快 晴

コロナ禍を経て久々の月山。

快晴、しかも乾燥しているためだろう、稜線からは飛島、粟島、佐渡島まで一望できる。

P1_20200531072001

いわゆる「アフター・コロナ」の登山を探ることも本日の山行の目的。

30人前後の登山者をみかけたが、なんとなくよそよそしい雰囲気の中、すれ違う時はやはり「こんにちわ」と挨拶を交わす。

山頂直下、鍛冶月光の登りはやはりマスク着用は無理。普段でさえ高齢の登山者の多い月山、コロナ後の登山として検討されているマスク、マフラーやスカーフを着用した登山は現実的ではないと感じる。

「自粛」が言われている県外からの登山者だろう、年配の男性登山者が「リフト駅で身分証確認されました?」と尋ねている。

そんな姿をみて、正直何か世知辛いものを感じる。

P2_20200531072601

金姥近くのシラネアオイはどれもつぼみ。今週か来週あたり楽しめるでしょう。

残雪を利用して速攻で登り、下山は花の咲き具合を観察しながら下る。

「巣ごもり生活」で貯えた脂肪(世間では太ったと表現するらしい)を燃焼させ、3時間半ほどで山頂往復を済ませ、車で山形県自然博物園に移動。来週の朝日少年自然の家行事に備えてブナ林遊歩道をまわる。

 P3_20200531073001

 新緑のブナ林の遊歩道を行く。

 自粛明けのためだろうか、残雪期の博物園遊歩道は初めての方には迷いやすいのだが、親子連れはじめ結構な人数が入山していた。

 P4_20200531073201

 周海沼では腰を下ろして休む。

 鳥の声と水の音。

 コロナウイルス禍の真っただ中、日本アルプスや八ヶ岳方面では登山自粛をめぐって喧々諤々の議論が続いているが、私自身は4月後半から建設業の方がバタバタしており、それどころでない、というのが現実だった。

 寝るときもyoutubeで「森の音」の動画を聞きながら眠りにつくほど精神的に疲れていた。

 今、目の前で「森の音」がライブで聴ける。あらためて精神的な休息をとる。

 ブナ林を巡った後、自然博物園事務所に立ち寄り、近田ガイド、真鍋ガイドに挨拶と今夏の月山登山の展望について話込む。

 月山から車で下り、所用のため月山朝日ガイド協会前事務局の横山さん宅を訪ね、ここでも今夏の月山について色々話を伺う。

 横山さん宅を訪れる度、奥様から出される梅の砂糖煮が美味い。美味いだけでなく、その鮮やかな紫蘇の紅色に心奪われる。

 用事を済ませ、自宅に戻り、休日は終わる。

 

【注意】

 月山・姥沢のリフトは現在スキー用に運用されており、リフトで下りの乗車ができません。

 2020年6月16日(火)から18日(木)までの3日間は終日運休、リフトの架け替えが行われます。

 リフトでの登り・下りが可能な夏山リフトは2020年6月19日(金)から開始されます。

 詳細は 月山観光開発ウェブサイト をご覧ください。

| | コメント (0)

春のブナ林へ

金曜。

来週から山形県某所に出張する親方達作業班の段取り、私は仙台市某所に出張する段取り、その合間に新入社員への工事機械のプレゼン。

諸々の仕事を片付け、好天を逃さず土曜は月山山麓へ。

不要不急の外出? ガイド山行を予定している身である。少雪のシーズン、下見しておきたいポイントはいくつもある。

Imgp0001毎年楽しみにしているザゼンソウは、もう開花している。今年はやはり一ヶ月は気候が早い。

そんなことを言っても仕方ない。あるがままに受け入れよう。

グサグサに腐った雪を、ワカンを履いてブナ林を進む。

G2

西川町の街中でも気温16度、風は冷たいが日差しはきつい。ブナの木陰で休憩。

キツツキのドラミングが聞こえる。もう冬は去ってしまったのだ、と実感する。

G1

ブナは凶作なのであまり見られないはずなのだが、枝のへし折り具合からみて熊棚。空き家物件。

G3

自然博物園も除雪が進む。山にも春が来る。

| | コメント (0)

