カザフ民族音楽演奏会 -父に学んだ民族の心- in 小樽

ストレスフルな現場作業の1日が終わる。
ウィークリーマンションで着替え、小樽市内のcafe thrid placeで開催される『カザフ民族音楽演奏会 -父に学んだ民族の心- in 小樽』ライブに行く。

P2_2
父に学んだ民族の心、というサブタイトルに(なんか大層なサブタイトルだなあ・・・)と思いつつ会場のカフェに到着。

ライブ主催のNPO法人北方アジア文化交流センターしゃがぁ代表の西村氏に手渡されたチラシを見て、あれ?
今日の演奏者である若者ブケンバイ氏の父親であるクグルシンという名前に記憶がある。
 
 なんと今から9年前の2009年、私、演奏者の父親であるクグルシン氏の演奏を、本日と同じ西村氏の司会で聴いていたのでした。
 そのときの会場は福岡。やはり長期出張中で北九州市のウィークリーマンション住まいで、仕事終わってからライブを聴きに行ったのでした。

 あれから9年。ちょうど私が人事異動で今の職人気質あふれる現場作業部門に配属になった年。
 仕事でも山でも自分の家族にも色々ありましたが、親子二代でカザフ族の音楽を聴けるとは、巡り合わせでしょうか。

 Img_3397
演奏するブケンバイ氏。
現在24歳、モンゴルで高等教育を受け薬剤師である。
歌と音楽は趣味の領域で続けたいという。

Img_3399
NPO法人しゃがぁ代表・西村氏による楽器ドンブラの解説。
ギターなどと異なり、1本の弦を折り返して2本弦の楽器に造られてある。そんなシンプルな造りから多彩なメロディが奏でられる。

P1
ドンブラに付けられている装飾品ウキ。オオワシミミズクの羽根で出来ている。羽根の反り具合がコーランのアラビア文字に似ていることからお守りとして用いられている。

私はカザフ語やモンゴル語は理解できないが、歌詞は西村氏によって解説され、ブケンバイ氏の演奏と歌の世界に浸ることができる。

高等教育を受けたわけでもない遊牧民たちが、何故このような詩的な歌詞を紡ぎ出すことができるのだろう。

その一方、西村氏の解説によればカザフ族の遊牧生活で父親に求められるのは『力』。
いつくるかわからない「敵」、大自然の猛威に抗って生きるためには、父親には『力』、危機を乗り越える知恵が求められ、それが全て。悪人だろうが善人だろうが『力』が優先される世界だという。

私のように悩み戸惑う父親像など、すぐ野垂れ死にする運命なのだろうか。

演奏者ブケンバイ氏の最も好きな歌が「教訓歌」という、人生訓を歌った歌らしい。
その中で、即興で歌を作ることに素晴らしい才能を持つカザフ族は、こんな意味の歌詞をのせている。

 言葉というものは危険なものだ。
 たった1つの言葉が人を傷つける。
 お前が謝っても、相手が許しても、人を傷つけたことはトゲの様に残るのだ。

あ゛あ゛~
今までブログで好き放題書いていてごめんなさい、と思う一方、余所の人間との接触が少ない遊牧民だからこそ、言葉の力というものを知り尽くしているんだろうなあと考えさせられる。

ストレスフルな仕事の日の夜、美しい旋律の中で考えさせられ、時には何も考えずに旋律に耳を傾ける日でした。

NPO法人しゃがぁが公開しているクグルシン氏、ブケンバイ氏親子演奏の動画がこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら2017年

2017年ももうすぐおわり。

皆様にとってどんな一年でしたでしょうか。

私にとっては、なんといっても栃木県・那須の高校山岳部員の生徒達、顧問の先生が亡くなった雪崩事故が心に残ります。

様々な意見、有名・無名を問わず多くの登山者からコメントがあがる中で、ブログに書こうと思いつつ書けないでいたことを、まとまりもなく書いておきます。

私が登山を始めたのは、山形県立山形南高校山岳部に入部してから。
山岳部では冬山もやっていましたので、中学卒業したばかりの15歳から冬山をやっていたことになります。

私が二年生の時、蔵王での冬山合宿から下山して数日経った時のこと。
すれ違いに入山した某高校山岳部の生徒が、ビバーク訓練中、入っていた雪洞が立木からの落雪で埋まり、1名が亡くなる事故がありました。

