曇天を突き抜けて。

山形県朝日少年自然の家主催事業「チャレンジキャンプ2017」の月山登山引率を、今年もご指名いただく。

あいにく7月下旬から日本海岸某所の現場に日帰り・通いで勤務。
朝6時に家を出て、帰宅は20~21時という生活。
息子の通う小学校のPTA行事の準備、息子にせがまれカードゲームの対戦相手等々をこなすと、平日の自分の時間は約1時間。
その間に月山登山の準備を進める。

今年はここ数年に比較して残雪が多い。
7月30日、ようやく確保できた休日に月山に下見に入り、雪渓の様子を確認。
雪渓の状況により、歩くコースを変える必要があるためだ。
子供達が感じるであろう高度感などを確かめるため、他の登山者には怪訝な顔をされながら、姥ヶ岳、牛首各所の雪渓を何度も登り降りして確かめる。

朝日少年自然の家・夏キャンプ月山登山の場合、私は前日入りを原則にしている。
参加する子供達の様子を確認するためだ。
当日も現場作業を終え、帰宅したのは19時40分。
それから家族と夕食を共にし、装備を再確認して出発、高速道路を使ってチャレンジキャンプ会場の月山・志津キャンプ場に到着できたのが21時45分。
ちょうどスタッフ・ミーティングの真っ最中で子供達の様子を伺うことができた。
この日は現場疲れもあり、用意していただいたテントに1人で爆睡。

翌朝4時半、いつものように観天望気のため外に出る。
月山は灰色のガスの中。
熱中症対策を前提にした装備に、手袋など子供達の防寒対策のスペアを加える。

キャンプ場を出発。
姥沢リフト下駅にバスが到着すると、灰色のガスが晴れて強い日差し。
私たちは雲海の上に来たのだ。
スタッフみんなで急遽、日焼け止めを塗りまくる。

F1
雲海の上を行く姥沢リフト。もう子供達は大興奮。

F2
姥ヶ岳山頂の木道で休憩。庄内側に流れ落ちる雲海をみんなで眺める。

「あっ!天使の羽根みたいだっ!」
子供達には、絹層雲はそう見えるらしい。

F3
サポーター仲間、学生サポーター、自然の家職員の皆様、多くの方々のおかげで今年も無事登頂を果たし、時折冷たい風が吹く山頂でお昼。

F4
キャンプ場に戻ってからも、大事そうに雪渓の雪を手にしていた女の子達。

F5
今日の夕食は豚汁に豚丼だよ!

F6
子供達もおなかぺこぺこです。
昨年、一昨年はキャンプ場帰着後、トイレで吐いていたりテントに横になる子供達がいたので注意深く観察していたが、今年の子供達は皆元気で一安心。

F7
毎夏恒例の写真。
大鍋一杯の豚丼具材は、子供達の食欲でこうなりました。

F8
ボンファイヤーにて。
子供達とマイムマイムを踊り、元職員の工藤さんにお誘いいただき、「肝試し」の脅かし役にまわる。

今年もおかげさまで子供達と一緒に月山から無事下山できました。
不慣れな登山で班付サポーターの大任を果たしてくれた学生の皆様、サポーター仲間、職員の皆様には深く感謝申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

山形県朝日少年自然の家・夏季長期キャンプ行事の登山下見のため、月山・姥沢口へ。

到着時は無風、ガスによる視界不良、気温18℃。

自然の家職員の方々が来る直前、上空から雷の音。

職員の皆さんが集まったところで協議、雷のリスクを考え、本日の登山は中止を決める。

どうも朝日少年自然の家行事に雷というと、2014年のトラウマが残っているのだが、山岳ガイドとして選択肢は一つ、下山しかない。

Img_2276
ちょうど雨も強く降り出した。
自然の家職員の皆様は、そのまま長期キャンプの会場となる志津キャンプ場の下見へ。
私は車の中で、実家絡みの問題でお世話になっている司法書士さんのアポをとるため電話。

電話中に外をみると、さきほど駐車場を出て行った某登山団体様のマイクロバスが戻ってきてリフト駅へと向かっていった。彼らも登山中止を決めたのだろう。
雷鳴はまだ続いている。

会社勤めの人間には貴重な平日休み。
月山から下りて、午後は司法書士事務所、それから郵便局に行き、本人でないとできない保険の手続き。

一日延ばした「連休」は、雷に終わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カヌーであそぼう in 月山湖

