海渡る神 忍路(おしょろ)神社例大祭 海上渡御

おそらく小樽滞在最後の日曜日。
小樽最後の山行を目論んで早朝出かけたものの、梅雨前線の影響で朝から強い雨、予定していた山行は中止。

一度ウィークリーマンションに戻り休んだ後、小樽市忍路(おしょろ)地区の忍路神社例大祭を訪問。

忍路(おしょろ)地区は小樽でも小さな漁師町だが、ここでは神輿を漁船に載せて海を渡る「海上渡御」が行われる。

O1
漁師町らしく、神社の鳥居には大漁旗が幾つも飾られている。

O2
10時から社殿内で関係者による神事が行われ、10時27分、神輿の組み立てが始まる。

O3
神輿は20分ほどで組み立てられ、奴を先頭に神輿が神社を出発。
奴(やっこ)を務めるのは地元の小中学生たち。男女とわず顔には髭のメイクが施されています。

P1
先頭を歩く氏子が山盛りの塩を持って振りまき、道を清めた後に皆が続く。

O4
忍路漁港で木造船に積み込まれる神輿。

P2
昔ながらに櫓を漕いで神輿を積んだ木造船が進みます。
忍路地区の海上渡御、一般見学者用の漁船もあり、地元の方のご厚意で私も漁船に乗せていただき、海上から見学することができました。

P3
忍路港を出る前、波の静かなところで大型漁船に積み替えられます。
さすが海の男たち、息の合った作業で神輿が乗り換えられます。

O
地元の方を載せた見学船は2隻、その間に神輿の乗った漁船が進みます。

伺った話によれば、神輿を載せた漁船はただ回遊するわけでなく、周囲の蘭島神社などを表敬訪問する意味合いで海を廻るとのことです。

神輿の乗った漁船は蘭島地区方面の海上へ進み、私の乗りこんだ見学船は都合により早めに忍路漁港へ戻りました。

小樽に住み着いて以来、様々な「例大祭」を見学してきました。
ここ忍路地区の例大祭は露店が出店しているわけでもない、静かな例大祭です。
船に乗り込み神輿が進む様子を見学させていだき、大自然の中で神を敬う人々の姿を体感することができました。
見学船に乗せていただき、忍路地区の皆様に深く感謝申し上げます。

神輿の組み立てから神社出発、船への積み込み、洋上での積み替え、海上渡御を3分の動画にまとめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小樽市 恵美須神社例大祭

6月22日、仕事が終わってから小樽市の外れ、祝津地区へ。
祝津地区に位置する恵美須神社例大祭の宵宮祭の日。

Img_3378
祝津地区は漁港の街、生臭い魚の匂いが漂う中、かつて栄えた鰊番屋の隣に神社の入り口があります。

Img_3375
急で狭い山道を登ると、笛の音が聞こえてきます。
道はオドリコソウの群生で花盛り。

Img_3374
恵美須神社は小樽市で最も古い社殿と言われていますが、肝心の本殿は覆屋で隠れています。
その覆屋、拝殿は昭和初期に建てられたもの。
さすが港街、波の彫刻が見事です。

宵宮祭の日、社殿では関係者の方々が打ち合わせ中。
境内で笛の練習が行われていました。祭りの前の静けさです。

祭りそのものは漁港で行われるのですが、
Img_3382
まだ準備中でした。

こうして小樽の祭りの日々は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍宮神社例大祭 本祭 神輿の宮入

6月21日、昨日に続けて龍宮神社例大祭に通う。
本日は神輿の宮入。
地区を巡回した二組の神輿が神社に還ってくる儀式である。

Img_3312
龍宮神社鳥居から。中央奥の急な階段を登り詰めた奥が神社境内。

Nori
沢山の見物人が集まった境内に、ついに神輿が帰ってくる。

Furu
群衆に囲まれ、二組の神輿が時計回りで周回しながら、神輿に立つ男性が何かを捲き始めた。
「あ、餅まいてる」
という隣に立っていたカップルの話し声に、私のスイッチが入る。
撒かれたポチ袋に凄い勢いで人々が群がり、今回も競争率が高そうだ。
神輿が周回する速度、餅を撒くタイミングと方向から、地球に帰還する有人宇宙船回収のように推測して先回り、なんとかポチ袋2つを決死の思いでゲット。

Miya
群衆の中、何度も社殿の前で追い返されながら、ようやく宮入を果たす神輿。
その模様を約2分の動画にダイジェスト版としてまとめました。

最後の三本締めは感動ものです。

 私、どちらかというと小さい集落の民俗行事ばかり見てきたのですが、こういう熱い行事もよいものだと思いました。
 住み始めて約4週間。
 小樽の人は荒いですね。車運転してても、毎日クラクションの音が聞こえない日が無いし。
 やっぱり漁師町、港街ならではなのかもしれません。