東京日記

2月24日

コロナウイルス狂騒曲の中、東京出張。

1泊2日の予定だったが、若手エースE君の家に不幸があり、急遽延泊・現地で作業することが決まる。

20200224_111513

貴重品のマスクにアルコール消毒剤、完全武装でいざ東京へ。

 山形から1人ハイエースを駆って東京に移動、西日本某県の出張から移動してきた親方、E君ペアと合流。

 葬儀に参加すべく山形に戻るE君を予約していたホテル経由で駅に送ろうとしたが、若手エースのE君、今回の宿をBooking.comとやらで予約したらしく、予約のキャンセル・変更が滅茶苦茶困難な状態になっていた。

 フォローすべく私もBooking.comのカスタマーセンターに電話しようとするが、出てくる番号が「オランダ・アムステルダム」w

 出張が日常茶飯事になっている私、宿の予約では楽天トラベルなど予約サイトは宿探しの参考にするものの、サイトを経由して予約を入れることはほとんど無い。

 仕事の工程は状況によって変化し、常にキャンセルや延泊の可能性が高い他、大型トラックを常用するため、宿に直接駐車場の確認をしたり、時には大型車を停めてもらえるよう交渉したりするため、予約サイトは私にとって「使えない」のだ。

 細かいノウハウも、若手に伝えなくちゃなあ・・・と同時に、ネットは万能ではないと痛感させられた出来事。

 どうにかこうにかE君を山形に送り出し、夜は久々に親方と夕食を兼ねて飲む。

20200224_173742

 焼き鳥屋「とり鉄」にて、ビールの泡にはハートの絵柄。さすが東京、店のお姉さんも「美貌の女性が無駄に消費されている」と思うくらいにえらい可愛い。明日から仕事がんばります。

 

2月26日

 仕事の休憩時、米津玄師の仙台ライブが中止になったことを知る。

 息子と娘のため、倍率10倍といわれる抽選を突破してチケットを購入していたが、致し方ない。

 チケット購入で自分の運勢をすべて使い果たしたような気がする。コロナウイルスに感染して死んだら皆さんごめんなさい。

 

2月27日

 久々に工事機械を操って仕事している最中、携帯に電話が入る。

 3月に予定していた、子供たちを引率する山行がコロナウイルス蔓延に伴う自粛措置で中止の連絡だった。

 私のブナ林ガイドの師である横山さんから引き継いだイベントだっただけに、私なりに力を入れて準備を進めていたが致し方ない。 

 一現場作業員として、今日も黙々と東京の片隅で働く。

 

2月28日

 葬儀を終えて戻ってきたE君と合流、午前中引継ぎを行い、現場でお世話になった方々に挨拶してから大型トラックに乗り込み、一人山形を目指す。

 長いドライブ、余計なおしゃべりの無い米軍向け放送AFNの音楽を聴きながら、首都高を北に向かって走った。

| | コメント (0)

月山山麓にて

1月にオファーをいただいた3月の山行に向け、月山山麓をスノーシューで歩き回る。

子供たち相手の引率なのでコース取りが重要なのだが、今年は例年にない寡雪。

例年なら雪に埋まっている沢も湿地もぱっくり姿を見せ、新たにコースを開拓しなくてはならない。

ブナ林ガイドの師である月山朝日ガイド協会事務局の横山さんとも相談し、地道に歩き回る。

 

2月×日

P1_20200223004701

 悪天をおして入山。悪天といっても気温は高い。ブナの小枝に雫が垂れる。

 

2月×日

 下見の度、山は大荒れだったが、今日は昼過ぎまで天気がもちそう。

 それを見越して有休を取得し、月山に入山。

 P2_20200223004801

ようやくガイドコースのイメージが固まる。

幾度か貧弱な寒気が通過したものの、やはり交通標識が手に届くほどは雪は積もらない。

ぽっかり開いた湿地には、早くも水芭蕉の葉が見え始めている。

 

 職場が本社勤務になってから、緊急の取引先からの連絡に対応するため、スマホに会社メールが流れるようカスタマイズしてもらっていた。

 土曜日とはいえ、現場は稼働しているので「大滝、〇〇準備しといてくれ~」と出張班から連絡が朝から入る。

 下山後、スマホの地図アプリで取得した軌跡とコースタイムを自宅で検討し休憩、夕方から出社、来週の出張に備えて準備作業。

| | コメント (0)

凍み餅 (しみもち)

