朝日連峰・鳥原小屋で感じたこと

13日。

昨年に引き続き、盆の墓参りを夕刻にさせてもらい、日中の時間を利用して朝日連峰・鳥原小屋を訪問。

今年は工事中の登山口視察を兼ねて古寺鉱泉から登る。

これまた昨年同様、登高途中で訪問目的である鳥原小屋管理人・鈴木正典さんとばったり出くわし、お互い苦笑。

「昼までには戻るからっ!小屋で待ってて!」

正典さんは途中にデポしてきたビールを回収するための下山とのこと。私は後の面会を楽しみにしつつ登高。

P4_20190816113201

正典さんの字で、古寺鉱泉に立つ標識から『鳥原小屋推し』が凄い・・・

決め文句は「ビールあります」と「大朝日小屋にはビールありません」(笑)

P6_20190816113401

 

強い日差しの中、高湿なブナの道を登る。

暑い。蒸し暑い。

ストームゴージュアルパインパンツも吹き出す汗で繊維が飽和してしまい、ピタピタと脚にまとわりつく状態。

P8_20190816113601

ユージン・スミス調に木陰から鳥原小屋を眺める。

正典さん手書きの案内の効果か、木道で行き交う登山者から

「ここビールあるらしいよ」という声が漏れ聞こえる。

汗だくになった鳥原小屋では、正典さんの奥様と初対面。デポしたビールを回収に行った正典さんが到着するまで、小屋で待たせてもらうことにする。

P9_20190816113901

「蕎麦食べていきませんか」という奥様のご厚意に甘え、調理いただいている間、小屋外のベンチで汗まみれの身体を乾かす。

高湿な空気の中に見え隠れする蔵王連峰を眺めたり、

P14

近くのヨツバヒヨドリを眺めたり。

湿原に囲まれたベンチで、静寂な空気の中、ウグイスの声が途切れなく聞こえる。汗まみれの身体に夏の日差しが心地よい。

ルートのことも、お客様のことも、山頂に立つことも考えず、山の中に座っている安らぎ。

先月から続いたガイド山行では味わうことの無い、ゆったりした時間。

先日の某登山用品店主催の山行では、自己紹介で「登山初心者です」という方が多かった。

そういった方に、私は何をガイドしたのだろう。登山を始めたばかりの人たちに、こんな時間、こんな過ごし方、こんな空間があることを知らせたい。

大混雑する月山ばかり登っていた私にとって、今座っている鳥原小屋の光景はまさに別世界だった。

そんな風にぼーっとしていると、「そば茹で上がりましたよー」と奥様から声がかかる。

P10鳥原小屋のアイドル犬ポチは神社の前でお昼寝中。

 奥様と一緒に雑談しながら蕎麦をご馳走になっていると、「あ、来た」と奥様が外に出る。正典さんが戻ってきたらしい。

 私はなんの気配も感じず、「おおー夫婦の絆か!」と思いきや、正典さんが鳥原小屋に近づくと愛犬ポチが反応するらしい。凄い・・・

 汗まみれでビールを担ぎ上げてきた正典さん、沢水でさっぱりしてから小屋に入り、1年ぶりの対面。

 インドヒマラヤの未踏峰を数々陥し、冬季ローツェ南壁にもトライした正典さん。知り合った頃はインド、パキスタンにある未踏峰の名前もすらすらそらんじている程だったが、今やそれらの峰々もほとんど既登峰になってしまった。

 高所登山の話題も出ず、もっぱら鳥原小屋をとりまく朝日連峰の話題に終始する。お互い、年齢を重ねたのだ。

 時間帯はちょうど昼、大朝日岳から下降して鳥原小屋にやってくる登山者もぼちぼち現れた。私も夕方の墓参りに備えて下山しなければならない。正典さん御夫婦に挨拶して鳥原小屋を離れる。

P11

昨年の同じ時期に鳥原湿原を彩っていたチシマゼキショウ、今年はまだ咲き始め。

すれ違う人々に「どこから登ってきたんですか」「今日はどこまで行くんですか」とたずねられる度、「鳥原小屋までです」と答える。

山頂も気にせず、のんびり過ごす。

アルパインクライミングの大センセイには怒られそうだが、ただ安らぎと人との出会いを求めて山に入るのも、いいものでした。

| | コメント (2)