 先月の下見を経て、山形県朝日少年自然の家7月のイベント「カヌーであそぼう in 月山湖」にサポーターとして出動。

W1
子供たちを指導するカヌー講師は、月山朝日ガイド協会のガイド仲間である細谷さん

W2
ライフジャケットを身に付け、パドルを配り始めると子供たちのワクワク感が伝わってきます。

W3
最初はパドル操作に悪戦苦闘していた子供たちも、次第に慣れてスイスイと四谷川源流へ。

W4
遅れた子供たちをフォローするため、子供たちのしんがりを務めて四谷川源流に上陸。

しっかり者の子供たちは、配られたポカリのペットボトルを流されないよう、石で囲んで冷やしていた。
もぉー大塚製薬がCMに使いたいような光景。

W5
月山山麓・四谷川源流にて遊ぶ子供たち。
雪解けの冷たい水流、ただそれだけなんですが、子供たちにはそれでじゅうぶん。

四谷川から月山湖埠頭にカヌーで戻る途中、慣れたせいか「沈」する子供たちが続出。
サポーター同士でカヌーに乗ったまま、沈したカヌーの「水抜き」を試みるが、これが大仕事。
元職員の工藤さんの剛腕をもってしても、水が入ったカヌーは重い。
サポーターのカヌー5艇が集まり、三国志「赤壁の戦い」敗北前の曹操の水軍なみにお互いのカヌーをがっちり掴み、固定して水抜き・子供のピックアップを行う。
この作業を細谷さんは一人でこなす。
さすがカヌーガイド、私も山でこうありたいものだ、と改めて思う。

W7
四谷川源流から引き返し、月山湖の埠頭で飛び込み遊びに興じる子供たち。

W6
今日の私達サポーターの主な仕事は、カヌーの荷卸し、運搬、返却。
スタッフの皆さま、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日暮れてなお道遠し

福岡・TG社のお客様をガイドするため神室山へ。

先日のJMGA研修で学んだ、スパコンによる数値予報情報も利用しながら気象情報を収集。
当初は雨が予想されたため防寒対策を念頭に置いていたが、数日前から一気に猛暑が予想されたため、装備の見直し・入れ替え。

夜中の2時半に自宅を出て5時半、お客様たちと合流。
有屋口からの神室山往復。

今回のお客様は福岡、大阪、名古屋各地から集合した方々で、三日間で和賀岳、神室山、船形山(御所山)の三山を巡るツアー。
お客様は60~70代の男女半々。
昨日の和賀岳の疲労も考慮し、そして明日予定している船形山も考慮して、あまりお客様にダメージを与えないペースで登り、降りなくてはならない。

P2
七夕飾りのような花、ウリノキ。

とにかく暑い。
樹林帯を登るが汗がとまらない。
休憩中はお客様に話しかけながら体調を観察する。
「昨日は小野さんからもらったアミノバイタル聞いてます~」
小野さんとは、私が所属する東北マウンテンガイドネットワークの重鎮で、昨日の和賀岳ガイドを担当した秋田の小野ガイドである。
話を聞いても女性参加者の「小野さん推し」が凄い。

Live
女性参加者の小野さん推しはこんな感じ↑
うーむ、私も顧客の心情を把握する術を盗まなければ。。。

途中で足を攣った方もおられましたが、なんとか全員で神室山登頂。
稜線で少し涼しい風が吹きましたが、日差しがきつい。

P1
稜線に抜けたところで休憩中のお客様。みんなでわずかな日陰を求めて休憩中。

前述のように、明日は船形山登山を控えている皆さん。
ダメージを与えないよう下山しなければならない。
30分おきに休憩を入れて下降する。
と申しましょうか、この暑さで皆さんお疲れの様子、歩き始めて15分も経つと後ろから「ふー」 「はぁー」と疲労のため息が聞こえてくる。短めのサイクルで休憩を入れる。
しかし比較的険しい神室山、そうそうツアーの人数が休める場所があるとは限らない。
傾斜のゆるやかな場所を選んで休憩をいれるが、
「ガイドさん、日陰、日陰」と女性陣の皆さまに押されつつお客様を誘導。

お恥ずかしい話だが、稜線に至る尾根を下り、登山口も間近な沢筋の道で気分が悪くなる。
お客様の手前、意地と根性で苦しさは顔にださず下山。
体調不良の理由は明快、熱中症である。