Img_3367
ちなみに神輿からまかれたポチ袋、開けてみたら餅ではなくて稲穂と5円(御縁)と鈴でした。
当ブログをご覧の皆様にも、福が廻りますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松前神楽を追って 龍宮神社例大祭 宵宮祭

6月19日。
仕事が終わった後、20~22日の日程で開催される龍宮神社例大祭のスケジュールを確認すべく、小樽市の龍宮神社へ。
 この龍宮神社はもともとアイヌの祭場だった所を榎本武揚が桓武天皇を合祀したことに始まる。
 最近では麻生太郎氏が首相になる前に参拝したエピソードで知られる。

 祭りを翌日に控えた夕方、境内に近づくと笛の音が聞こえる。
Kimg0028
 私服の若者が神楽の練習中。こうして伝統は受け継がれていくんですね。

 翌日20日、宵宮祭で奉納される松前神楽を見学。
 そのダイジェスト版動画がこちら↓

収録順に、
 八乙女舞・・・神に仕える神子乙女の祝福の舞
 山神舞・・・榊葉を持ち山の神を表す一人舞 
 神遊舞・・・弓矢を持ち四方の悪魔を退散させ天下太平を願う二人舞

 最後の獅子舞ではしっかり獅子頭に頭をパクりとしてもらいました。
 今の現場仕事が安全に終わりますように。

参考文献:松前神楽小樽伝承百年祭実行委員会 著 『松前神楽小樽伝承百年祭』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蘭島神社例大祭

現場仕事から疲労して帰る日々。

小樽市内では14日から「小樽三大祭り」の1つ、「水天宮」の例大祭が開催されているのだが、疲労が重なる。
さらに北海道は全域で異常な低温、日中も気温10度前後の日が続き、体力的に厳しい日が続く。
結局、水天宮の祭りには足が向かぬまま、体力温存に努める。

あまりにも低温が続くある日、鼻水が止まらない。
身体が資本の現場作業員、風邪・熱で休むことは許されない。

長ネギを大量に刻み、お椀山盛りに入れ、インスタント味噌汁の素と熱湯をぶっかけ、生の長ネギを一気喰い。
さらにユンケルを投入してさっさと寝て、翌朝には風邪気味の症状を改善。
民間療法恐るべし・・・

体力・気力が回復した週末の夕方、仕事から戻ってから小樽市蘭島(らんしま)地区に車を飛ばす。
蘭島神社の例大祭を訪問。

Img_3310
神社に隣接する「らんしま保育園」の敷地が祭り会場になっていました。
小樽の祭り特有のテーブル・椅子にステージでは地元の若者バンドが演奏の準備。
左手のテントは売店。
地元の町内会で運営しているアットホームな祭りでした。

Img_3303
社殿では関係者皆様の祭り開催の儀式真っ最中。

Img_3304
蘭島神社例大祭では昼間に神輿行列かあるのですが、土曜日までびっちり現場作業が予定されているので今回は見学は断念。行列に用いられる鋏箱や毛槍を眺めます。

Img_3301
せっかく来たので売店で「串エビ」と「みそおでん」を買って食べる。
串エビは居酒屋の串焼きと違い、材料新鮮なせいかプリプリです。
みそおでんは、はんぺんとコンニャクの2点だけなんですが、味噌が旨い。なにか隠し味が仕込んである旨さ。
何千何万人も訪れる祭りと違い、こういうローカルな祭りだと地元の味が楽しめますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅が舞う夜 小樽稲荷神社編

平成30年6月9日、小樽市手宮地区を会場に催された、小樽稲荷神社例大祭を訪問。

Img_3276
「百人神輿」と呼ばれる勇壮な神輿も、夕方は一休み。

Img_3277
小樽稲荷神社は小高い丘の上に鎮座しているため、「御旅所」と呼ばれる御神体の出張所が祭り会場に設けられている。

Img_3278
御旅所の前、ステージ脇で地元吹奏楽グループの演奏。
その向こうには露天商のストリート。地元の小中学生たちで混雑している。

餅捲きを目当てに、既に子供達の集団がステージ前に集合。
先日の潮見ヶ岡神社例大祭の時とは異なり、フランス革命前の群衆かというくらいに老若男女が大集合。
競争率高そうなので福餅の入手は諦め、本日は撮影に専念。
小樽稲荷神社例大祭の餅捲きの様子はこちらです。↓

Img_3282
餅捲きが終わり、人々は露天商のストリートへと流れ込んでいく。
小樽の人にとって、祭りは夏の始まりだという。

気温12度の冷え込んだ日だったが、今日の餅捲きはえらい熱い餅捲きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツルヤ餅菓子舗 【北海道小樽市】