パンと水。

山の日。

某登山用品店様主催の月山縦走ガイドに出動。

山の日、日曜、晴天ということもあり、月山は以前に一度経験したかどうかという位の大混雑。

牛首からは登山者の行列が延々と続く。

その状態で、私が率いていたグループの80歳超の女性の足が止まる。足の疲労らしい。

後方に延々と登山者の列が連なっていることもあり、道の脇で休んでもらう。

ツアーの他の参加者を足場の良いところで休ませ、私は下降し足の動かない女性の元に走る。

足が攣っている状態。同行の娘さんが看護師ということ、添乗スタッフSさんが付きそうということで私は再び走って登り返し、待機しているツアー参加者の元へ。

そのままツアーを山頂神社に引率。

携帯電話で確認すれば済むともいえるが、自分の眼で確認したいので、参加者の昼食休憩の時間を利用して私は再び山頂から下降、3人の様子を見に行く。

大混雑の中、下っても、下っても、3人の姿は無い。

結局3人と合流できたのは、3人と別れた場所からさほども登っていない所だった。添乗のSさんから姥沢側に下山することを伝えられる。

登山用品店スタッフの女の子Iさん、鈴木ガイド、私の3人で残る全員を連れて羽黒側に抜けるしかない。

みたび、大混雑する月山山頂直下の急登「鍛冶月光」を走って登る。

『大滝さん、ガイドもメシ喰える時に喰っといた方がいいですよ』

鈴木ガイドから言われた事を思い出し、何か焦っている自分にブレーキをかける。

鍛冶小屋跡でザックを下ろし、セブンイレブンの小さなレーズン入りバターロールパン2切れを水で流し込む。

結局、これが今日一日に口にした行動食の全てだった。

フラッシュバックのように、結婚したばかりの頃、本場のクライミングガイドがどんなものか経験したくてアメリカに渡った時を思い出す。航空券購入で精一杯だった私は、一週間、食べたものは巨大スーパーで買ったオニオンベーグルと、水だけだった。

Img_4161

晴天に恵まれ、大混雑の山頂小屋周辺

 粗末な行動食でシャリバテする程ヤワではないが、少しは工夫しよう。

 長い羽黒側への下山を終えるが、予定していた入浴予定の温泉地は祝日で大混雑、お客様達には入浴断念をお願いする他ない状態だった。

 山形に戻った時にはもう日が暮れていた。

 ガイド山行後、主催の登山用品店側との事務仕事が増え、月山朝日ガイド協会事務局の横山さんに連絡。あれこれお願いし、「明日ご在宅ですか?」と尋ねるが、「いいよ送るよ、盆休みだろ」と言われ、はっとする。

 嗚呼、世間では盆休みなんだ。

Img_4162

ちょっと頭を冷やすため、本日は奮発して280円のセブンのカフェラテショコラで1人打ち上げ。

濃厚な甘さが売りらしいが、疲労して脱水気味の私には心地よい甘さだった。

本日の月山縦走で、いったん私のガイド業務はお休み。

既に予約が入っている9月の山行控えて、また準備の日々です。

| | コメント (0)

言 葉

Dsc00795

某企業様からご依頼をいただき、社員旅行の一環としての月山登山をガイド。

私もガイド資格取得以来、こんなのは記憶にないというくらいに月山山中も猛暑。牛首を通過しても吹き出す汗が止まらない。

クライアントの若い女の子が疲労のためか、歩くのが極端に遅くなり田中ガイドが付き添う。

私は先行して他の皆さんを率いてベンチ場で休憩していたところ、田中ガイドから携帯に連絡か入る。背負い搬送でいくので荷物を分担する用意をしてほしい由。

「搬送しますので、恐れ入りますが若い男性の方、荷物の分担に御協力お願いします」

と私が声をかけたところ、同行している若い女性たちから

「はんそう!」

「そんなに具合悪いんですか!」

私たちガイドが何気なく使う「搬送(はんそう)」という言葉、「救急車での搬送」のようなイメージを持たれてしまったらしい。あわてて背負い搬送であることを説明する。

田中ガイドがハーネスを巧く使ってザック搬送。私は先行してフォローにまわる。

ワンピッチ歩いたところで体調不良の女性を下ろす。他のお客様が付き添って歩ける程になっていたので、背負い搬送を解除。

ちょうどそのとき、同行していた小学生の男の子が「おしっこしたい」と言い出す。

リフト上駅への登り返し、藪の多い登山道の手前まで来ていたので、田中ガイドがそのまま男の子を連れて行くことになった。

「このおじさんに連れてってもらうんだよ」

とお客様達が言うと、田中ガイドが

「いや、おじさんじゃなくて、お兄さんと呼んで欲しいなあ~」

その一言で、女性の搬送で緊張しきっていたお客様皆さんがどっと笑い、一気に緊張がほぐれる。

 