そのとき、顧問の教師は隣接した山小屋に滞在していました。

この事故が民事裁判に至らなかったのは、亡くなられた生徒のお父様が同じ教職員だったから、と伺いました。

「蔵王なんて・・・」と思っていた当時高校生で生意気だった私は、冬山では「死」は身近にあり得ることを痛感しました。

その後も、私が在籍する山形南高校では冬山合宿を続けることができました。
私達が冬山に行くことができた理由の一つに、顧問の教師が山形県山岳連盟でそれなりの地位にいる方だったことが大きかったようです。
山形県では、高校山岳部の顧問が県の登山界において指導的立場にある方だったという、全国的にも特殊なケースにあたると思います。

そんな中で、高校生から冬山を経験できたということが、今からみれば随分と恵まれた環境だったのだな、とあらためて考えると同時に、栃木県の事故報道を見聞きした際、高校生当時の、あの「無力感」にも似たような感情に襲われました。

五輪競技採用でクライミングに関してはクライマーの低年齢化が進む一方、冬山登山に関してはそのリスクゆえ禁止が言い渡される。
そのアンバランスさに、今後の日本の登山界の行く末を末端登山者として案じています。

-----------------------------------------
一昨年から、普段聴いている音楽は「エピック」というジャンルの音楽を聴くようになりました。
仕事から宿に戻って一息ついている時や、山の帰りの車中などで聴いてます。

エピックのジャンルから少し長いのですが、Two Steps From Hellの Never Give up on Your Dreamsの動画をアップして、2017年最後の記事アップにします。

検索でたまたまご覧になった方、よくご覧いただいている方、今年も多くの方に当ブログをご覧いただき、ありがとうございました。
皆様、どうぞよい年末年始をお過ごし下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【全俺が】 台湾映画『太陽的孩子』 【泣いた】

本記事には、映画のネタバレが含まれます。
該当映画は作品の素晴らしさにもかかわらず、日本の配給会社の無能のため商業上映が未だ実現されておりませんのでご了解ください。

-------------------------------------------

町内子供会の行事のため、家族で蔵王・坊平でバーベキュー。
とりあえず家族サービスは済ませた。
子供会行事終了後、おまわりさんに言えないスピードで車をぶっ飛ばし蔵王から下山、私だけ山形県立図書館で下ろしてもらう。
台湾映画『太陽的孩子 (太陽の子)』を鑑賞するためである。

Sun

-------------------------------
ストーリー

台北でジャーナリストとして働くアミ族のパナイは、父が病に倒れたため帰郷。
久しぶりの故郷の田畑は荒れ果て、観光客目当ての再開発計画が持ち上がっていた。
開発と伝統の二つに分かれるアミ族の人々。
パナイは自分の名前の由来(稲穂=パナイ)である伝統の米「海渡米」栽培を復活させるべく、会社を辞め、故郷に戻る。

行政の無能さと冷たさに抗い、反対する村人を研究者とともに説得し、水田復活のカギとなる水路を再整備し、海渡米栽培を復活させる主人公パナイ。

しかし、行政の不手際で水田が国有地として登録されており、突如、駐車場工事が着手される。
座り込みをして主人公や村人たちは抵抗するが、警官隊に強制排除される。

パワーショベルが水田に向かったそのとき。

今まで、主人公パナイの水田復活に反抗的な姿勢を示していたパナイの娘、ナカウがパワーショベルの前に立ちはだかる。
ナカウは警官に取り押さえられるが、その模様は映像としてネットに流出、テレビニュースでも採り上げられる。
「未成年でモザイクもかけずに・・・」とマスコミの報道に激怒するパナイ。
だが、その報道によって台湾全土に支援の声があがり、まったく売れていなかった海渡米が完売。工事も中止となる。

そして村人たちがアミ族伝統の祭りを繰り広げる夜・・・・

-------------------------------
 
 台湾には政府認定の少数民族が16民族、存在します。
 その中の一つ、アミ族の人々。
 開発と伝統に揺れる村。
 民族問題、農業問題、台北と地方との格差。
 世界各国が抱える普遍的な社会問題をうまくドラマとして紡ぎ上げているため、この映画はヨーロッパでも高く評価されました。
 日本では残念ながら商業的な問題で日本の配給会社が手を出さないため、ジャーナリスト野嶋剛氏をはじめとする有志が非営利での上映権を取得、日本での自主上映を実現させました。
 この山形市での上映は日本で3箇所めになります。