ツアー登山での休憩中、私はあまり休まずに隊列の前から後ろまで往復する。
人数の多いツアーでは最後まで会話を交わさないお客様もいる。
お客様とコミュニケーションをとるためにも、また登山中の体調把握のためにも、休憩中のお客様を観察するための隊列往復は欠かせない。
しかし、ついつい自分の休憩がおろそかになった。
エナジー系ゼリー飲料を口にして良しとしていたが、今日の暑さはそれだけでは乗り切れなかったようだ。
あらためて自分の甘さ・休憩の重要性を認識する。
比較的年齢層の高いお客様だったものの、足並そろった方々で、ほぼ行程表どおりの時間に下山。

お客様のおひとりから、紅葉の時期に山形に再訪したいので個人ガイドをお願いしたい、と名刺を求められる。
まことにありがたいお話しではあるが、やんわりと名刺を渡すことは遠慮させていだたき、旅行社または所属ガイド団体にお問い合わせください、と対応。

旅行会社の業務でガイド中に名刺を求められた場合、あくまでも旅行社が募集したお客様であるため、仁義に反するので名刺は渡さず旅行社に問い合わせがいくよう誘導すべし・・・と、私がガイド資格をいただいた頃、大先輩から教えを受けていた。

身近でアグレッシブを通り越してエグい営業かけているガイドの話も耳にしますが、それ以前にまだまだ私、修行中の身でござんす。

15時半、笑顔で登山口をバスで発つお客様たちを見送り、本日の業務終了。

バスがみえなくなってから、自分のザックからお客様用に携帯していた経口補水液ゼリー二つを取り出し、飲用。
ようやく喉の渇きも収まる。
今日も課題の多いガイド山行が終わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新たな世代

AT社様よりご依頼をいただき、月山縦走ガイド山行に出動。
以前大変お世話になったAT社の椙山さん、エムフリー主催で久々に山行を共にする和田さん、ICI石井スポーツの松田さんらと共にクライアントを引率。

参加者を2班に分け、私は先頭を任される。
名簿を確認すると高齢の方もいらっしゃるので慎重に歩を進めるが、不思議と私が担当する1班はペースがいい。
よくよく話を聞くと、仙台を中心とする登山サークルの方々でかなり各地を登りまくっている健脚揃い。

とはいえ、梅雨前線が微妙な位置にある東北南部。
奇跡的に降雨はまぬがれたが、凄い強風に悩まされつつなんとか頂上に迫る。
山頂直下の月光坂では、月山朝日ガイド協会の重鎮・前田さん、佐藤さんとすれ違い。
やはりガイド中の佐藤さんから「芭蕉碑のあたり、凄い風だよ」とアドバイスをいただく。

強風の中、クライアントを誘導。
やはり参加者皆さんのご希望は「月山のクロユリ」。
先日確認した貴重な1輪のところへ案内し、今年はネズミの食害と低温で「不作」なことをお話し、風の中クロユリの撮影をしてもらってから山頂小屋前へ逃げ込む。
椙山さん和田さんとの話で山頂小屋内での昼食休憩となる。

おちついて昼食をとっていただいた後、庄内側へ下山。
ときどきガスが晴れて歓声があがりながらも、強風は止むこと無く、視界の効かない弥陀ヶ原に降りる。
強風、疲労が足に来ている参加者をみながらの下山のため、一度もカメラをとりだす事なく山行を終える。

移動のバスの中では、ICI石井スポーツの松田さんの隣に座る。
帰路のバスの中では熱心に高山植物の図鑑を確認し、今日の山行で視認できた花を記録。
山行前には、あらかじめ花の写真をプリントしてきた紙の裏には花の名前を書き込み、受験生の単語帳のようにして花の名前の予習もしていた彼女。

その熱心さに頭が下がる思い。

I1
移動中のバス車内で熱心に今日見た花を確認する松田さん。
そもそも松田さんは山形県の国体山岳競技・クライミング予選を一位通過したトップクライマー。
伺った話では、近々ガイド資格の取得を目指しているという。

熱心に調べた高山植物ネタで、帰路のバス車中で参加者皆さんを相手に花の「ふりかえり」を行い、場を盛り上げる手腕も持っている。

夏山シーズン冒頭、台頭する若い世代にとても刺激を受けた1日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月山残雪状況 2017年6月29日現在