塩谷丸山の帰路、日曜営業している餅店である「ツルヤ菓子舗」に立ち寄る。

Img_3248
大正時代に建てられてそのままの古い店舗が特徴。
古びた店内、めぼしいものは売り切れてましたが、

Img_3249
豆大福と赤飯を購入。

北海道の赤飯は2種類ある。
小豆を炊き込んだ普通の赤飯、そして北海道では食紅で着色し甘納豆を炊き込んだ「赤飯」だ。
ツルヤ餅菓子補では両方売っているが、あえて甘納豆の方を購入。

喰ってみるとやや甘い味です。
普通の赤飯のように塩をかけてみましたが、スイカに塩をかけるのと同じで甘みが強調されるw
本土出身の私はやっぱり普通の赤飯がいい・・・と思いました。なんだかんだ思いつつ完食したけど。

この北海道赤飯の由来は、有力な説として札幌の私学「光塩学園女子短期大学」の初代学長、故・南部明子先生のお母さまが考案したといわれる。甘納豆を使い甘口なのは子供が喜ぶから、食紅を使うのは作る手間を簡単にするためだそうな。

昔何かの本で北海道の女性は強いと読みましたが、赤飯も女性による食べ物なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅が舞う夜

先日の記事にも書いたように、5月末から小樽市内では毎週のように各所で神社例大祭が開催される。
6月2~3日にかけて開催される潮見ヶ岡神社例大祭を訪問。

6月2日、仕事から帰った後、急ぎ神社へ。
目的は子供神楽。
北海道ならではの「松前神楽」が演じられる。

演じるのは地元、潮見ヶ岡小学校の子供達。
肝心の松前神楽はちょっと緊張したのか、習熟度は今ひとつの舞いでしたが、一生懸命さが伝わってくる舞いでした。

Yaotome
続いての巫女の舞いでは、ひときわ優美な舞いをみせる女の子がいる。小学生に混じって中学生の女の子が演じていました。
 いかがわしい表現ではなく、子供と大人の中間にさしかかった年頃の女の子の優美さが際だった神楽でした。

 子供神楽の最後の演目は獅子舞。
 本来は1時間かかる演目のダイジェスト版が舞われた後、見学の子供達が頭を噛んでもらおうと集まってくるのが微笑ましい。
Img_3237

そして最後は神殿からの餅捲き。

紅白の餅がまかれ、一人で幾つもの餅をキャッチする子供も。

Img_3246
撮影機材を片手に、私もなんとか1つ手に入れました。
当ブログをご覧の皆様にも、福がありますように。

小樽で開催される例大祭を調べていくと、たいてい日程に「餅捲き」が予定されています。
やっぱり小樽は、餅の街。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日日記 5月27日

ウィークリーマンションに入った翌日は日曜で休み。
生活環境を整えるために片付け物、近所で買い物。

市立小樽図書館で調べ物をした後、小樽市奥沢地区へ。
奥沢地区の真言宗・不動院という寺で開催されている例大祭を訪問。

事前の調べ物で驚かされたのが、5月末から小樽市では連続して例大祭が各所で行われる。

平成30年小樽市内のお祭り(神社例大祭)日程 小樽市ウェブサイト

 北海道では夏は短く、春が終わればすぐに秋になるとも言われる。その合間に田植えが行われ、ちょうど初夏の時期に豊作を祈願する祭りとして行われること。
 小樽をはじめとした日本海側では、かつてのニシン漁の盛況にあわせて祭りが行われたこと。
 などがこの時期に例大祭が集中する理由らしい。

小樽市の例大祭の中でも、不動院は唯一、寺院での祭りである。
奥沢地区に徒歩で進むと、祭りの帰りらしい小学生の集団と幾つもすれ違う。

Img_3200
小樽市・不動院の門前にて。

Img_3201
山形でみられる、いわゆる祭り・縁日と異なり、寺院の境内に多くのテーブルが並べられ、地元の方々とおぼしき家族連れでいっぱいです。
大人達、特に男性はほとんどの方がビールがまわっているのか、顔が赤い。

Img_3202
日本全国、子供達は「射幸心をあおる」ゲームに夢中ですね。

お祭り価格の焼きそばを食して帰りました。

P2
北海道、桜は散りましたが八重桜はまだ市街地のあちこちに咲いてます。

P3
空き地も花盛り。

P1
空き地を彩るのは、たぶんワスレナクサ。図鑑で確認してみましたが、エゾムラサキではないようです。

Img_3210
書店で地形図を購入。
不良社員の私、来週の休みの準備もぬかりなく。

北海道外の人間があまり立ち寄らない、かつ地元の人々に愛されている低山を登りたいと思っています。

参考文献:小田島政子著『北海道の年中行事』北海道新聞社刊 1996、合田一道著『北海道 祭りのロマン』北海道新聞社刊 1982

| | コメント (0) | トラックバック (0)