 私も最近は歳なもんで、

Sun3
 突然に水田で工事が始まり、警官隊が村人を強制排除するシーン。
 老婆が若い警官にむかって
 「ぼうや、あんたもどこの部落なんだい?」
 と語りかけ、同じアミ族らしい若い警官が呆然とし、排除する警官隊の列から離れていく姿に涙がサラッと流れました。

 そしてラストシーン。
 この映画は前編を通じて、主人公パナイと反抗する娘ナカウとの姿を描いた「家族の映画」でもあります。
 ナカウが陸上競技の才能を開花させ、その才能で進学が決まるストーリーが伏線にあるのですが、ラストでナカウは弟に言い聞かせます。
 
Sun2
『お姉ちゃんは台北の学校に行く。お母さんをよろしく。』

 ナカウが陸上競技で推薦されて進学が決まる場面はないのですが、巧妙な演出で観客はそれと気がつきます。そのナカウの決然と語る姿に、やはり涙がサラッと流れました。
 ナカウを演じるのは、現地オーディションで決まったアミ族のウー・イエンズー。監督いわくナカウにはこの子しかいない、と直感したとのこと。そのまっすぐな瞳が魅力ですね。
 この映画は出演者のほとんどが現地住人のため、ロケ地を訪れると普通に映画出演者が歩いているらしい(笑)

 経済、そして教育。
 大都会・台北と、仕事も無い地方都市との格差も、この映画のテーマです。

 全編を流れる、先祖伝来の土地への畏敬の念、稲作と米食への賛歌。

 今秋9月に福岡での国際映画祭で上映が決まっています。
 人の不幸の切り売り映画のような芸術映画と違い、鑑賞後は爽やかな印象とおそらくは各地どこにでも存在する社会問題と家庭の問題を考えさせられます。
 日本人なら絶対観ろ!
 自信をもってお勧めします。

 背景に流れる、アミ族歌手Difan(郭英男)の「酒を飲む老人の歌」をアレンジした曲が懐かしい。
 若かりし頃、台湾を自転車で走っていた時に何度も頭の中でリフレインしていました。

 映画トレイラーを兼ねた、主題歌『不要放棄』動画もお勧めです。
 

 映画『太陽的孩子』正式予告編

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三度目の正直

エコプロ主催の湯殿山ツアーに助っ人ガイドで参加。

「湯殿山 登山」というキーワード検索で当ブログを訪問される方がおられますが、出羽三山の一つ湯殿山は登山道がありません。そのため、一般の方でも登頂できるのは天候も比較的穏やかな残雪期に限定されます。

エコプロのプログラムの中でも即定員満杯になる人気ツアーが、春の時期の湯殿山。
参加者が多くなったため、全参加者を3班に分け、私は第3班を担当。

しかし2007年2013年と過去2回、私がサブガイドで参加したツアーはいずれも悪天候で頂上には立てなかった。
今年の催行日は、東西の前線に挟まれた高気圧がなんとか東北地方を覆いそうだ。

Yudo2015
三度目のガイド山行にして、ようやく湯殿山山頂に到達。
山頂で憩う参加者の皆さん。

石跳川の彼方に見える姥ヶ岳西面を
「右手に月山みえますね~」と言ったり、

急斜面を登り切り、湯殿山南東稜の頂上稜線に到達したところで
「皆さんお疲れ様です~」と口走ったため、すっかり安心しきった皆さんにダラダラ続く頂上までの稜線歩きをさせたりと、

超ウルトラスーパー失言が続き、参加者の皆様にはホント申し訳ございません・・・
今回「も」、好天に助けられたガイド山行。

山形県自然博物園に下山、クールダウンの体操を終えて解散。
「大滝さんですか?」
と参加者の方から話しかけられる。
よくよく聞けば、私がガイド駆け出しの頃、蔵王山行をご一緒した方だったのだ。
過去、幾度も当ブログで書いているように私は「目立たない」「人気ない」「存在感無い」の三無いガイドなのだが。
声をかけていただいた事もさることながら、登山を続けていただいている事がとても嬉しい。