6月29日、月山・姥沢ルートと羽黒ルートの雪渓状況を踏査してきました。
ここ数年が少雪ということもありましたが、今年は例年より残雪が多いです。

Map20160629
2017年6月29日の残雪状況位置図(1MB)

稜線は例年どおりですが、姥ヶ岳山腹~牛首を通るルートはほぼ残雪で埋まっており雪原状態です。
視界不良対策のコースロープはありますが、谷からリフト上駅に通じるルートは両足ほどの幅の狭いトレースが雪渓を横切る形で延々と続きます。
リフト上駅~牛首に直接通じるルートは、雪上歩行に慣れない方にはおすすめできない状態です。

湧水ポイントがあって人気のあるリフト裏の登山道も雪が多いため、避けたほうがよいと思われます。
(月山パトロールも徒歩での下山はおすすめできないと掲示している状況です)


Photo
月山頂上直下の月光坂から、姥ヶ岳~牛首ルートのある谷をのぞむ

Photo_2
リフト上駅方面に続くトラバースルート。
トレースがあり傾斜も寝て見えますが、滑落するとかなり下まで流されます。
雪上歩行に慣れていない方は稜線の往復をお勧めします。

これから梅雨の降雨や高温で日々雪渓の状況は変化していきますが、例年より雪が多いため、現地の情報・状況をよく確認の上、雪上歩行に慣れていない方(アイゼン歩行・滑落停止など基本技術がわからない方)は無理をせず、稜線ぞいに登下降されることをお勧めいたします。


※本記事の内容は筆者の個人的見解であり、月山朝日ガイド協会の公式発表ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彩 雲

休みが取れたので、山開きの前に雪渓状況を把握するため、月山に入山。
1日で姥沢ルート、羽黒ルートの2箇所を調べたい。
月山を縦走すると、登山口に置いてきた車をどうやって回収するかが問題となる。
姥沢口に車で乗りこみ入山、山頂を越えて弥陀ヶ原まで行き、そこから引き返し、再度山頂を踏んで姥沢口に戻る、という何とも体育会系な方法で解決する。

P4
いやいや今年は雪が多い・・・と申しましょうか、昨年までが寡雪だったんですが。

P1
花の時期も遅れているのか、山頂のクロユリはようやく1輪だけみつけました。

P2_2
姥沢側の稜線はシラネアオイ街道でござんす。

P3_2
羽黒ルートを登り返し、山頂に近づいていた時、空の雲が七色に染まっているのが見えました。
あまりに空が明るくて肉眼やデジカメのファインダーではわからないのですが、サングラスを通してみると、その雲だけが虹色。
画像中央の細い雲です。
彩雲・・・かな?

彩雲って「不吉な前兆」とか「幸運のしらせ」とかいろいろ言われているようですが、月山の山開きを明後日に控えて、これから夏山シーズンに入る皆さん、この画像をご覧になる皆さんにいいことありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

快晴、そして雨

月曜日、夜。
会社から帰宅した後、昨日の火打岳から戻った後すぐ洗濯していたウェアはじめ装備をとりまとめ、車に押し込み、上高地にむけて出発。
JMGA(日本山岳ガイド協会)の資格更新研修のため、上高地に向かう。

一人で夜通し運転、体力は
Otokojuku
漢気でカバーするのが立正大学体育会山岳部(え? 僕だけですか? )、しかし睡眠不足はいかんともしがたく、上信越自動車道で何度も蛇行運転しながら(おまわりさんごめんなさい)、翌朝7時、沢渡バスターミナル駐車場に到着。

P1_3
快晴の下、穂高方面を眺める。
かっぱえびせんじゃなかった河童橋は閑散とした雰囲気。
6月、緑のいい季節でありながら観光客も少なく、好きな人には穴場な季節らしい。

P2_2
ニホンザル、子連れのサルも多くみられました。

汗ばむ陽気、この日松本や長野は35度の暑さ。

翌日は梅雨前線がバリバリ活躍して中部地方は大雨。
上高地の気温も14度。
アンダーシャツに夏用シャツ、さらにゴアの雨具を着用しても肌寒い。

Imgp3074
本来の静けさの大正池。

完全装備の私達ガイド連中が歩いていると、サンダル履きや半袖姿の観光客と多くすれ違う。

この違和感、中央蔵王の刈田岳を完全フル装備で登った時と同じ感覚にとらわれる。

P4_3
研修中、どうしても撮影したかった「ベニバナイチヤクソウ」。
山形では、蔵王、しかもスキー場周辺の中腹でしか見たことがありません。
上高地では梓川の川岸に群生してました。観光地とはいえやはり環境は山深い。

