チェコ隊、チャムラン北西壁新ルートから登頂

優秀なソロクライマーが相次いで亡くなり、日本人には鬼門ともいえるネパール・ヒマラヤのチャムラン(7319m)。

5月20日、チェコを代表するアルパインクライマー、マレク・ホレセク(Marek Holecek)とズデニェク・ハチェク(Zdeněk Háček)のペアがチャムラン峰北西壁、新ルートからの登頂に成功しました。

Mara s Hackem na Chamlangu: Vylezeno!  by  horyinfo.cz 2019.5.20

20190520_chamlang

チャムラン峰北西壁、赤線が今回チェコ隊が登攀したライン

 「さあ行くぞ!待ち続けている日は終わった」そうfacebookにコメントを書き、マレク・ホレセクらは5月16日、BCを出発。

5日間かけて北西壁を登攀、5月21日現在、南稜を下降中。

 Ch

登攀2日目の2人 マレク・ホレセク(左)、ズデニェク・ハチェク(右)

成功を喜ぶと共に、無事の帰還を祈ります。

| | コメント (0)

そんでミック・ファウラーはどうなった?

癌を克服し、人工肛門を付けた身体で再びヒマラヤに向かったミック・ファウラー。

盟友ビクター・サンダースと共に目指したのは、インド・北シッキムのChombu 6362m。もともと2017年に遠征予定の山でしたが、ミック・ファウラーが癌と診断され、闘病・リハビリのために延期していた山です。

今回は残念ながら天候不順に阻まれ、予定の登山を断念、氷河を挟んだ対岸に位置するチュンカン(Chungukang)北峰5322mに登頂しました。

Freak Himalayan weather thwarts Mick and Vic's Chombu climb attempt  by grough 2019.5.17

Chombu

Sebu la 峠(5352 m)から望むChombu峰

 今回は退却という結果になったものの、ミックとビクターは再び訪れることを決意。

 Chombu2  Chombu峰山麓で深雪をラッセルするミック・ファウラー(Photo by grough)

 医療器具メーカー・コロプラスト社の支援を受けて人工肛門を付けてヒマラヤを目指したミック・ファウラー、

「テント生活では、人工肛門をテストするには最も過酷な環境とはいえませんでしたが、自分の経験からもっと過酷なビバークでもうまくいきそうです。」とコメント。

 ヒマラヤのクライミングだけではなく、自身の肉体、そして人工肛門という医療器具の可能性を切り拓くミック・ファウラー達の登山に今後も注目です。

| | コメント (0)

笑顔の行方

2017/2018の冬季シーズンにK2を目指したポーランド隊。

 登山活動中、ナンガパルバット冬季登頂を目指して遭難したエリザベート・レヴォル、故トマシュ・マツキェビッチを救出するため活動した功績により、ポーランド五輪委員会より「フェアプレイ賞」が贈られることになりました。

Nagoda Fair Play PKOI dla uczestnikow zimowej wyprawy na K2  by wspinanie.pl 2019.5.10

筆者にとって印象的なのは、ポーランドの一般メディアが伝えた次の画像ですね。

Denis

デニス・ウルブコ(左)とクシストフ・ビエリツキ(右)

 このポーランド冬季K2隊は、デニス・ウルブコの離反・単独による頂上アタックという話題で世界の一般メディアが取り上げ、クライマー達の意図せざるところで話題となってしまいました。

 筆者はその後のポーランド隊の動向を調べるべく、ポーランド一般紙の有料記事もPaypalでカネ払って調べたりしてましたが、やはり注目されているのでしょう、昨年ポーランドでの山岳シンポジウムで同じ会場に、隊長であるクシストフ・ビエリツキ、無断で単独アタックを強行したデニス・ウルブコが同じ会場に現れたことが話題になっていました。しかし二人はさほど会話もせず別れたとのことで、二人の友情の行く末が案じられていましたが・・・