午前の空き時間を利用して、月山山麓をスノーシューで徘徊。

P3_20200211182301

風ビュービュー、弓張平も地吹雪で前後左右がわからぬ位にホワイトアウト。

P2_20200211182501

交通看板は、積雪のおかげで少し近づいてきました。

P1_20200211182601

 志津集落、旅館「仙台屋」さんの軒下です。たくさんの凍み餅(しみもち)。

 毎年気になっていたのですが、やっと撮影の機会が得られました。

 今年の記録的な暖冬、山形県某地区では仕方なく冷凍庫を駆使して凍み餅作りに励んでいるとニュースで拝見しました。(冷凍庫で製造といっても凍りすぎると風味が落ちるため、従業員の女性の方がつきっきりで凍らせるという手間がかかったものでした)

 こちら仙台屋さん軒下の凍み餅、いいかんじにひび割れて、まさに天然のフリーズドライです。

 この凍み餅、道の駅あたりで調理済みのやつ無いかな~と探したら、大江町の道の駅で8個入り500円の凍み餅があったので早速購入。

 P4_20200211183101

 素朴な味・・・と言いたいところですが、大江町道の駅で販売されている凍み餅は、醤油に蜂蜜・酒で味付け・揚げているので、食べた感じはまさに「しっとり重厚な歌舞伎揚げ」でした。激ウマです。

| | コメント (0)

やってきた冬

山形県朝日少年自然の家 企画事業『イグルー作りと冬遊び』にサポーター参加。

諸事情で1月から職場形態が移り変わり、前日まで機械トラブルで鬱状態。

 本社での業務、その合間をぬって息子の中学校の教師と連絡をとり、部活動のトラブルに私自ら学校に乗り込み教師と話し合い。高齢の母の様子見と買物への連れ出し。

 そんなこんなで今年も早や2月。

 仕事上のトラブルで夜遅く帰り、それから装備を取り出してパッキング。

P5_20200209220201

 自然の家に到着し、初めに手渡されたのが今や世間の超スーパーウルトラ貴重品であるマスク。新型コロナでにぎわっているけど、まだまだインフルが猛威を振るっている山形県。

P1_20200209220401

 所の庭には草地が見えてるし、「イグルー作りの達人」であるサポーター仲間は不参加だし、どうなる今年? と柏倉さんと心配したが、

P4_20200209220601

 雪をかき集め、おりしも気温は低温。暖冬特有のザラメ雪みたいにポロポロ崩れることなく、しっかり雪は固まってくれ、ありったけの雪を集めて、ひとつめのイグルーは完成。

P3_20200209220801

 体育館にテント泊の参加者と、自然の家館内泊の参加者の2グループに分かれ、ローソク作りと交代でフォローする予定であったが、人数が少ないことから所員の工藤さんにお願いして私は2グループ続けてイグルー作りの手伝いを志願。

 2班めの皆さんは保護者、お母さん方がイグルー作りにノリノリで大変助かりました。あっという間に完成。

P6_20200209221001 イグルー作り、私の経験では、たいてい子供たちは途中で飽きてしまいます。今回参加の子供たちは幼稚園児・保育園児が大勢を占めた。雪灯籠作りがとても楽しかったようで、良いアクセントになりました。

P7_20200209221201

 夕方から激しい降雪。夜は雪灯籠鑑賞と花火大会。

 昼に作ったイグルーでは、我が子とイグルーをスマホで撮影しようという保護者の皆さんで行列ができる。

 自然の家の板垣所長とその様子を眺めながら、「写真って、なんなんでしょうね。」「(雪灯籠の)綺麗な光景を、心に留めておくのも大事なんじゃないでしょうか」という話になる。

 その一方で、「〇〇ちゃん、イグルーで写真撮ってお父さんに送ろうよ ! 」と懸命なお母さんもいらっしゃる。

 名著『遊歩大全』でカメラを故意に持たない「ノンフォトグラフィーの喜び」という一文があるが、スマホの写真が持つ意味は、現代社会に生きる家族にとっては人それぞれなのだろう。

 夜は体育館でテント泊。

 サポーターの高校生お二人には暖房のある館内で、私は昨年に続き体育館泊。

 もともと「冬キャンプ」を企画した前職のJさんから色々ご相談を受けていた経緯もあり、私にとっては体育館泊が義務である。

 昨年は冬用シュラフで雑魚寝して熟睡していたが、今年は冷えそうだったのでエスパースマキシムを張り、ダウンシュラフで就寝。

P8_20200209221901朝4時の体育館(カメラのレンズの具合で実際より明るく映っている)