獅子が舞う、人が舞う、米が舞う 【ワッパ舞 山形県鶴岡市 槇代地区】

平成30年5月1日、山形県鶴岡市 槇代地区の神事『ワッパ舞』を見学するため、槇代地区公民館を訪れる。

P9
槇代地区公民館

ワッパ舞とは、ワッパ(木製で円または楕円形の御飯容器)を米粒で満たし、そのワッパを両手に持ってアクロバティックな舞いを舞う神事である。
他の地区の神楽などの舞いとは全く異なる様式に、大変興味をひかれたのが訪問の理由である。

P10
神事を控える槇代地区公民館。
両脇には神社関係者、地区役員、当屋のご主人が座り、手前の座席は一般観覧席となる。

開始予定は11時15分、1時間ほど早く到着した私が「ごめんください」と公民館に入ると、幸いなことに当屋(行事を取り仕切る当番の家)の奥様と出会う。

そもそも槇代地区の『ワッパ舞』は観光イベントなどではなく、地元の人による地元の人のための「神事」である。
わざわざ山を越えて山形市から来た私は完全な余所者であるが、そんな私を奥様は温かく迎えて下さいました。
村山民俗学会の会員で見学に来た旨をお話すると、奥様が地区会長、氏子代表、当屋のご主人と面会させてくれました。
そのおかげで、下座に座っていたのだが「どうぞ前で見学して下さい」と、一般観覧席の最前列に招かれる機会に恵まれる。
当屋の奥様から伺った話では、当屋は3軒共同で担当、ワッパ舞は米が多く散らばるほど豊作とされる舞い、とのこと。

神事が始まるまで、神棚を見せていただく。
Dsc00076
米、山の恵み、御神酒が捧げられた神棚。

P22
米は豊作祈願であり、豊かさの象徴である。

Dsc00079_2
神事の直前、舞いに使われるワッパに米が入れられる。銘柄はもちろん庄内米です。

11時20分、大鳥神社の神主による神事から始まる。
11時40分、獅子舞が始まる。

P13
さきほどまでの厳かな神事とは対照的に、最前列に座る私の背後からは「はやいぞ!」 「よしいいぞ!」 「まだだ、まだだ!」と、激しい掛け声が飛ぶ。 皆さん「獅子舞OB」なのだろう。

P1
獅子舞が始まって20分、休憩が入る。応援の方々が一斉に麦茶やビールを持って駆けつけていた。

P3
獅子舞が終わりに近づき、舞い手の2人が獅子頭を外す。
観衆の女性から「いいおどごだっ!」と声が飛ぶ。(動画4分45秒)
この神事が一種の「通過儀礼」を果たしているようだ。

12時25分、ワッパ舞が始まる。
P14
両手に米粒で満ちたワッパを持ち、舞いが始まる。

P4
動きが激しくなり、ワッパから米粒が空中に弧を描いて飛び散っていく。
そのたびに掛け声が入る。
飛び散る米粒が多いほど、豊作の祈りが込められるのだろう。

P5
最初はゆっくりと、次第に動きがアクロバティックになり、後方でんぐりがえしも展開される。

P15
さきほどの獅子舞もそうだが、舞いの最中に御祝儀が投げ入れられる。時には大量の小銭がそのまま投げ入れられる。 獅子が舞い、人が舞い、米粒が舞い、銭も舞う。

P17
最後に子供達によるワッパ舞も披露される。地元・温海小学校に通う小学生たちだ。
舞い方は大人と変わらない。
子供ゆえ、米粒が大量に飛び散るが、そのたびに観衆の大人達から「いいぞ!」と温かい声援がとぶ。

P16
激しくも温かい声援を送る地元の皆さん。

P19
最後に神主による祈祷が行われ、神事は終了。

P18
子供達が使ったワッパ。大人の舞で使われる物より一回りミニサイズ。

P12
当屋の奥様から、「これ食べて下さい」と渡された2つのおにぎり。帰路の車の中で大変美味しくいただきました。

余所者の見学者の私を温かく迎えて下さった、槇代地区区長、氏子代表、当屋の皆様、槇代地区の皆様にあらためて深く感謝申し上げます。

槇代地区 ワッパ舞 平成30年5月1日の行程
11:20 神事開始
11:32 玉串拝殿
11:40 獅子舞始まり
12:00 獅子舞休憩 12:05再開
12:20 獅子舞終了・休憩
12:25 ワッパ舞 始まり
12:38 ワッパ舞(大人)終了
12:43 ワッパ舞(子供)始まり
13:00 ワッパ舞(子供)終了
13:30~ 直会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