 Rock&Snow080号、恩田真砂美さん執筆記事でBernadette McDonald女史が 『私の予測では、時間がたつにつれてわだかまりは消え、再びK2ポーランドチームにウルブコが招かれる可能性は大いにあると考えています。』と述べていますが、その予測が現実となることを願っています。私個人の思いとしては、ポーランド国営放送が報道したような、失敗に終わった単独アタックから戻りテントに一人引きこもるウルブコの姿は見たくないということです。

 上記画像はポーランド五輪委員会から表彰される際の、笑顔の二人の様子。やはりポーランドメディアも注目しているのでしょう、この画像はポーランド通信社(PAP)が配信した1枚。クシストフ・ビエリツキは最近出版されたデニス・ウルブコの新刊本のレビューも書いていることが明らかにされています。

 肝心の冬季K2を目指すポーランド隊は、2019/2020シーズンの冬季計画を一年延期、さらにトレーニングを重ねて隊を充実させ2020/2021シーズンに冬季K2遠征を予定しています。

| | コメント (0)

ロシア・ポーランド隊、ジャヌー東壁へ

日本ではその異様な山容から「怪峰」と呼ばれるジャヌー(クンバカルナ 7710m)。

今春、ロシア・ポーランド隊が未踏のジャヌー東壁にトライする予定です。

Ja1
2015年秋、タルン北西バットレスを初登したウクライナ隊が撮影した、ジャヌー東面

 ジャヌーといえば日本では山学同志会による北壁があまりにも有名ですが、東壁はスロベニア隊を中心に過去10隊以上ものトライを退けたルート。
 2004年にはトマジ・フマルが単独でトライしたものの約7000m地点で困難さのため敗退、2011年には韓国隊が挑みましたが隊員負傷のため敗退しています。

 今回ジャヌー東壁を目指すのは、
Ja2
ロシアのビッグウォールクライミングの第一人者、セルゲイ・ニーロフ(右)、ドミトリー・ゴロフチェンコ(左)、

Ja3_2
ポーランドから、グレート・トランゴ北西壁『BUSHIDO』開拓などで知られるマルチン・トマシェフスキが参加します。

遠征期間は2月27日から4月7日までを予定。
東欧の猛者達がいかなるクライミングを展開するのか、注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミック・ファウラー、ヒマラヤ登山に復帰

ここのところ日本のメディアでは、著名人の難病告白が続いてますが・・・

2017年末に癌闘病を告白した、イギリスのミック・ファウラー。
今春、ビクター・サンダースと共に再びヒマラヤ登山に復帰することが明らかになりました。

Mickfowler
ミック・ファウラー近影 (Photo by Bob smith / grough )

Mick Fowler and Vic Saunders revive Himalaya climb plans after cancer diagnosis  by grough 2019.2.19

昨夏、癌に冒された肛門と直腸の摘出手術を行い、リハビリを続けてきたミック・ファウラー。
スポンサーのバーグハウス、そして日本でも医療器具メーカーとして知られるコロプラスト(Coloplast)社のバックアップを受け、ヒマラヤ登山にも耐えうる人工肛門を身体に埋め込んでの遠征を計画しています。
コロプラスト社開発チームと連携し、登山でテストを重ね、人工肛門を必要とするような登山者に役立つことを願っている、とミック・ファウラー本人は意気込んでいます。

税務官という官庁の仕事とハイレベルなヒマラヤ登山を両立させてきた氏は、既に定年退職、今回目標とする山は明らかにされていませんが、3月から4月にかけて、『遠く離れたところにある、美しくてやりがいのある』6000m峰とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年 ピオレドール・ロシア、スチール・エンジェル賞決まる

 ロシア山岳連盟が選定する、2018年の「ピオレドール・ロシア」、旧ソ連圏の女性クライマーによるクライミングを表彰する「スチール・エンジェル」の表彰式が、去る12月1日、モスクワ中心街にあるテレグラフホールで開催されました。

Pr3
ロシア山岳連盟・ピオレドールロシア授賞式の会場

2018年のピオレドール・ロシアに選定されたのは、

1
キルギスのキジル・アスケル南東壁に新ルートを開拓した、エジゲニー・ムリン、イラ・ペニャエフのペアに決まりました。

Pr2
今年はキジル・アスケル南東壁を登攀したパーティは2組ノミネートされていましたが、やはり新ルート開拓という点が大きなポイントだったようです。
2人のクライミングの模様は動画で公開されています。