 朝4時、目が覚める。温度計でテント内の気温を計測すると1.3℃。

 小学生の男の子4人だけのグループのテントがにぎやかなので、起床時間までおとなしくするよう注意。館内ストーブが消えていたので、事務室で待機していた職員の山口さんにお願いして灯油を追加してもらい、それからまた寝る。

 起床時間、昨年同様に参加者のお母さんに感想を尋ねる。自前のシュラフにお子さんと抱き合って寝て暖かかった、でも顔面が冷たかったとのこと。

 P9_20200209223001

2日目の朝、結構な降積雪。車には10cm以上積もっている。所員の皆さんや私たちにとってはまさに恵みの雪だった。

P10_20200209223101

 朝日少年自然の家の「チューブ滑り」ゲレンデ。右は1月18日、左が2月9日の様子。

 私たちサポーターの役目は参加者より早くゲレンデに行き、コース整備。降雪にまみれながら雪用スコップをふるう。

 普段、何度も何度も頭抱えながら見積書を作成する自分と、子供たちの黒子に徹して雪にまみれる自分。どちらも私の生き方である。

P11_20200209224001

 約40分後、参加者の保護者・子供たちが引率され、ゲレンデに到着。例年どおりの、子供たちやお母さん方の歓声がゲレンデに響く。

 2日間にわたり、自然の家職員の皆様、サポーター仲間、ボランティア活動として参加された左沢高校、城北高校の皆様にはお世話になりました。

 すべてのプログラムが終了し所を退出。精神的にリフレッシュした私、日曜で無人の会社に立ち寄って今週の現場準備の確認、それから実家に立ち寄り実母の買物の付き添い。またいつもの日常に戻る。

| | コメント (0)

2020年1月上旬日記

1月某日

 いつものようにヨレヨレになって会社から帰宅すると、 P2_20200113192601

 食卓には納豆汁。七草の日、我が山形では粥ではなく納豆汁が伝統である。

 下界には雪の全く無い冬、食卓が季節の移ろいを教えてくれる。

 

1月某日 P4_20200113193001

 小正月。

 久しく飾ったことのない「団子木」が自宅に飾られる。

 義母から、息子と娘が「今年は厄年でない?」とアドバイスがあった由。

 私の実家では団子木は毎年飾るものだったが、カミさんの実家(上山市)では厄年に関連づけて飾るらしい。

 小正月の風習も、地域が違えば全く異なることを実感。

 

1月某日

 月山へ。 P1_20200113195301

  ウチの預貯金なみに、今年の月山は雪が無い。例年ならば雪に埋もれている車道標識も、今年は遙か頭上。

P3_20200113195501

 歩いていると、ヤママユガの繭。

 春先、少年自然の家の子供達とブナ林を歩く頃にはスカスカになって、メッシュ状の繭になっている。

 

 帰路、国道112号を走りながらNHKラジオのロシア語講座を聴く。

 今日はシベリア鉄道の話題。ハバロフスクからモスクワまで、6泊7日を要する。

 先生がネイティブの講師に尋ねる。『この長大な鉄道、寝台列車での生活で必要なものは何ですか?』

 運転しながら「暇つぶしの、分厚い小説か本かな??」と予想するが、ロシア人講師の答えは、こうだった。

 『 楽 し い 仲 間 』

| | コメント (0)

惟見長江天際流

正月、地方都市の長男は忙しい。

2日、私の家系の親戚廻り。父と母の実家、兄弟筋を私と老母の2人でまわる。

20200102_124313

 こういった「親戚廻りが面倒」というお悩みがネット上にあふれているし、私も若い頃は親に任せて海外一人旅や北海道の冬山単独行に傾倒していた。

 極道な山登りをしている方には親戚つき合いに無頓着な方もおられるが、私の場合、父の葬儀を経験してから180度考えを改めた。盆正月の挨拶まわりはもちろん、不幸があった際には、仕事の都合が付く限り母の代理として積極的に顔を出すようにしている。

