3ヶ月は安静に、と言われているが、現場作業員なもんでバリバリ鉄骨解体作業にでて気を紛らわす。

寝る前には『魁!!男塾』を読んで寝る。そのためか(たぶん)、痛みも一週間ほどで消えた。

 

1979年、当時未踏峰だったリンクサールに遠征した山岳部の大先輩から、「リンクサール峰の頂上の写真って無い?」と問い合わせをいただく。

そういえば、Rock and Ice誌やClimbing誌、世界各国のクライミングサイトを閲覧しても、登攀ルートは公表されているが山頂のショットはみたことが無い。

リンクサール峰を初登したアメリカ隊のGraham Zimmerman氏に連絡したところ、山頂に立った時の動画を保存しているファイル共有サイトのURLを紹介してくれた。Zimmerman氏いわく「カメラが凍りつき、ピントがぼけているので公開していなかった」という動画を拝見する。

それは、狭い山頂で歓喜の声を上げるクライマー達の姿だった。わずか20秒のピントが合っていない動画は、その登山の厳しさを物語るものだった。

幾度も繰り返し動画を視て、山頂で喜ぶクライマー達のテンションの高さに「彼らはどんなに過酷なクライミングを経て頂きに立ったんだろう」と直感する。その趣旨でZimmerman氏に御礼のメールを送る。

その動画をご覧になった大先輩は、私とは異なった感想を伝えてきた。

技術も装備もあらゆるモノが進化したけど「最後は気持ちの強さ」と感じたとおっしゃる。

「気持ちの強さ」。

実際にリンクサール峰を経験した大先輩が語る「気持ちの強さ」という言葉が、頭から離れない。

背骨がまだ治ってない身体をかかえ、なんとなく気力も低下していた。今冬から来年にかけて実現したいと思っていたことも、カネや身体を言い訳に次々と考えるのも止めていた。

山岳部の大先輩からのメール、Graham Zimmerman氏からのメール・動画を幾度も見直す。

さて、まずは明日の仕事を頑張ろう。

| | コメント (0)

生者と死者の間

Img_4307

19日、大雨・暴風の中、田沢湖へ。

JMGA加入以来、18年組織を共にしたガイド仲間が山で亡くなる。

兼業ガイドの悲しさ、捜索にも葬儀にも駆けつけられず、ようやく今日、弔問。

 今月は高校山岳部の先輩のお父様が亡くなり、さらに亡父の七回忌を迎え、法要は家族だけで済ませるべく、父方の親戚への根回し、寺の法要手配等々。メディアでは台風19号で亡くなった遺族の話題が連日続く。

 その一方で、娘は進学に備えて美術系予備校の講習会に通うため、私が毎晩迎えに車を走らせる。

 逝く命、見送る死者と、開かれた未来がある世代の間を、私はウロウロするだけの1ヶ月。

| | コメント (0)

エナジーチャージ

あ~ブログ更新サボリにさぼった。

10月も世のため人のため、現場作業員に専念します。

Img_4263

会社の偉い人のカナダ土産、メープルシロップキャンディ。職場のテーブルに置いて皆でつまむ。

本場のメープルシロップの素材を生かして、あまり甘くなくて美味。

Img_4264

福島・会津に仕事で赴いた同僚から買ってきてもらった、おなじみ「堀ドライブイン」の馬刺し。

コレ喰って、今週来週の仕事乗り切ります。

しかし地球温暖化対策の前に、中年女性登山者の元気さを発電か何かに利用できないものか。

| | コメント (0)

夏休み in 東京

東京で買い物したいという娘のリクエストに応え、娘と共に日帰りで上京。

娘と夕刻の待ち合わせ場所等を確認し、渋谷駅に送り届けた後、上野に戻る。

私の上京の目的は、東京国立博物館の特別展『三国志』の見学。

以前のブログにも書いてますが、前々から三国志好き

T1

 

ユニークにも、日本の横山光輝氏の漫画いわゆる「横山三国志」の原画も展示しながら、2~3世紀の貴重な文化財が展示されている。

待ち時間なく会場に入れたが、結構な混雑。漏れ聞こえる会話から、見学者には中国人も多いようだった。

今回参考になったのは、魏・呉・蜀の三国鼎立時代は現在よりも寒冷な気候で人口も5000~6000万人程度だったということ。

T2

2009年に発掘・実証された曹操の墓の発掘物はじめ、三国志の登場人物で唯一「印」が発見されている曹休の印。

T3_20190818215301

特に印象に残るのは、魏国の竹製の定規。(3世紀) 日本ではまだ場所すら確定できない邪馬台国があったとされる頃、古代中国では高度な文明の下、行政が機能していたことが伺える。

 映画、テレビドラマだけではわからない三国時代の文化財に囲まれ過ごす東京の休日。

T5

東京土産は、横山三国志のクリアファイルです。

| | コメント (0)