参加者全員お帰りになるのを、エコプロの眞鍋さんと一緒に見送ってから、月山を離れる。
カミさんと子ども達が所用で外出した、静かな自宅に帰宅。
帰路セブンで買ったアイスコーヒーを飲み、ジプシーキングスの『インスピレーション』を聴きながら一人反省会、洗濯と山道具の片付け物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスイブはこの曲です

中国共産党の犬NHKで放映していた『アリーmyLOVE』欠かさず観てたんだよね。

で最も好きな場面が、これです。

自信なさげな青年。
それを励ます主人公。
ステージに立った青年など無関心なパーティー参加者たち。

彼の歌声が、見事に人々の心をつかむ様子が描かれています。

Josh Groban on Ally McBeal from Javier Nuñez on Vimeo.

皆様、どうぞ楽しいクリスマスをお過ごしください。

私は出張先の宿にこもって、1人宴会です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

星空とクラリネット

毎日極寒の現場作業で精神もすさんできた。
日曜朝、息子を連れて山形県朝日少年自然の家へ。

本日の催しは『プラネタリウム一般公開秋冬セレクション』(PDFファイル)
 山形県朝日少年自然の家にはプラネタリウム施設がある。
 春と冬、年二回プラネタリウム公開の行事があり、生演奏付きでなかなか人気がある。
 春は登山シーズン始まり、冬は現場仕事が繁忙期でなかなか行けなかったのだが、今年はピンポイントで休めそうだったので申し込みしておいたのだった。

Img_0234
自然の家のある大江町・左沢(あてらざわ)は雪景色。
人手が入らない柿の木が雪をかぶっておりました。

Img_0235
今回が朝日少年自然の家デビューとなる息子、天体望遠鏡に興味津々。

Img_0236
上映前のプラネタリウムルーム。(上映中は携帯・カメラ禁止です)

 子供達は小学校行事で何回かプラネタリウムを経験しているらしいのですが、私は何万年ぶりだろう。
ドームに写される星空もさることながら、クラリネットの生演奏に心身を休めました。

 いつもDSでゲームばかりしている息子に、アンドロメダやペルセウス、メデューサが出てくる神話の世界に少し触れて欲しかったのですが、息子の眼にはどう写ったことやら。

 昼には帰宅。
 現場疲れでしょうか、少し仮眠をとった後、出社して書類整理。
 明日からまたまた現場作業の日々ゆえ、山の話題はてきとーに更新します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダンプの車窓から。

秋田での出張生活。
作業チームは現場作業員向けの旅館に宿泊、基本的に集団生活である。
寝泊まりも、日中の仕事も、同じメンバーと一日を過ごすことになる。

日中、一人だけになる時間帯がある。
私が担当している、2tダンプで秋田市内を定期的に走る時間帯だ。

高校から山岳部生活を繰り返しているので、集団生活や寝泊まりは別に気にならないが、一人の時間を迎えるとやはり気が楽になることもある。

そんなとき心に突き刺さるのが、ダンプのラジオで聴く音楽。

松任谷由実 緑の町に舞い降りて

5月末、梅雨を目前にした時期は好天続き。
晴れた国道7号線の彼方に、まだ多くの雪をかぶった鳥海山の姿をダンプの車窓から眺めるのが好きだった。
秋田側から眺める鳥海山は、山形側から眺めるそれよりも均整がとれたスタイルだ。

もりおかというその響きが
ロシア語みたいだった

秋田に滞在する私に、そんな歌詞が印象に残る。

やがて6月。
梅雨入りとともに鳥海山の姿は厚い雲に覆われ、見られなくなった。
そして台風襲来。
幸い、現場作業に支障なく通過していったが、降り続く雨に「さっさとおわそーぜー」が作業メンバー皆の合い言葉となる。
台風が通過した翌日の雨の日、ラジオから流れていたのはキャット・スティーブンスの『雨にぬれた朝』。

ピアノの旋律もさることながら、もともとは賛美歌である曲の歌詞が素晴らしい。
Praise for the singing
Praise for the morning
Praise for the springing
fresh from the world 

40分ほどで自分だけの時間は終わる。
そしてまた、作業員皆で土木作業は続くのだ。
明日もあさっても。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