 今シーズン、親戚の方から「高齢なので、これからはお互い訪問して挨拶は無しにすっべはあ~(無しにしましょう)」と申し入れがある。

 もう一件の親戚宅では、かつて元気なおじさんが、認知症が進行し慌ただしい状況になっており、仏壇にお参りしてお茶も飲まずに帰る。

 「世代の移り変わり」を実感させられた、今年の正月。

 嵐のような親戚廻りから帰宅し休憩をとり、夕方から私の登山の原点である山形南高校山岳部、一年上の先輩方の飲み会に参加させていただく。

 思うところあり高校同窓会の郵便物など開封せずにゴミ箱に叩き込む私だが、御縁があって山岳部の一学年上の皆さんの飲み会にお誘いいただいている。お会いできて楽しい方々と飲めてリラックスできるひととき。

 

【山形南高校山岳部の思い出】

 私が登山を始めた山形南高校山岳部は様々な伝統ルールがあった。少し紹介すると、

 

 ○雪が降るまで、いくら気温が低下しようともシャツは常に腕まくりしていなければならない。

 ○1年生はシュラフカバーで寝なければならない。市販のシュラフは禁止。春・秋季に使えるのは自作のシュラフ(みんな古毛布を二つ折りして縫い合わせた自作シュラフを使用)

 ○校内マラソン(10km)で100位以下の者は、罰として順位から100引いた数だけスクワットをこなさなければならない。

 ○三年時に部長に選ばれた者は、山交ビル(※)一階を自転車で走り抜けなければならない。

 ※山形駅前にあるバス発着場も同居した大型ビル。当時はダイエーが入っており、一階は下着売り場など普通のデパートである。

 などなど、

Oto

『魁!!男塾』なんかチョロいんじゃね?という高校生活である。

 中でも伝説なのは、後に小樽商科大に進学し、小樽・赤岩のクライミングルート開拓に尽力された高田岳人OB。高田OBは現役時代、後輩に「水くれよ」と頼んだ際、後輩が差し出した灯油ポリタンの灯油を「わざと」飲み干してみせた人物。後にアラビア石油に就職されたという逸話付きである。

 山南高校山岳部OBの足跡はインドヒマラヤ・ヌン東稜(明治学院大隊)、Z1峰・ブラマーⅠ峰(獨協大学隊)、ヤラシャンポ峰(山形県山岳連盟隊)、シシャパンマ北東稜、チョモランマ北稜(立正大隊)など各地に及ぶ。そればかりではなく、私のガイドネタでもあるのだが山形県内の生物調査に尽力されている沢和浩OBのような方もおられる。

 沢OBには、私が高校生の頃、「西高東低って、高気圧がきてるのにどうして天気悪くなるんですか?」というアホな質問にも優しく「それはね、日本海があるからなんだよ」とご指導いただいた記憶がある。

 そんな方々に見守られ、私たちは高校生活を送った。

 

 三次会はY先輩ご夫妻と3人で、ウイスキー専門バーを訪れる。

 カラオケの喧噪も無く、シンとした静けさの中でバーテンがグラスを磨いている。

 注文では、私の「いつかベンネビスを登りたい」という目標をこめてスコットランドのウイスキーをお願いしたところ、「初めての方なら教科書的に、まずこれだけは押さえておきたいスコッチウイスキーはこれですね」と、ザ・グレンリベット(The Glenlivet)12年物をお勧めいただき、これを注文。

Night

 スコッチウイスキーをストレートで飲みながら、静かな正月の夜を過ごす。

 今年も嵐の一年になるだろう。Y先輩ご夫妻との楽しい語らいの中で、今年も頑張ろう、と誓いをたてる。

| | コメント (0)

2020年 謹賀新年

Gg

新年あけましておめでとうございます。

今年もぼつぼつテキトーにブログ更新していきます。

毎年書いていますが、当ブログは山岳部の飲み会で語る感覚で書いてますので、今年もバカ話と登山家ゴシップネタ満載でまいります。

今年も私含め皆様が安全にアウトドア、登山を楽しめますように。

|

さよなら2019年

今年も多くの方々にブログをご覧いただき、ありがとうございました。

皆様にとって、今年はどんな年だったでしょうか。

私にとっては山あり谷ありの一年間、来年は嵐の予感。

そんな色々あった今年、会社からの帰宅途中によく聴いていた、イスラエルの Yair Albeg Wein による曲『Chasing Inspiration』をアップして、今年のブログの締めにしたいと思います。

私も含め、皆様が良い年末年始を迎えられますように。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