私のようにうかつに「搬送」の一言で無用な緊張を与える場面もあれば、田中ガイドのようにさりげない一言で大勢の人間の緊張を消し去る場面もある。

 

言葉って、難しい。

| | コメント (0)

In Orbit

会社での勤務日をはさみ、土曜、再び山形県朝日少年自然の家へ。

本日はチャレンジキャンプ2019の「最上川いかだ下り」の手伝い。

昨年は悪天続きで月山ダムでのカヌーとなったが、今年は夏前半の雨のおかげでいかだ下りが可能となる。

だが最近の猛暑続きで水位が低下、スタッフの皆さん、我々サポーターもだいぶ苦労させられることとなる。

Dsc00777

浅瀬や急流ポイントで子供達が乗るいかだを待ち受ける。水位が低いため、浅瀬でひっかかり止まったいかだを我々が人力で押し・引っ張り、流れへと戻す。

Dsc00783

毎年恒例、橋の上からアイスクリームの差し入れ。

Dsc00785

子供たちも「アイス!アイス!」と必死で漕ぐ。

Dsc00787

差し入れを受け取った子供達は、再び最上川の彼方へ漕ぎ出す。

Dsc00788

私たちスタッフ・サポーターは先廻して、昼食会場の準備、いかだの引き揚げ。

この後、昼食会場から再び漕ぎ出した子供達は無事ゴール地点にたどり着く。

Dsc00793

所に戻った後、スタッフの皆さん、我々サポーターの人海戦術でいかだ資材、子供達のライフジャケット、ヘルメットの洗浄と片付け。

後片付けをしていると、夏が終わったような気がする。

子供達の歓声が建物の奥から聞こえる中、所の風呂で入浴させてもらい、サポーターのはじめさんと共に所を退出。

今年は「別れのつどい」で子供達の成長した姿を見てみたかったのですが、明日はガイド出動です。

| | コメント (0)

Wild Heart

今年も山形県朝日少年自然の家『チャレンジキャンプ2019』の月山登山を引率させていただく。

前日まで猛暑の中の現場作業。

ハードな作業にくわえ、大量の発汗で疲労も著しい。宮城県での仕事を終え、会社での後始末を済ませ、自宅で入浴と装備確認。

移動の車中で軽い夕食を経口補水液で流し込み、既に三日目となっているチャレンジキャンプの会場、西川町・志津キャンプ場へ。

子供達の様子を探るため、前日乗り込みが自分に課した鉄則である。なんとかスタッフミーティング終了間際に到着。子供達の様子を伺う。

例年同様、朝4時に起床してキャンプ場を離れ、月山方面の空を観察。

気象予報はいずれも快晴だが、月山本峰にはガスがかかっている。何より気になったのは、ガス、雲の動きの速さだ。山頂付近は風が強いと予想する。

Dsc00762

登山当日の朝食は毎年恒例、「朝からバーガー」。さすが女の子はマーガリンを塗るのもセンスが良い。

Dsc00764

筆者作の「朝からバーガー」。

F3これで今日一日頑張ります。

Dsc00765

子供達も頑張ってくれました。例年写真撮影・昼食休憩している山頂広場は強風。一旦山頂神社に行き、風の穏やかな神社斜面で昼食。

問題は下山。

以前のチャレンジキャンプで悪天のため姥ヶ岳経由の下山を試みた際、子供達の姥ヶ岳の雪渓下山に苦心した経験があるため、雪渓の距離は長くとも四ッ谷沢川ルートの下山を選択する。