旧ソ連圏の女性クライマー達によるクライミングを表彰する「スチール・エンジェル」2018年の受賞者は、
Pr1

Se1
 東シベリア・東サヤン山脈のオプティミスト峰北壁を初登したアリーナ・パノヴァ、エカテリーナ・レピナ、ナジェーダ・オレーニヴァの3名に送られました。
 なお本年からスチール・エンジェル賞は、ラトック1峰で墜死したセルゲイ・グラズノフを記念したグラズノフ基金から提供されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピオレドールロシア2018 ノミネート

ロシア山岳連盟が選定する『ピオレドール・ロシア』。
今年2018年の候補として、最終的に次の4隊がノミネートされました。

Шорт-лист премии "Золотой ледоруб России" by Alpfederation.ru 2018.11.17

コティン峰(Шайтанхана峰)4521m北西壁中央バットレス初登 6A 1300m
イワン・テメレフ、イゴール・スザルトセフ、アントン・カシェフニク、ティムール・アルディン・ケーレル
2018年7月22~25日
1

キルギスタン キジル・アスケル南東壁新ルート 
エジゲニー・ムリン、イラ・ペニャエフ
2018年7月24~8月1日
1_2
イネス・パペート、ルーク・リンデックが開拓したルートの左に該当します。

2
きわどい場所でビバークしながらの登攀だったようです

4810m,峰(オデッサ峰) カペイカ・ルート開拓 6B 1000m
イワン・テメレフ、イゴール・スザルトセフ、アントン・カシェフニク、ティムール・アルディン・ケーレル
2018年7月29日~8月4日
2_2

6
11ピッチめ登攀の模様

キジル・アスケル主峰中央バットレス 第2登 6B 1500m
ナガーエフ・R、マティニャン・A、トリコゾフ・M
2018年7月25日~8月3日
4

5
16ピッチめ登攀の模様

当初はアバラコフ峰や劇的な救出作業が行われたラトックⅠ峰などの高所登山も含む13隊がノミネートされていましたが、今年はビッグウォールの4隊に絞られました。

毎年指摘していますが、ピオレドールロシアに関して日本はじめ西側諸国の山岳メディアはなぜかスルーしていますが、mountain.ruの該当記事をご覧いただければおわかりのように、ノミネートされたクライミングの詳細な報告・トポが共通した書式でPDFファイルで公開され、審査過程がなかなか表に出ない他のピオレドールと異なり、後進のクライマー達にとって参考になるシステムになっています。(隊によってはPDFファイル12MBとか巨大なので注意)
ピオレドールは競争ではないとか御託を並べる前に、こういった点は関係者に見習ってほしいものです。

2018年ピオレドール・ロシアの選定結果発表は12月1日の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国人ペア、ミニヤコンカ峰に新ルートから登頂か

 去る10月18日16時45分、難峰として知られるミニヤコンカ主峰(7556m)に中国人の李宗利(Li Zongli 39歳)、童海軍(Tong Hijun 23歳)のペアが登頂に成功しました。
 ミニヤコンカ峰登頂としては昨年のチェコ隊に続き通算で第10登、中国人としては61年ぶりの第2登となります。

 蜀山之巅,蜀人来了! by 人民網2018.10.18

Li1
登高中の李宗利

Litong
下山を果たした、顔面の凍傷の生々しい李宗利(左)、童海軍(右)

2人は10月12日に成都を出発、14日に標高4000mのBC入り、17日には6700mのC3に到達、18日午前5時20分にC3を出て登頂に至ったものです。
下山途上、高度障害のせいか李宗利が突然失明状態に陥るアクシデントを乗り越え、生還しました。

彼らの申告では、登頂ルートは「北壁~北東稜」をアルパインスタイルで登攀したとのことで、詳細な報告が待たれます。彼らが携帯したスマホでは7495.9mまで記録されており、その後スマホが故障したとのこと。四川省登山協会では彼らの登頂を認定する方向で動いているようです。