洋と和

土建関連の仕事やってりゃ、腹立つこともあるわけで。

午前中、ある事が原因でキレそうになる。
私は1人で機械を操作している身、気持ちが集中できないと指など簡単に吹っ飛ぶ機械だ。
心を静めようとするが、なかなか苛立ちを抑えられない。

夕方仕事もおわり、私がキレそうになった懸案については、そのキレそうになる原因となった人物の理解も得られたようなので、一応丸く収まる。

この年になると、怒りや憎しみというネガティブな感情は、抱えているとひどく疲れる。

本日はたまたま早く現場退出することができた。
部屋で一休みし、石川県立音楽堂に行くことにする。
Waちょうど今日、「洋と和の響き」と題した、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ、そして箏という四重奏のコンサートがある。

私にとって音楽はリラクゼーションのツールである。
それ以上でもそれ以下でもない。
聞きたいときに、クラシックを聞くことのできるホールがあるありがたさ。

コンサート内容は、
無伴奏チェロ組曲 第1楽章 カサド
ピアノ三重奏 第1楽章 ブライナー
ピアノ三重奏 第1楽章 スメタナ
四季「春」 ヴィヴァルディ
ハンガリー狂詩曲 ポッパー

と、前半は重く、後半は軽く

魅惑のワルツ 映画『昼下がりの情事』より
ラグ・タイム ジョプリン
ジュ・トゥ・ヴー サティ
ブエノスアイレスの冬 ピアソラ
鮫 ピアソラ

そしてアンコール曲は
エンタティーナー ジョプリン

とても観衆の評判は良く、コンサート終了後会場のあちこちから「良かったね」と声が聞こえてくる。
ポピュラーなサティはもちろん、映画「スティング」の音楽でおなじみのスコット・ジョプリンの曲に箏がこんなに似合うとは思わなんだ。
違和感がないのは、「第三の男」でも知られるチターの音色に似ているせいだろうか。

音楽に心ほぐしてもらい、バスに乗って部屋に帰る。

好評だったジョプリンの「エンタティーナー」はこんな曲です↓
映画「スティング」は知らなくとも、あ聞いたことある、という人が多いことでしょう。意外と箏の音色が似合うんですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄 養 補 給

日中は重機の音や発電機の音に囲まれ、昼食は油物の多い仕出し弁当喰って過ごしているので、
Pa0_0042
心にも栄養補給な。

現場仕事を終え、ウィークリーマンションでしばし休憩とってから、金沢駅脇の石川県立音楽堂へ。
Mus『もっとカンタービレ ラルフ・ゴトーニ室内楽』と題したコンサートに行く。
演奏内容は、フィンランドのラルフ・ゴトーニ氏のピアノをメインとして
1,モーツァルト ピアノ四重奏曲第1番k.478
2,モーツァルト ピアノと管楽のための五重奏曲 変ホ長調k.452
3,ショスタコーヴィチ ピアノ五重奏曲ト短調Op.57

人口46万人の地方都市としては、素晴らしい音楽ホールでしたね。
くたばった小説家だか劇作家だかの記念館おったてようとする山形の自治体や経営者の爺にも見習ってほしいものです。
2000円で市民がお気軽に音楽鑑賞できる機会に恵まれているというのは、その都市の文化度を表すといっても差し支えないでしょう。
本日のコンサートも、当日券でホールはほぼ満員。

普段、CDやモノラルラジオでクラシック番組を聴き「これでいいや」と思ってましたが、やはり生で聴く音楽はスピーカーやステレオイヤホンで聴く音楽とはまた違う素晴らしさがあることを思い知らされた夜。
そしてショスタコーヴィチといえば交響曲しか知らない私には新発見の演奏会でありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妻よ君にだけは

映画『北壁に舞う』主題歌、『妻よ君にだけは』 唄・町田義人

 映画『K2 白き氷河の果てに』で上条恒彦が歌った挿入歌(うちの山岳部のOBに評判がいい)を探しているうちにたまたま見つけました。
 長谷川恒男氏にはさほど思い入れもありませんし、映画『北壁に舞う』もあまり印象に残ってないのですが、歌詞はさすが阿久悠氏ですね。山やってる人ならぐっとくると思います。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)