 子供達のスニーカーには荒縄。それだけでは身体のバランスがとれないと予想し、自然の家職員の皆さんに頼んで全員分のストックを用意してもらったのだが・・・・その結果↓

F2

子供達にとっては、ストックを突いて斜面で身体のバランスをとるという行為自体が「わからない」。

事前の協議で雪渓の入り口・出口には自然の家スタッフに立ってもらい、自在に雪渓を往来できる私が全体を視ることにしてもらっていた。

なかなか下りられない子供に付き添い、足を置くところを指示し、時にはピッケルでカッティングし、下ろす。

雪渓の状況は日々変化する。

二つ目の雪渓下部には、雪解けの渓流の音が聞こえる「落とし穴」が生じている。

子供達は危険性もわからないため、ずりずり滑ってくる。

緊張をほぐすため、「おい、このまま先に行くとバラエティ番組のドッキリみたいな落とし穴があるから、こっちに進もう!」

と声をかけるが、「え!落とし穴見てみたい!」と興味津々な子供達には逆効果。

下山できたのは、リフト終了15分前の16時15分。なんとか間に合った。

今年も自然の家職員スタッフの皆様、サポーター仲間、そして子供達自身の頑張りに助けてもらったことを実感。

Dsc00767

キャンプ場では押野次長、滝口支配人、柏倉さんが、美味しいスタミナ丼に味噌汁を用意して下さっていた。

Dsc00771

今年の子供達は例年に比較して元気いっぱい。夕食に群がる子供達。

Dsc00772

大滝さんどうぞ、と柏倉さんに真っ先に盛っていただくが、あまりに申し訳ないので他のスタッフの皆さんと同時に「いただきます」。今年もごちそうさまでした。

F1

夜はキャンプファイヤー。例年のボンファイヤーではなく、盛大に薪を積み上げてのキャンプファイヤー。マイムマイムを子供達と踊りました。みんなあれだけ「月山登山は疲れた」と言っていたのに、火の周りでは元気だなー 。

そしてキャンプファイヤーの後は、ナイトウォークという名の、

F6 き も だ め し

私も前職の工藤さん、井上さん、プロハイカーの斉藤さんらと組んで、脅かす係です。

会社から休暇をもらい、こんな夜中の月山山麓の森の中で、遊歩道のあずまや陰の地面に伏せている。一体俺って何やってんだろう?

でもでも、子供達の絶叫と「あ、山登りの人だ!」「タッキーだ!」と反応をみるのは面白い。

ナイトウォークも終わり、子供達が滝口支配人差し入れのスイカを食べている間、そっと退出させていただく。

8月の課題の一つが終わった。

志津キャンプ場から車で下山し、西川町のセブンイレブンでアイスコーヒーを買う。

Img_4151

ここ久しく、激しい発汗の現場作業続きのため、コーヒーは控えていた。久しぶりに、1人打ち上げとしてアイスコーヒーを口にする。

 

Two Steps From Hell の『Wild Heart』を車の中で聴きながら、深夜の国道を走る。

明日もいつもどおり現場作業、そして次のガイド山行が始まる。

| | コメント (2)

休息の山

東北地方も低温の日々から一気に蒸し暑くなる。

どうにか仕事を片付けて土曜の公休をもぎとり、月山・姥沢ルートへ。

始発のリフトに乗り歩き始めるが、時々寒気がする。高湿な中、身体は既に汗びっしょりなのに。

P1_20190728220801

ヤッケが欲しくなるような冷涼な日々から、一気に蒸し暑くなった。

昨年は出張で寒い程の北海道・小樽で過ごした後、猛暑の山形に戻った際に体調がおかしかった

今回も同様のパターンだろうか。姥ヶ岳に到達したところで、どうも身体が本調子でないような感じ。

私は野蛮人なので、

Bj

 

こ の ま ま 登 っ て 治 す 」とハラを決める。(※良識ある登山者の皆様は、体調不良を感じたら下山してくださいね)

P3_20190728221401

月山の稜線、笹の陰に隠れていたゴゼンタチバナ。

鍛冶月光の急坂のゴゼンタチバナよりも、なぜか姥ヶ岳~牛首稜線のゴゼンタチバナの方が大きい。

P4_20190728221601

私の好きなヤマハハコも、あちこちで花開き始めました。

やっぱ高山植物も結婚相手も地味な方がいいですね。(何か変なこと書きました?)