同じく研修を受けたガイドの皆さま、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝の憂いと火打岳

湯殿山に引き続きお声がけいただいて、月山エコプロの火打岳ガイド山行にサブガイド参加。

道の駅「尾花沢」6時集合のため、朝4時前に起床し出かける準備をするが、階下のリビングで娘が泣いている。
美術部の娘、どうも課題の絵が上手く書けないらしい。彼女は昨晩から寝ていない。
もう中学生の娘、困難にぶつかっても、もう自分自身で解決していくしかない年頃だ。
父親の私には声をかけてやることしかできない、もどかしさ。
付き添っていたカミさんから、「出発していいよ」と促され、自宅を出る。
自宅から道の駅「尾花沢」までは近くは無い。
運転しながら、どうしても娘の事が気にかかる。

集合場所でメインガイドの真鍋さん、クライアントの皆様と合流した瞬間にはスイッチが入り、娘のことは忘れることにする。

最上町の親倉見(しぐらみ)登山口から、神室連峰・火打岳を目指す。
槍ヶ先というピークに登り、そこからアップダウンのあるヤセ尾根をたどるルート。

長期予報では高気圧に覆われているはずだったが、南方に現れた低気圧の影響だろう、どんより曇った天候、山稜は厚いガスに覆われている。
ひたすら登ったピーク、槍ヶ先では風も吹き、皆でウェアを着用。

P1_2
標高は1300mに満たないものの、豪雪地帯で冬季は雪庇が発達、稜線は削られ、ヤセ尾根が特徴的な神室連峰。

P2
稜線にでて正直驚いたのは、先週までの温暖な天候のおかげか、ニッコウキスゲが花咲いていたこと。

P3_2
手の届かない断崖はシラネアオイの群生。
ニッコウキスゲとシラネアオイの共演。

P4_2
アップダウンのある稜線を皆さんに頑張っていただき、たどりついた火打岳。
残念ながら周囲はガスガス。
本来ならば豪快なヤセ尾根と稜線の大パノラマがみられるはずなんですが・・・
そこはメインガイドの真鍋さんの絶妙なトークで盛り上がる。
サブの私は、最後尾を歩く酒田からのお二人に花の名前を教えながら歩く。

P5
地元・最上町から参加のSさんご夫妻が、わざわざ冷凍してパーティー全員分担ぎ上げて差し入れて下さった「笹餅」。蔵王のいが餅に似てますが、本物の笹を使い、季節商品とのこと。激ウマでした。Sさんごちそうさまです。

P6
風の穏やかな火打岳山頂で昼食休憩をとり、再び稜線を登り返す。
槍ヶ先がやけに大きく見える。
下山途中の池ではモリアオガエルやクロサンショウウオの卵の観察会。
普通のツアー登山と異なり、そうした穏やかな時間を過ごせるところが月山エコプロの山行の特徴。
約8時間の行動、皆さんお疲れ様でした。

下山後は皆で最寄りの温泉に行く。
入浴を済ませ、温泉のロビーで自宅に電話。
娘はやはり課題の絵に失敗したことを苦にしていたらしく、教師に相談の上、締め切りが延びたらしい。
今は普通に過ごしているという。

サブとはいえガイド山行が終わった安堵感と、家庭での憂いが消えたことでほっとする。
娘と息子の年齢からいって、こんな日々が続くことを予感しながら、自宅へと車を走らせた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神室通い

今日から2日続けて神室連峰。

P3
山全体がしっとり。

P2
地上天気図では高気圧に覆われているはずが、寒気が流入しているのか最上地方はどんよりと曇っている。
涼しすぎるほどの気温だが湿度は高く、急登に汗を絞られる。

休憩中は、新緑から夏山の緑に移ろうとする木々の姿に目を向ける。

P4
山の中はエゾハルゼミの大合唱。

P6
シャクナゲは、ちと早かったようです。

午後は自宅で身体を休め、明日ふたたび神室の山へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