休息の山

東北地方も低温の日々から一気に蒸し暑くなる。

どうにか仕事を片付けて土曜の公休をもぎとり、月山・姥沢ルートへ。

始発のリフトに乗り歩き始めるが、時々寒気がする。高湿な中、身体は既に汗びっしょりなのに。

P1_20190728220801

ヤッケが欲しくなるような冷涼な日々から、一気に蒸し暑くなった。

昨年は出張で寒い程の北海道・小樽で過ごした後、猛暑の山形に戻った際に体調がおかしかった

今回も同様のパターンだろうか。姥ヶ岳に到達したところで、どうも身体が本調子でないような感じ。

私は野蛮人なので、

Bj

 

こ の ま ま 登 っ て 治 す 」とハラを決める。(※良識ある登山者の皆様は、体調不良を感じたら下山してくださいね)

P3_20190728221401

月山の稜線、笹の陰に隠れていたゴゼンタチバナ。

鍛冶月光の急坂のゴゼンタチバナよりも、なぜか姥ヶ岳~牛首稜線のゴゼンタチバナの方が大きい。

P4_20190728221601

私の好きなヤマハハコも、あちこちで花開き始めました。

やっぱ高山植物も結婚相手も地味な方がいいですね。(何か変なこと書きました?)

P5_20190728221901

前述のとおり私は野蛮人なので、山頂直下の鍛冶月光を登っているうちに身体の寒気も収まり、調子が出てきた。

山頂はハクサンフウロの真っ盛り。

私の得た情報では、14時には雨雲が襲来することを掴んでいたため、さっさと下山。

えらい元気で下山も速い、若い女の子2人組と前後して下りる。

P8_20190728222301 

土曜日、昼前の鍛冶月光はこれから山頂に立とうとする登山者の行列が牛首から続く。

前述の女の子たちがぼそっとつぶやく。

「台風だから、みんな関東から逃げてきたんだね~」

プライベート山行で息抜きも兼ねてマイペースで登り、昼12時前には車で国道112号線まで下りる。

P7_20190728222601

本日も飯より先に「かたくらだんごや」に立ち寄る。今回は変化球でしょうゆとぬたを注文。

下界は37℃の猛暑の中、激冷えの麦茶も美味い。

 

今週は猛暑の中の現場作業。

不本意な人事でうちの部署に来た若者くんが暑さで座り込む中、私と相棒はかまわず撤収作業を続けて引き揚げてきた。

会社に戻った後は、各現場から戻った若手社員が帰宅するのを見送りながら、仕事のデータの整理、図面を眺めながら明日の作業の準備。

事務所を施錠して職場を退出し、実家の老母を訪ね、それから帰宅。

メシと寝るまでの短い間が、ガイド山行の準備タイム。

次回は、誰もいない低山でゆっくりしようと思います。

| | コメント (0)

5~6月お仕事日記

ブログ更新サボリにサボって早6月。

5月×日

Img_4091

会社から退出時、夕暮れの空にでかい虹。

現場仕事も、ガイド仕事も、安全に進みますように。

 

5月×日

 慣れない決済書類を書き続けた工事機械の修理もようやく終わり、宮城県の某メーカーに引き取りに行く。

 昇進して出張に出してもらえなくなった親方、久々のトラック運転でイキイキとハンドルを握る。

 機械も無事収容、帰路は私がトラックを運転していると、親方が宮城県秋保のスーパー「さいち」でおはぎを買うという。

 トラックは進入できない細い道にあるとのことで、私は広い車道で待機。親方に買い物を一緒に頼む。

Img_4092

「さいち」のおはぎ、実家の老母、ウチの娘、カミさんにも大好評で6個あっという間に無くなる。美味しいおはぎでした。

 

6月×日

 ガイド資格取得してまもなく買った、全皮革製のハンワグの登山靴。既にソールも一度張り替えているが、踵の縫製がほつれ始めた。

 お世話になっている登山用品店マウンテンゴリラに相談すると、修理は可能だという。

 靴コーナーに並んでいる現代の登山靴を眺め、これを良い機会と考え直して今時の登山靴を購入。条件は「飯豊・朝日を荷物背負って歩ける靴。」

 で、選んだのは、

Img_4124

スカルパ社の登山靴。ローバー、ハンワグと履き続け、今回はスカルパを相棒に選択。現場作業だけにくすぶってないで、これ履いてバリバリ歩くよ。

 

6月×日

父の日。

カミさんからは、

Img_4125

夕食時に私だけ西瓜が食卓に出される。安上がりだけど、私の弱点を上手く突かれました。

 

6月×日

 庄内で震度6の大地震があっても、天変地異があっても、現場仕事は予定どおり。

 福島県の約30万の人口を持つ某市が今日の現場。

 民家密集地のど真ん中に雑木林がある。昼飯時、林のそばに駐車したトラックに近づくと、無数の桑の実が落ちていた。

Img_4128

 これだけの街中なのに、誰も桑の実に気がついていない様子。

 誰の目にも触れずに、沢山の美味しい桑の実が成り、朽ちていく。

 

6月×日

 土曜日。みんな休暇を取っており、今日は私の一人作業。

 米沢市に行く途中、山形では知られた たいようパン の直売所に寄り道。

Img_4130

コッペパンの王道、ピーナッツコッペを買う。200円と割高だが、喰ってわかるパンの香ばしさとピーナツバターのボリューム。満足満足。

3時の一服のためにスイートポテトも購入。仕事してカロリー消費します。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