P5_20190728221901

前述のとおり私は野蛮人なので、山頂直下の鍛冶月光を登っているうちに身体の寒気も収まり、調子が出てきた。

山頂はハクサンフウロの真っ盛り。

私の得た情報では、14時には雨雲が襲来することを掴んでいたため、さっさと下山。

えらい元気で下山も速い、若い女の子2人組と前後して下りる。

P8_20190728222301 

土曜日、昼前の鍛冶月光はこれから山頂に立とうとする登山者の行列が牛首から続く。

前述の女の子たちがぼそっとつぶやく。

「台風だから、みんな関東から逃げてきたんだね~」

プライベート山行で息抜きも兼ねてマイペースで登り、昼12時前には車で国道112号線まで下りる。

P7_20190728222601

本日も飯より先に「かたくらだんごや」に立ち寄る。今回は変化球でしょうゆとぬたを注文。

下界は37℃の猛暑の中、激冷えの麦茶も美味い。

 

今週は猛暑の中の現場作業。

不本意な人事でうちの部署に来た若者くんが暑さで座り込む中、私と相棒はかまわず撤収作業を続けて引き揚げてきた。

会社に戻った後は、各現場から戻った若手社員が帰宅するのを見送りながら、仕事のデータの整理、図面を眺めながら明日の作業の準備。

事務所を施錠して職場を退出し、実家の老母を訪ね、それから帰宅。

メシと寝るまでの短い間が、ガイド山行の準備タイム。

次回は、誰もいない低山でゆっくりしようと思います。

| | コメント (0)

ガイド殺すにゃ刃物はいらぬ

ガイド殺すにゃ刃物はいらぬ、雨の3日も降ればいい。

とは、某ガイドの名言。

朝日少年自然の家夏季キャンプの登山下見のため、一ヶ月以上も前から休暇を確保し山行に臨んでいたのですが、収集した情報では昼前から雷雨の気配。

天候判断も頼まれていた私、雷予報が出ている事、昼過ぎから天候が崩れることをお伝えしたところ、担当の山口さん経由で、板垣所長のご英断があり山行は中止。

Garain

下界の山形市内は青空も見える曇天ですが、ピンポイントで月山は凄い天気になってました。

脳味噌はいつも休止状態の私ですが、今日は身体も休めたいと思います。

| | コメント (0)

謙虚であり続けるのは難しい

Dsc00704

筆者愛用のBD社レイブンウルトラのブレード 

 ガイドで月山山頂を往復したときのこと。

 休日で混雑する月山山頂小屋の前での事だった。

 人がやっとすれ違える狭い道で、某旅行社の団体ツアー一行が来たので道を譲る。

 最後尾のガイドらしき女性とすれ違った時、なにか光るものが見えたのでとっさに身をかわす。

 彼女はザックのピッケルホルダーにピッケルをくくりつけていた。カバーもせず、鋭利なブレードがむき出しではみ出たままに。

 石垣に挟まれた狭い登山道、しかも登山者で混んでいる休日でのその格好に怒りを通り越して呆れてしまう。

 意識高い系の登山者の皆さんにはすみませんが、多人数のお客様を前に行程説明中の同業ガイドを怒鳴りつける勇気は無く、私もお客様と共に移動中だったのでその場を離れた。

 いや、冗談抜きで黒澤映画『椿三十郎』の仲代達矢みたいにブレードでバッサリやられるところでした(ネタバレですんません)

 下山後、気持ちも落ち着き、思ったこと。

 

 ガイドは山の中では、立ち居振る舞いを他人から見られる。自分も気をつけよう。

 

 インターネットのスポーツ記事って質の低い記事も多いのであまり読まないのだが、最近ダイヤモンドオンラインの『なぜ大坂なおみは急に世界で勝てなくなったのか』という記事に感銘を受けた。

 最も印象に残ったのは、次の一節である。

『謙虚であり続けるのは難しい。だが、謙虚さを失った者の多くは、足下をすくわれる。どこかに隙が生まれ、常勝を呼び込む流れにほころびが生じる。』

 ガイドの資格をいだたき、年数が経った。私は未だに下っ端ガイドのつもりでいるのだが、最近はガイド協会会員加入の推薦を頼まれたり、少年自然の家はじめ登山講師を頼まれたりする。時折自分の高慢さを戒める時もある。