今回登頂に成功した李宗利は四川省運動技術学院でレスリングを学び、そこから登山に転進した変わり種ですが、中国登山協会が招いたフランス人コーチの指導を受け、中国登山界における山岳ガイドの先駆け的存在です。
2016年に仲間2名と共にミニヤコンカ北東稜に挑んでいますが、この年は6700mで敗退。今回は8月にボゴダ山群で高所順応を済ませてのトライでした。

中国マネーにモノを言わせた、商業登山隊利用の8000m峰14座登頂者を続々輩出している中国登山界ですが、久々に中国人アルパインクライマーの実力を感じさせる報道です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【訃報】韓国のキム・チャンホ遭難死

まことに残念な報道です。

アジア人初の8000m峰14座無酸素登頂はじめ、ピオレドールアジア他、素晴らしい登攀を重ねてきた韓国のキム・チャンホが、グルジャヒマール山麓にて、雪崩およびその爆風と思われる災害で亡くなりました。49歳でした。

Kim
韓国の『哲人』、キム・チャンホ

김창호 히말라야 원정대 9명 시신 발견... 돌풍·눈사태에 추락 by 朝鮮日報2018.10.13

在ネパール韓国大使館の情報によれば、10月12日、グルジャヒマール峰3500m地点のベースキャンプが雪崩とその爆風に襲われ、翌13日、韓国人5名、ネパール人スタッフ4名の遺体が発見されたとのこと。その中にキム・チャンホ氏が含まれていました。爆風は立木も吹き飛ばす凄まじいものだったようです。

キム・チャンホ氏は以前から立ち上げていた「ヒマラヤ・コリアンウェイプロジェクト」の一環として、ヒマラヤのマイナーな山の壁に新ルートを開拓してきました。今回もグルジャヒマール南壁に新ルートを開拓すべく入山、事故に遭遇したものです。

キム・チャンホ氏はタイトル狙いのクライマーとは一線を画し、自身が持つ独特の哲学~山を愛し、人を愛す~に従い、ヒマラヤの困難な壁を陥してきました。

マスコミ受けしないその登山人生は、韓国の山岳雑誌でも長らくとりあげられることはありませんでした。

韓国の哲人、キム・チャンホ 当ブログ2013.1.3

もう書斎には行かない 8000m峰14座無酸素登頂 キム・チャンホ ロングインタビュー 当ブログ2013.6.19

キム・チャンホの死はゴ・ミスンのそれと同様、アジアのみならず世界的な損失といえるでしょう。
彼が蓄積してきた膨大なヒマラヤ・カラコルムに関する情報量、そして実践。
まだまだヒマラヤ登山の可能性を示してくれるクライマーの一人でした。

まことに残念ながら、私が知らない間に韓国メディアの取材で冬の山形県・月山を訪れたこともありました。
そのときはスノーシューツアーでホットワインを楽しんでいたとのことでした。

韓国の偉大なクライマーの死に哀悼の意を表します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マルコ・プレゼリ、中国・四川省の嘉子峰西壁へ

今秋、スロベニアのマルコ・プレゼリ、ウルバン・ノヴァクが中国・四川省の嘉子峰(6540m)西壁を目指しています。

Alpinistična odprava Jiazi Feng 2018 krenila na pot by Planinska zveza Slovenije2018.10.4

Pr1
マルコ・プレゼリ(左)、ウルバン・ノヴァク(右)

Jiazi_feng
今回プレゼリらが目指す嘉子峰(チズ峰 6540m)

 プレゼリらはもともと東チベットの鋭峰として知られるDojitsenga峰(5700m)遠征を計画していましたが、CMAから許可が下りず、嘉子峰西壁に転進したものです。

 嘉子峰北西壁には既に中国の故ヤン・ドンドンはじめ幾人ものクライマーらがトライ、素晴らしいルートが拓かれています。
 スロベニア山岳協会ウェブサイトの記事では「西壁」と記載されていますが、ベテランのマルコ・プレゼリ、セロ・キシュトワル峰はじめインドヒマラヤで素晴らしいクライミングを展開してきたウルバン・ノヴァクのペアがどんなルートを開拓するのか注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