 人の落ち度をあげつらうよりも、自分も気をつけよう。そう言い聞かせた、夏山登山の1日。

-------------------------------------------

ちなみに私はピッケル(アックス)を装着するときはザックのピッケルホルダーは使わず、サイドポケットに刺しています。

学生時代、ピッケルを所持して大型ザック姿で山手線や混雑する新宿駅を往来することが多く、若さゆえ・未熟さゆえに苦い経験もしました。そのためカバーしていたとしても石突やブレードが人の顔に当たらないよう注意していました。

Dsc00702

カバーはマジックマウンテン社の薄手ナイロンのカバーを愛用。これなら行動中に急に必要になっても、かさばらずズボンのポケットに収まるため使い続けています。

| | コメント (2)

人を呼ぶ山

15日、個人ガイドのため月山山頂往復。

登山は初心者の方で、雪渓の対応のためガイドをお願いしたいというご依頼。

一緒に歩くためクライアントの経験を探ることも兼ねて色々お話を伺っていると、登山は初心者だけど、月山に何か呼ばれているような気がしてどうしても登りたいとおっしゃる。

Dsc00699

登山は初心者という割には大変健脚な方で、ガイドする方はだいぶ楽をさせていただく。

とはいえ、姥ヶ岳の雪渓では念のためショートロープを用い、下りの四ッ谷沢川雪渓ではポールを使って頂き、軽アイゼン装着も全てフォローして無事に月山・姥沢コースを周回。

 かくいう私、現在のように月山のガイドに携わっているのは、きっかけがある。

 大昔の若かりし頃、某8000m峰で最終キャンプに帰ってきた時のお話。

 誰もいないテントに帰ってきたので、自分でお湯作りを始める。凍った指を解凍するためだ。

 お湯を沸かしているとテント内の気温も上がり、指の解凍を始めると体温も上昇して一気に眠くなる。

 うつらうつらしながら、頭の中には春先の、『黄色い菜の花が揺れる最上川河畔の彼方に、白い残雪をいただく月山』の光景がひろがっていたのだ。

 はっと気がつくと、そこは無機質な8000mのテントの中。

 そんな事を一晩で何回も繰り返した。実は、それまで山形県人でありながら、月山には関心は無かった。月山に素晴らしいブナ林があることも知らず、県境を越えて福島の燧ヶ岳を訪れ、南会津のブナ林に浸るのがそれまでの休暇の過ごし方だった。

 そんな私が、なぜ高度8000m超のテントの中で月山の光景ばかりイメージしたのか、未だにわからない。

 帰国したら月山に行こう。

 それから人の御縁に恵まれ、おかげさまで月山を案内する立場にいる。

 高所登山の事を話すと自慢話に近くなるので、「昔海外の山に行ったら、月山が頭の中に思い浮かびまして・・・」程度にお客様に話すと、お客様いわく、

「月山って、人を呼ぶ山なんですね」

とおっしゃる。

「そうですね」

と相づちをうち、私たちは下りのリフトで姥沢登山口に帰着。本日も無事、ガイド活動完了。

| | コメント (0)

極上の青

姥沢口より月山山頂往復。

朝の月山は濃いガスに覆われ、小雨。雨具着用で登高。

Dsc00679

ヒナウスユキソウには、雨の滴がよく似合う。

 

Dsc00680

ミヤマリンドウも咲き始めました。

Dsc00681

月光坂を登っていると、雨もガスも強風と共に去り、青空が現れる。近くの登山者達の歓声が聞こえる。

Dsc00685

山頂に到達する頃には、雲海の世界へ。鳥海山も少し顔を出してくれました。月山では久々の青空が素晴らしい。

Dsc00690

シーズン初めは月山神社でお祓いしてもらいます。あんなこと、こんなことを願掛けしながら。

今年の登拝認定証は、社務所(お守りを頒布している所)に置いてあります。

年号が令和になったためでしょう、社務所は御朱印帳を携えた登山者でにぎわっていました。

 Dsc00689  

昨年は月山山頂神社社務所で「職場円満守」を求めましたが、今春の人事異動でますます人間関係もカオスになったために今年は「月山守」を求めました。

会 社 で の 災 難 除 け で す 。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